Windows10でThunderbird・Outlookのメールを簡単に移行するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ThunderbirdからOutlookへ切り替えたい、あるいはOutlookからThunderbirdへ切り替えたい、そう思った時に問題となるのは過去のメールデータの移行です。

残念ながらそれぞれで書き出したメールデータのファイルをそのまま移行先に取り込むことはできないため、各種ツールやフリーソフトを利用して上手くデータの変換ややり取りを行う必要があります。

本記事では、ThunderbirdとOutlook間でのメールデータの移行を簡単にする方法について解説します。

ThunderbirdからOutlook2016への移行

ThunderbirdからOutlook2016へ移行する場合には、フリーソフトのMailStoreを利用する方法が簡単です。MailStoreのHome版であれば、非商用利用目的である限り無料で利用することができます。

まず、以下の手順でMailStoreのダウンロードとインストールを行います。

1.MailStoreをインストールする

  1. 以下のリンクをクリックしてMailStore Homeのダウンロードページを開きます。
  2. 画面中央にある「Download MailStore Home (Free)」ボタンをクリックします。
  3. ダウンロードが開始します。ダウンロードが完了したら「実行」ボタンをクリックするか、ダウンロードフォルダを開いてダウンロードしたばかりのインストーラをダブルクリックで起動します。
  4. ライセンスの内容を確認してから、「ライセンス契約とプライバシーポリシーに同意する」にチェックを入れて「次回」ボタンをクリックします。
  5. 設定を変更せずに「インストール」ボタンをクリックします。
  6. ユーザーアカウント制御ウィンドウが表示されたら「はい」をクリックします。
  7. インストールが完了するまでしばらく待ちます。完了したら「終了」ボタンをクリックします。

これでインストールは完了です。ここからは実際にメールのデータをMailStoreに取り込んでから、MailStoreの機能を使いOutlookで読み込める形式に変換します。

2.メールデータをアーカイブする

  1. インストール完了後「終了」ボタンをクリックするとMailStoreが起動します。もし起動しない場合、あるいはウィンドウを閉じてしまった場合はデスクトップにあるショートカットや、スタートメニューのアプリ一覧からMailStoreを起動します。
  2. 左のリストから「Eメールのアーカイブ」をクリックします。
  3. 「プロファイルの作成」グループの中から、Eメールクライアントの「Mozilla Thunderbird」をクリックで選択します。
  4. 設定ウィンドウが表示されます。プロファイル名がdefaultになっているので、そのまま下にある「次へ」をクリックします。
  5. メールの入っているフォルダや受信日時で移行するメールを選択します。全てのメールを移行する場合は設定の変更はありません。設定したら下にある「終了」ボタンをクリックします。
  6. プロファイルが作成され、中央のリストに追加されます。追加されたプロファイルをダブルクリックします。
  7. アーカイブが開始されます。終了したら、左のリストにある「マイアーカイブ」に取り込んだメールが追加されていることを確認します。

3.pstファイルに変換して保存する

  1. Outlookに読み込める形式に変換して出力します。左のリストから「Eメールのエクスポート」を選択します。
  2. 「プロファイルの作成」グループの中から「Microsoft Outlook PSTファイル」を選択します。
  3. エクスポートの設定画面が開きます。先ほどMailStoreに取り込んだメールの入っているフォルダを選択し、「次へ」をクリックします。
  4. 「Eメールを新規または既存のPSTファイルにエクスポート」を選択します。
  5. 「ファイル名」の右にある「…」ボタンをクリックします。
  6. エクスプローラウィンドウが表示されるので、「C:\Users\ユーザー名\Documents\Outlook ファイル」の場所にあたるフォルダを開きます。
  7. 「ファイル名」の項目に任意のファイル名を指定し、「保存」をクリックします。名前はどのようなメールが入っているかわかるものであればなんでも構いません。
  8. パスワードは空欄のまま、「次へ」をクリックします。
  9. プロファイルが作成され、中央のリストに追加されます。作成されたプロファイルをダブルクリックします。
  10. 処理が完了したらMailStoreでの作業は終了です。ウィンドウを閉じます。

