スマホの画面が勝手に動く時の原因と解消法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
tattipaneru

スマホを特に操作していないのに勝手に動いたり、意図していないところをタッチしていることになっているという現象が起きる時があります。

これ実際に起きたら非常に迷惑で心霊現象すら疑ってしまいます。

そこで今回は、スマホの画面が勝手に動くときの原因と解消法についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

1.キャッシュの溜まりすぎやアプリの同時起動

apuri
アプリを同時に起動しすぎたり、スマホにキャッシュが溜まりすぎてしまうと、タッチが正常に動作しなくなることがあります。

この現象が疑われる人は、まず、Webブラウザのキャッシュやアプリケーションキャッシュを削除してみましょう。

キャッシュを削除する場合は本体設定から一括削除ができるケースもあるので、アプリを使う前に本体設定のストレージからキャッシュを一括削除できるかの確認をしてみましょう。

また、アプリを入れすぎている場合、複数の同時起動でいっきに重くなってしまい、思った通りに動かなくなることがあるため、不要なアプリは停止してみましょう。

2.タッチする画面が汚れている

suiteki
スマホの画面が汚れて油膜が残っていたり、タッチパネルの表面に水滴などがついていると、画面操作が誤作動することがあります。

まずは、ティッシュや専用の拭き取りシートでタッチパネルの汚れをとりましょう。

見えづらい汚れでも操作を妨げることがあるので、汚れていないからと言って清掃しないのではなく、定期的にスマホ画面の清掃はしましょう。

また、触れる指も汚れていたり、湿っていたりすると反応がおかしくなる場合があります。

3.保護シートが古くて劣化している

filimutoru
保護シートを長い期間使っているとシートの浮かび上がりが生じて、そこから汚れが液晶画面とシートの間に入り込んで、意図しない場所をタッチしたことになってしまうこともあります。

また保護シートに目立った気泡が見える場合も、タッチが不安定になる原因になります。

保護シートを1年以上使っていたり、保護シート自体が汚れている場合は交換する事を考えましょう。

4.手袋モードやエコモードになっている

tebukuromode
スマホの機種によっては、タッチパネルの反応に影響を与える機能があります。

  • 手袋モード・・・手袋をした状態でスマホを操作できるモード
  • エコモード・・・省電力モードなど消費電力を抑えたモード

手袋モードは機能としてついている機種と無い機種がありますが、機能がオンになっている場合はオフにしましょう。

またエコモードにするとスマホの処理スピードが落ちるため、タッチによる速い動きに反応しないことがあります。

反応が気になる場合は、エコモードをオフにしてみましょう。

5.使っているOSが最新版ではない

Android-4.2
OSの不具合で画面が勝手に動くことは滅多にありませんが、念のためAndroidを最新のバージョンにしておくにこしたことはありません。

使っているスマホのOSのバージョンが古くないかを確認しましょう。

最新ソフトウェアが配信されていないかを確認したのち、配信されていたら更新してください。

6.パネルの認識容量を超えた電界が生じている

tachpaneru
非常に稀なケースですが、毛布の上に置いたタブレットが反応しなくなるケースもあるようです。

この原因として考えられているのが、毛布の静電気がタッチパネルの認識できないレベルの電界になっていて触っても動かなくなっているということです。

このケースの解決策は、とにかくどこかに触って放電させるか場所を移動しましょう。

7.ウイルスの感染

uxirusu1
原因不明でスマホが勝手に動くといった症状が起きた場合に、考えられるのがウイルス感染です。

画面が勝手に動く原因が分からない時は、セキュリティソフトでスキャンしてみましょう。

スマホのウィルス対策については、こちらの記事を参考にしてみてください。

>>スマホがウイルスに感染しているかどうか確認する方法とは?

ウイルス感染の形跡がなかった場合は、他の原因を疑いましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)