一体どれで何のこと?「Googleアカウント」とは何か・確認方法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Googleアカウント、使っていますか?近頃はスマホもすっかり普及して、Googleアカウントを利用する人はますます増えてきています。

自分に必要のないGoogleのサービスや機能を無理に使う必要はありません。しかし、無料とは思えないほど高機能で便利なものも多いので、Googleアカウントを使って何ができるのかだけでも知っておく価値はあります。

本記事ではGoogleアカウントとは何のことでどういうことができるのか、そして自分の持っているGoogleアカウントの確認方法について解説します。

Googleアカウントとは

Googleアカウントとは
Googleアカウントは、Googleが提供するサービスを利用するためのネット上の会員証のようなものです。

Googleのアカウント作成ページを開き、アカウント名・パスワード・名前や生年月日などの情報を登録すると、設定した情報で自分専用のGoogleアカウントが作られます。

アプリなどでGoogleアカウントのログインが求められた時には、アカウント作成時に登録したメールアドレス(もしくは電話番号)とパスワードを入力する必要があります。

Googleアカウントを作成するだけで、Googleの提供する様々なサービスを利用することができます。具体的なサービスとしてはGmailやGoogleドライブ、Youtubeが有名ですね。

しかし便利なサービスがたくさんあることはメリットである一方で、Googleの全ての機能を理解し使いこなすのはなかなか大変でもあります。

またアプリの利用だけでなくWebサイトやスマホの初期設定など、様々な場面でGoogleアカウントが要求されるため、Googleアカウントとはそもそも何なのか実態がつかみにくい面もあります。

Googleアカウントでできること

googleのサービス
Googleアカウントを使用するサービスのうち、特に以下のサービスは代表的で利用者も多いです。

  • Gmail・・・無料のWebメールサービス
  • Googleカレンダー・・・予定とリマインダーの管理
  • Google Play・・・Androidアプリのダウンロードや購入
  • Googleフォト・・・写真や動画を無制限でクラウドに保存できる
  • Googleドライブ・・・文書の作成や公開、ファイルの共有ができる
  • Youtube・・・動画のコメント、評価、お気に入りが利用できるようになる

しかしこれ以外にもまだまだGoogleが提供するサービスは数多くあります。興味があればGoogle公式のサービス紹介ページで調べてみてください。

基本的には上記のGoogleのアプリやサービスを利用するにはGoogleアカウントが必要だということだけ覚えておけば問題ありません。

ただし、アカウントは会員証ですので、もしアカウントを完全に忘れた場合は、自分のものだったはずのメールや写真・動画が見られないなどのトラブルに繋がります。

混乱を招かないよう基本的にGoogleアカウントは1つだけ使用し、メールアドレスやパスワードなど登録した情報をしっかり覚えておくことが大切です。

Googleアカウントを作る4つのメリット

googleアカウントを作るメリット
でも、わざわざアカウントを作成するのってちょっと面倒ですよね。登録手続きも手間だし、パスワードも覚えておかないといけないし、アカウントなんて作らないで使えたら良いのに……

しかしGoogleアカウントを作るメリットはとても大きいのです。具体的なメリットについて4つ紹介します。

1.Googleのサービスを無料で使える

Googleアカウントさえあれば、Googleのサービスを全て無料で使い始めることができます。

メール、文章編集、表計算、プレゼン、スケジュール管理、データの一元管理、これだけ多くの機能を無料で使えてしまうのが一番のメリットではないでしょうか。

当然使用量が増えれば有料になるサービスもありますが、ほとんどのユーザーは全て無料の範囲内で使い続けれます。

2.複数のデバイスで同じデータが見れる

スマホの他にパソコンも持っているなど、デバイスを複数所持している場合でも、Googleアカウントにログインすれば全く同じデータを見ることができます。

例えばパソコンでカレンダーの予定を変更すると、スマホのカレンダーアプリに登録されている予定も自動で修正されます。

またパソコンでGoogleフォトのページを開けばスマホで撮った写真がそのまま見られるので、わざわざスマホから手作業でデータを移す必要もありません。

そして万が一スマホが急に故障・紛失してしまった場合にも、登録していたGoogleアカウントさえ覚えていれば連絡先・メール・カレンダー・写真等のデータを簡単に取り戻すことができます。

3.スマホのデータをバックアップできる

Androidを使っている場合、「設定」→「バックアップとリセット」→「データのバックアップ」がオンになっている状態であれば、写真、音楽、動画など、スマホ内のデータが自動でGoogle Drive上にバックアップされます。

また、iPhoneであってもGoogleDriveアプリをインストールすることで、iPhone内の写真や動画データを簡単にバックアップすることができます。

4.スマホの遠隔ロックができる

Androidスマートフォンの場合、万が一スマホを紛失したり盗まれてしまったりしても、紛失したスマホに登録しているGoogleアカウントが分かれば別のデバイスから遠隔ロックをかけることができます。

こうすれば個人情報の流出や悪用を防ぐことができます。なお、iPhoneの場合はGoogleアカウントの代わりにApple IDを利用して同様の対処が可能です。

Googleアカウントの確認方法

スマホでGoogleアカウントを登録したことはあるけど自分のGoogleアカウントがどれかわからない、という方は次の方法で確認してみましょう。

設定アプリから確認する(Androidの場合のみ)

googleアカウントの確認方法1
今現在スマホに登録されているアカウントを確認するには、以下の手順で操作します。

  1. ホーム画面またはアプリ一覧にある「設定」アプリをタップします。
  2. ユーザー設定の項目にある「Google」→「個人情報とプライバシー設定」をタップします。
  3. ログインしているGoogleアカウントの情報が表示されます。

ちなみに、メールの項目に表示されるアドレスがGoogleアカウントにログインするためのIDです。

パスワードは、セキュリティの関係上確認はできません。もし忘れてしまった方は、Googleのログインページよりパスワードの再設定を行いましょう。

Googleのアプリから確認する(iPhone/Android共通)

googleアカウントの確認方法2
iPhoneではスマホの初期設定にGoogleアカウントは必要ありませんが、Googleのアプリを利用している場合、Googleアカウントが必要になる場合があります。

そのため、アプリを利用する時にGoogleアカウントを作成していれば、Googleアカウントを確認することができます。

例えばiPhoneでGmailアプリを利用している場合は、「設定」アプリを開き「アカウントとパスワード」の項目を確認してください。

それ以外のアプリでGoogleアカウントを使用している場合は、アプリを開いて、メニューアイコンをタップするとアカウント情報が表示されます。

メニューアイコンは、多くのアプリでは上部にある3本バー、三点アイコン、もしくはギアマークをタップするとメニューが表示されます。

iPhoneユーザーもGoogleアカウントがあると便利

iphoneでgoogleアプリ
AndroidはGoogleが開発したOSであるため、最初にインストールされているアプリもGoogle提供のものが多く、Googleアカウントを使用することでよりAndroidを便利に使えるように設計されています。

iPhoneの場合は、バックアップやデバイス同士の連携という点ではGoogleアカウントよりもApple IDの方が便利です。

しかし、iPhoneユーザーであってもGoogleのサービスが使えないというわけではありませんので、Googleアカウントを持っていて損はありません。

好みの問題ですが、iPhoneに最初からインストールされているアプリよりもGoogleが提供するアプリの方が使いやすい、自分に合っているということもあります。

iPhoneユーザーで、まだGoogleのサービスを試したことがない方は、ぜひ一度Googleアカウントを作成してGoogleのサービスも試してみてください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)