最後に書き出したファイルをOutlook2016で読み込みます。

4.Outlook2016にメールを取り込む

  1. Outlook2016を起動します。
  2. 上部のタブから「ファイル」を選択します。
  3. 左のリストから「開く/エクスポート」を選択します。
  4. 「Outlookデータファイルを開く」をクリックします。
  5. 先ほど書き出したpstファイルを選択し、「開く」をクリックします。

これで操作は完了です。MailStore Exportというフォルダが追加され、その中に移行したメールが入っていることを確認します。

移行できない時は?

この方法でうまく移行できない時は以下をご確認ください。

1度pstファイルに書き出しているか

MailStoreに取り込んだメールデータをそのままOutlookにエクスポートすることもできますが、こちらの方法では変換に失敗することがあります。本記事の手順のように1度pstファイルに書き出す方法をお試しください。

書き出したpstファイルに拡張子がついているか

MailStoreでpstファイルを書き出すと、拡張子である末尾の「.pst」がファイル名に付かないことがあります。

その場合は書き出したファイルの名前の末尾に「.pst」を追加してください。

具体的には「Outlook2016にメールを取り込む」の手順5で、以下の操作を行います。

  1. 右下にあるドロップダウンメニューを「Outlookデータファイル(.pst)」から「すべてのファイル(*.*)」に変更します。
  2. 先ほど書き出した拡張子のついていないファイルが表示されるので、ファィル名を右クリックし、「名前の変更」を選択します。
  3. ファイル名の末尾に「.pst」を追加してエンターキーを押します。
  4. 最後に名前の変更を行ったファイルを選択し、「OK」をクリックします。

Outlook2016からThunderbirdへの移行

Outlook2016からThunderbirdへの移行については、Mozillaサポートからの回答があります。

回答の通り、Thunderbirdに備わっているインポートウィザードを使うことでメールを取り込むことができます。

ただし、Outlookから移行するには古いバージョンのThunderbirdが必要になる点に注意して下さい。

1.古いバージョンのThunderbirdをインストールする

具体的には以下の手順で移行を行います。

  1. Thunderbirdバージョン31.8ダウンロードページにアクセスし、ファイルをダウンロードします。
  2. ファイルをダウンロードしたら「実行」ボタンをクリックするか、ダウンロードフォルダを開いてダウンロードしたファイルをダブルクリックします。
  3. ユーザーアカウント制御画面が表示されたら「はい」をクリックします。
  4. 「次へ」をクリックしてインストール作業を進めます。設定を変更する必要はありません。

インストールが完了すると自動でThunderbirdが起動します。起動しない場合はデスクトップアイコンまたはスタートメニュー内のアプリ一覧からThunderbirdを起動します。

2.メールデータをインポートする

  1. 上部のバーから「ツール」→「設定とデータのインポート」を選択します。
  2. 「メールボックス」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。
  3. インポートが開始されます。処理が完了するまでしばらく待ちます。

3.Thunderbirdのバージョンを更新する

インポートが完了したらThunderbirdを最新版に更新します。

  1. 上部のバーから「ヘルプ」→「Thunderbirdについて」を選択します。
  2. 自動的に更新が開始されます。更新が完了するまでしばらく待ちます。
  3. 「Thunderbirdを再起動して更新」ボタンが表示されたらボタンをクリックしてThunderbirdを再起動します。

移行できない時は?

手順通り操作を行っても移行できない場合は以下の項目をご確認ください。

Outlookが規定のプログラムになっているか

Outlookが既定のメールアプリに設定されていないと正しくインポートすることができません。

以下のページを参考にOutlookの設定画面から既定のアプリ設定を行ってください。

一括インポートを行っていないか

インポート時の設定画面で「すべてのインポート」を選択した状態でインポートを開始するとエラーが発生することがあります。

この場合は「メールボックス」を指定してメールデータのみをインボートすることで問題なく取り込めることがあります。アドレス帳などのデータが必要な場合は別途インポートを行ってください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)