有線でエラー「デフォルトゲートウェイは使用できません」が頻発する時の対処

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

有線LANのイーサネットでネットワークに接続している時に、突然インターネット回線が切れてしまうケースがあります。

ネットワークのトラブルシューティングを確認すると、「デフォルトゲートウェイは使用できません」という表示が出て、具体的な対処に戸惑う方も多いと思います。

本記事では、Windows10 PCを有線LANで接続時に「デフォルトゲートウェイは使用できません」のエラーが出る時の対処法を紹介します。頻発する場合の対処も合わせて紹介するので参考にして下さい。

対処1: ネットワークアダプターを再起動する

イーサネットのネットワークアダプターに一時的なエラーが発生しており、デフォルトゲートウェイを取得できていないケースが考えられます。

そのため、ネットワークアダプターを再起動することでエラーがリセットされて問題が解決する可能性があります。

イーサネットのネットワークアダプターを再起動するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ネットワーク接続」を選択します。
  2. 「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。
  3. 「イーサネット」、もしくは「ローカルエリア接続」を右クリックして「無効にする」を選択します。
    • 「イーサネット」、もしくは「ローカルエリア接続」のアイコンがグレーになったら無効になった状態です。
  4. ユーザーアカウント制御の画面が出た場合は、「はい」をクリックします。
  5. 「イーサネット」、もしくは「ローカルエリア接続」を再度右クリックして「有効にする」を選択します。

ネットワークアダプターが再起動したら、デフォルトゲートウェイが正しく取得できることを確認します。

対処2: PCを再起動する

ネットワークアダプターを再起動しても「デフォルトゲートウェイは使用できません」のエラーが出る場合は、一度PCを再起動させてみましょう。

PCの動作が一時的に不安定になっていることが原因で、デフォルトゲートウェイが正常に取得できないケースがあります。

PCが再起動したら、ゲートウェイのエラー表示がでないか確認して下さい。

対処3: LANケーブルの接続・劣化を確認する

使用しているLANケーブルに問題があり、デフォルトゲートウェイを取得できていないケースが考えられます。

ルーターと接続しているLANケーブルに次の問題がないか確認して下さい。

  • 接触不良
    • PC側、ルーター側のLANケーブルが奥までしっかり刺さっているか確認して下さい。
  • ケーブルの劣化・断線
    • 長期間使用している場合、ケーブルが劣化して断線しているケースがあります。
  • コネクタ部分の故障
    • 差し込み口の金メッキが剥がれると、接続が正常に行われずエラーが出る場合があります。

LANケーブルの断線やコネクタの破損が疑われる場合は、別のケーブルに交換してゲートウェイを正しく取得できないか試して下さい。

対処4: ネットワークドライバーを再インストールする

イーサネットのネットワークドライバーに問題があり、正常に通信ができていないケースがあります。

次の手順で、ネットワークドライバーの再インストールを試して下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. 「ネットワークアダプター」のツリーをクリックして展開します。
  3. 「イーサネットのネットワークドライバー名」を右クリックして「デバイスのアンインストール」を選択します。
    • イーサネットのネットワークドライバー名は、「network controller」などの名称が多いです。
  4. 確認画面が出るので「はい」をクリックします。
  5. イーサネットのネットワークドライバーがアンインストールされます。

ネットワークドライバーがアンインストールできたらPCを再起動して下さい。PCの再起動が完了すると適切なネットワークドライバーが自動でインストールされます。

デフォルトゲートウェイを取得できていないエラーが解決していないか検証して下さい。

対処5: Windowsアップデートを行う

最新のネットワークドライバーが提供されている場合、Windows Updateを行うことで自動でアップデートすることができます。

Windows Updateは基本的に自動で実行されますが、再起動が必要な更新がある場合、アップデートが止まっているケースがあります。

一度Windowsアップデートを確認して、新しい更新プログラムが提供されていないか確認して下さい。

Windows10でのアップデート手順については、以下のページをご参照ください。

対処6: デフォルトゲートウェイを自動取得する

ネットワークアダプターのデフォルトゲートウェイの設定に問題があり、ゲートウェイが正しく取得できていないケースが考えられます。

次の手順で、イーサネットのネットワークアダプターのデフォルトゲートウェイの設定を確認して下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ネットワーク接続」を選択します。
  2. 「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。
  3. 「イーサネット」、もしくは「ローカルエリア接続」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
  4. 「インターネットプロトコルバージョン4」を選択して「プロパティ」をクリックします。
  5. 「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」のオプションを選択していることを確認します。
  6. 「インターネットプロトコルバージョン6」も同様の手順でオプション設定を確認します。
  7. 「OK」をクリックして設定を保存します。

「DNSサーバーのアドレスを使う」のオプションを選択して直接入力している場合、入力しているDNSサーバーのアドレスが間違っていることが考えられます。

直接入力する場合は、接続しているネットワークの適切なデフォルトゲートウェイのIPアドレスを指定して下さい。

対処7: IPv6の機能を無効にする

ネットワークアダプターのIPv6の機能が原因で、ゲートウェイを利用できないケースがあります。

そのため、IPv6の機能を無効にしてIPv4の機能だけの状態にすると、ゲートウェイを正しく取得できる可能性があります。

次の手順で、ネットワークアダプターのIPv6の機能を無効化して下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ネットワーク接続」を選択します。
  2. 「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。
  3. 「イーサネット」、もしくは「ローカルエリア接続」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
  4. 「インターネットプロトコルバージョン6」のチェックを外します。
  5. 「OK」をクリックして設定を保存します。

設定を変更するとIPアドレスが自動で再取得されます。デフォルトゲートウェイが正しく取得できているか確認して下さい。

対処8: ネットワークアダプターの設定を変更する(Broadcomの場合)

イーサネットネットワークアダプターがBroadcomのドライバーを使用している場合、一部のバージョンでネットワークに繋がらない不具合が起きることがMicrosoftコミュニティに報告されています。

ネットワークアダプターが利用しているドライバー名は、「デバイスマネージャー」の「ネットワークアダプター」ツリー内で確認することができます。

上記のBroadcomのドライバーの不具合は、「Receive Side Scaling」機能を変更することで解決できる可能性があります。

Broadcomのドライバーを使用している場合は、次の手順で「Receive Side Scaling」機能のオン/オフを切り替えてみて下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. 「ネットワークアダプター」のツリーをクリックして展開します。
  3. 「Broadcom NetLink(TM)Gigabit Ethernet」を右クリックし、「プロパティ」を選択します。
  4. 「詳細設定」タブを選択し、「プロパティ」にある「Receive Side Scaling」を選択します。
  5. 値を「Enabled」、もしくは「Disabled」に切り替えます。
  6. 「OK」をクリックして設定を保存します。

PCを再起動して、デフォルトゲートウェイのエラー表示が出ないか確認して下さい。

対処9: ルーターの問題を解決する

ここまでの対処方法でデフォルトゲートウェイのエラーが解決しない場合は、ルーターに問題があることが考えられます。

ゲートウェイの機能を持ったルーターに、トラブルがあるとPC上で正常にデフォルトゲートウェイを取得することができません。

ルーターに問題がある場合の対処法は、次のページで詳しく解説しているので合わせて参考にして下さい。

関連ページ

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)