iPhone版Send AnywhereでiTunesを使わない音楽の転送方法【無料】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

iPhoneへ音楽ファイルを転送したい時、iTunesが使えない時や、どうしてもiTunesが使いにくく、iTunesを使わない転送方法をお探しの方は多いと思います。そんな時におすすめなのがSend Anywhereというアプリです。

本記事では、iPhoneで「Send Anywhere」を使った音楽ファイルの転送方法について、iPhoneとパソコン間でデータを転送する具体的な手順を解説します。

Send Anywhereは音楽ファイルだけでなく、画像や動画、アプリまで、様々なファイルを簡単に他のデバイスに転送することができます。動画を転送したい場合は『iPhone版Send AnywhereでiTunesを使わずに動画を転送する方法』を参考にして下さい。

まずはアプリをインストール

iPhoneと転送をするパソコン(もしくは転送元になるパソコン)の両方にSend Anywhereのアプリをインストールしましょう。

パソコンの操作

  1. 『Send Anywhereの公式サイト』へアクセスします。
  2. ページ上部にある「ダウンロード」の文字をクリックします。
  3. 各OS用のアプリ一覧が表示されます。使用しているパソコンがWindowsであれば「Windows」の下のダウンロードボタンを、Macであれば「Mac」の下のダウンロードボタンをクリックします。
  4. インストーラのダウンロードが開始されます。この時、もし「このファイルについて行う操作を選んでください」というようなメッセージが表示された場合は「保存」をクリックします。
  5. ダウンロードフォルダを開き、先程ダウンロードしたSend Anywhereのインストーラをダブルクリックします。
  6. 画面の指示に従ってインストールの手続きを行います。

iPhoneの操作

  1. 次の『Send Anywhere – App Store』のページへアクセスします。
  2. 「インストール」をタップしてアプリをインストールします。
    • Apple IDやパスコードの入力を求められた場合は画面の指示に従って認証を行ってください。
  3. アプリのインストール完了までしばらく待ちます。

パソコンからiPhoneに音楽を転送

インストールが完了したら実際に音楽ファイルを転送してみましょう。Send Anywhereでは複数のファイル転送方法が利用できますが、今回は1番簡単なダイレクト送信を使ってみましょう。

  1. パソコンとiPhoneの両方でSend Anywhereアプリを起動します。
  2. パソコン側のアプリを操作します。「ファイル転送」タブを表示し、「ここにファイル・フォルダをドロップ」の文字をクリックします。するとファイル選択画面が表示されるので、転送したい音楽ファイルを選択します。
    • 複数のファイルを同時に送ることもできます。ファイル選択画面を表示したあと、Windowsの場合はCtrlキー、Macの場合はCommandキーを押しながら転送したいファイルを順番にクリックしてみてください。
    • 表示されている通り、ファイルをSend Anywhereアプリの上に直接ドラッグアンドドロップすることもできます。
  3. ファイルを選択するとパソコン側のアプリが「転送待ち」画面に変わります。「近くのデバイス」の欄に手元のiPhoneが表示されるので、このアイコンをクリックします。
    • もし表示されない場合はiPhoneでSend Anywhereアプリを起動し、アプリ画面が表示された状態にして(画面ロックを解除した状態で)もう1度手順2を試してみてください。
  4. 転送が開始されます。パソコン側のアプリで「転送履歴」タブを表示したまま処理が終わるまでしばらく待ちます。
  5. 転送が完了したらiPhone側のアプリを操作します。画面下部から「転送履歴」タブをタップして開きます。
  6. 転送に成功していればここに転送されたファイルが表示されます。この状態ではまだ転送は完了していないので、ファイル情報の右にある「受信」の文字をタップします。
  7. これでファイルの転送は完了です。左上の音符マークをタップすると受信した音楽ファイルが確認できます。

もしこの方法でファイルが転送できない場合は、別の転送方法を試してみてください。詳しくはこの記事の下にある「他にも様々な転送方法が利用可能」の項をご覧ください。

音楽を聞くには

iPhoneに転送した音楽を聞くには次の手順で操作します。

  1. iPhoneでSend Anywhereアプリを起動します。
  2. 画面左上にある音符アイコンをタップします。
  3. アプリに入っている曲一覧が表示されます。聴きたい曲をタップします。連続でタップすることで複数選択することもできます。
  4. 画面下の再生アイコン(三角マーク)をタップすると音楽が再生されます。

Appleの規約の関係上、残念ながらSend Anywhereで転送した音楽ファイルをiPhone標準のミュージックアプリで聴くことはできません。ミュージックアプリで音楽を聴くにはiTunesを使用して音楽を転送してください。

iPhoneからパソコンに音楽を送ることもできる?

こちらもiPhoneの規約により、iPhoneのミュージックアプリに入っている音楽をSend Anywhereで転送することはできません。

ただしSend Anywhereを使って受信した音楽であればSend Anywhereを使って転送することはできます。たとえば、iTunesストアで購入し、普段ミュージックアプリで聞いている音楽をSend Anywhereで転送することはできません。

そのかわり、もともとSend Anywhereを使ってiPhoneに入れた音楽であれば、Send Anywhereを使って他のバソコンやスマホに音楽を転送することができます。

他にも様々な転送方法が利用可能

上で紹介したダイレクト送信がうまくいかない時や、そもそもデバイス同士が近くになく、ダイレクト送信が使えないときは他の転送方法を使ってみてください。Send Anywhereでは次のような転送方法が利用できます。

  • 6桁のワンタイムキー
  • QRコード
  • リンク共有(リンク共有を使うには会員登録が必要です)

各種転送方法の具体的な手順については次のリンク先をご確認ください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)