「Windowsセキュリティシステムが破損しています」の原因と削除方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

EdgeやChromeなどのブラウザでインターネットを見ていると、突然「Windowsセキュリティシステムが破損しています」というメッセージが表示されることがあります。

「ボタンをクリックしてファイルを保護してください」「あと○○秒で削除されます」というようなメッセージが次々と表示され、焦ってしまう方も多いと思います。

そこで、本記事では「Windowsセキュリティシステムが破損しています」のメッセージの正体とメッセージ画面を閉じる方法、そして再び現れないようにする方法を解説します。

もし焦ってボタンをクリックしてしまったとしても大丈夫です。ボタンを押してしまった、あるいはプログラムを実行してしまったという場合の対処法もあわせて紹介します。

メッセージの正体は?


ブラウザを開いている時に表示される「Windowsセキュリティシステムが破損しています」のメッセージの正体は、詐欺目的の広告です。

ウィンドウを閉じようとしても様々な手段で煽ってきますが、焦って「更新」などのボタンを押したりプログラムをインストールしたりしないようにしましょう。

そもそもWindowsにはシステムの自動修復機能がある

ちなみに本当にWindowsのシステムに関するファイルが破損していた場合は、Windowsの自動修復機能によって正常な状態に戻ります。

ですから「もしかしたら本当にパソコンに異常があるのかも?」と心配する必要はありません。

メッセージが表示される原因は?

このようなメッセージが出るのは閲覧しようとしたウェブサイトに設置してあるWeb広告に原因があります。

しかし、サイト運営者が不正に設置しているわけではなく、広告の出稿主が悪質なプログラムを仕込んで表示しているケースがほとんどです。

広告が表示されるとフィッシングサイトへ自動で移動して(リダイレクト)、メッセージが表示される仕組みです。

他にも同じ仕組みでメッセージを表示する詐欺手法が最近増えています。

メッセージが表示されてしまったら

さて、メッセージが詐欺だということはわかりましたが、無視しようとしてもしつこくメッセージを表示してきたり、ページを閉じようとする度に妨害してきたりすることがあります。

メッセージが出てもプログラムやソフトをインストールしたり実行したりしなければ問題ありません。そのまま画面を閉じてしまいましょう。

ただし普通に画面を閉じようとすると妨害して何度もメッセージを表示してくることがあります。その場合はタスクバーまたはタスクマネージャからブラウザを強制終了させるのが良いでしょう。

タスクバーから終了させる

  1. 画面下部にあるタスクバーから広告を表示してしまったブラウザのアイコンを右クリックします。
  2. メニューが表示されるので「ウインドウを閉じる」をクリックします。

タスクマネージャから終了させる

  1. 画面下部のスタートボタンを右クリックします。するとメニューが表示されるので「タスクマネージャ」をクリックします。
  2. タスクマネージャが起動し、起動しているプログラムの一覧が表示されます。
  3. 一覧の中からお使いのブラウザ(EdgeやChrome)をクリックします。
  4. クリックして選択状態になったら右下の「タスク終了」ボタンを押します。

詐欺メッセージの「更新」ボタンをクリックしていなければ、以上の手順で終了です。

メッセージのボタンを押してしまったら

ボタンを押してしまってもまだ焦らなくて大丈夫です。

まず、このタイプのオンライン詐欺では多くの場合、以下のような流れでアドウェアやスパイウェアをインストールさせようとしてきます。

  1. 詐欺メッセージを表示させる。
  2. 「更新」などと書かれたボタンを押させ、アドウェアやスパイウェアのインストーラをダウンロードさせようとする。
  3. ユーザーがインストーラを実行し、「アドウェア・スパイウェア」をインストールしてしまう。

このうち、最後の3の手順さえ行っていなければパソコンに危険なソフトはインストールされていません。

もしインストール(実行)の操作をしていないのであれば、ダウンロードしたファイルやプログラムのみ削除しておきましょう。しかしそれでも不安という場合は、このあとで紹介する方法でウイルススキャンを行なっておくと良いでしょう。

ダウンロードしたプログラムを実行してしまったら

メッセージに従いそのままプログラムをダウンロードしてしまい、さらにインストールもしてしまった……という場合でも、すぐに詐欺に気付けば大きな被害にはならないことがほとんどなので落ち着いて対処しましょう。

このような手口の場合、ソフトの購入を促す広告を表示するだけのそこまで危険性の高くないアドウェアも多いので、ソフトのアンインストールブラウザの設定リセットをするだけで済むこともよくあります。

万が一危険なウイルスに感染してしまっても、すぐに駆除を行うことで被害を最小限にすることができます。

プログラムをアンインストールする


まずはインストールしてしまったソフトをアンインストールします。以下の手順で操作します。

  1. 「スタート」をクリックします。
  2. 「設定(歯車マーク)」をクリックします。
  3. 設定ウィンドウが開くので「アプリ」をクリック。
  4. アプリと機能にインストールされているプログラムの一覧が表示されます。この中から先ほどインストールしたプログラムを探します。
  5. プログラムが見つかったらクリックして「アンインストール」をクリックします。
  6. ユーザーアカウント制御の画面が表示されたら「はい」をクリックします。
  7. 手順に従い、アンインストールを行います。

プログラムのアンインストールが終わったら、ブラウザ設定のリセットを行います」。

ブラウザに保存されている情報を初期化する

プログラムを実行するとブラウザのアドオン(拡張機能)としてインストールされるケースもあります。念の為1度ブラウザの設定情報やキャッシュを初期化すると良いでしょう。

「Edge/Internet Explorer」の設定リセット手順

Edgeもしくは、IEをお使いの場合、以下の手順で両方の設定をリセットすることできます。

ただしこの操作を行うと、ブラウザに保存されている履歴やログイン用のアカウント・パスワードなどの記憶情報は消えてしまうのでご注意ください。

  1. 画面下部にある「スタートボタン」をクリックします。
  2. アプリの一覧の中から「Windowsシステムツール」を探し、クリックします。するとフォルダが展開されるので、続けて「コントロールパネル」を開きます。
  3. 次に「ネットワークとインターネット」→「インターネットオプション」をクリックします。
  4. 「インターネットオプション」ウインドウで「詳細設定」タブをクリックします。
  5. 下の方にある「リセット」ボタンをクリックします。
  6. 「個人設定を削除する」にチェックを入れ、「リセット」をクリックします。

個人設定の削除が完了したら、最後にパソコンを再起動します。

「Chrome」の設定リセット手順


Chromeの場合は、履歴やアカウントの保存情報が消えることはありません。

  1. Chromeを起動して右上の「3点マーク」をクリックします。
  2. 「設定」を開いて、一番下までスクロールし「詳細設定を表示」をクリックします。
  3. 「設定のリセット」をクリックします。

ウイルススキャンを行う


アプリのアンインストール、ブラウザのリセットが終わったら最後にウィルススキャンを行います。

今回は、全てのWindowsパソコンに最初から入っている「Windows Defender」を使ったウィルススキャンの方法を紹介しますが、それ以外のウイルス対策ソフトを使用している場合はWindows Defenderは使用できませんので、マニュアルや公式サイトを参考にお使いのウイルス対策ソフトでスキャンを行なってください。

  1. スタートボタンをクリックし、メニューが表示されたら「設定(歯車アイコン)」をクリックします。
  2. ウインドウが開いたら「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 「更新とセキュリティ」メニューが開いたら左の一覧から「Windows Defender」をクリックします。
  4. 「Windows Defenderセキュリティセンターを開きます」のボタンをクリックします。
  5. Windows Defenderセキュリティセンターが開いたら「ウイルスと脅威の防止」をクリックします。
  6. 「高度なスキャン」をクリックします。
  7. 「フルスキャン」を選択し、続けて「今すぐスキャン」をクリックします。

もしウイルスなどの脅威が見つかった場合は自動で隔離されます。スキャンが完了したらそのままセキュリティセンターを閉じてかまいません。

「すべて削除」のボタンを押すとその場で脅威を削除できますが、隔離された時点でパソコンは安全な状態になっている上、いずれ自動で削除されるものなので削除の操作はしてもしなくてもどちらでも良いでしょう。

コメント

  1. Quakeonthelake より:

    検証ありがとうございました

  2. どらねこおばさん より:

    はじめまして、
    ITおじさん さん

    迷惑詐欺に引っかかって、画面が動か
    ず、修復に困り果てておりました。

    インストールは、してなかったのが救いでした。

    こんなに、解りやすく解説して頂き
    感謝、感謝です。

    有難うございました。

  3. とおりすがり より:

    これ、ナンギしてたんですよ・・・。
    情報提供ありがとうございます。

    通りすがり

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)