Windows10 – Unexpected_Store_Exceptionエラーが出る原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のPCでBSOD(ブルースクリーン)が発生した際に表示される停止コードの一つに「Unexpected_Store_Exception」があります。

上記のBSODは、アプリケーションの起動時などに突然発生する場合があり、困ってしまう方も多いと思います。

この記事では、BSODが発生して「Unexpected_Store_Exception」のブルースクリーンのエラーが表示された時の対処法を紹介します。

「Unexpected_Store_Exception」が発生する原因

「Unexpected_Store_Exception」のBSODエラーが発生する原因としては、主に次のことが考えられます。

  • Windowsシステム・標準アプリの不具合
  • サードパーティのセキュリティソフトの不具合
  • HDD/SSDの接触不良・故障
  • デバイスドライバーに問題がある
  • 省電力の電源プラン・スリープ
  • 古いバージョンのUEFI/BIOSの不具合

ソフトウェアが原因となることが多いBSODですが、ハードディスクが原因になっている場合もあります。

特にWindows10へのアップグレード後のタイミングで発生する場合が多いようです。

上記の原因ごとの対処方法を順に紹介していきます。

対処1: Windows Updateを適用する

Windowsのシステムになんらかの不具合があり、BSODエラーが発生することがあります。

Windowsの不具合は、基本的にWindows Updateによって修正されます。

そのため、一度WindowsUpdateを確認して適用できていない更新プログラムがある場合はアップデートを行って下さい。

全てのアップデートを適用したらPCを再起動し、BSODエラーが解消されたかを確認します。修正されない場合は次に進みましょう。

対処2: 高速スタートアップ機能を無効にする

Windows 10に搭載されている「高速スタートアップ」機能をに有効している場合、Windowsで様々な予期せぬエラーが発生することがMicrosoftコミュニティに報告されています。

そのため、BSODエラーが発生した場合は、一度高速スタートアップを無効化して様子を見ることをおすすめします。

高速スタートアップを無効化する手順は、次のとおりです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「電源オプション」を選択します。
  2. 右ペインで「電源の追加設定」をクリックします。
  3. 左ペインで「電源ボタンの動作の選択」をクリックします。
  4. 「電源ボタンの動作の選択」をクリックします。
  5. 「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。
  6. シャットダウン設定内にある「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外します。
  7. 変更の保存をクリックして完了です。

高速スタートアップを無効に設定できたら、通常の手順でPCを再起動してください。

再起動後は様子を見て、BSODエラーが発生するか確認して下さい。改善した場合は、BSODエラーを防ぐためにも、高速スタートアップは基本的に無効にしておくことをおすすめします。

対処3: セキュリティソフトを再インストールする

サードパーティ製のセキュリティソフトのバグや不具合によってBSODエラーが発生することがあります。

そのため、サードパーティ製のセキュリティソフトを使用している場合は、再インストールを試して下さい。

1.アンインストールする

セキュリティソフトの再インストールを行うために、一度セキュリティソフトをアンインストールします。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「アプリ」をクリックします。
  3. プログラム一覧から「セキュリティソフト名」をクリックします。
  4. 「アンインストール」→「アンインストール」の順にクリックします。
  5. アンインストールウィザードが起動するので、案内に従ってアンインストールを完了します。

以上でセキュリティソフトのアンインストールは完了です。

アンインストールした状態でBSODエラーが発生しないか確認しておくことをおすすめします。この状態でエラーが発生しなければ、セキュリティソフトが原因だったと判断できます。

2.最新版を再インストール

セキュリティソフトの最新バージョンをインストールします。インストール方法は、メーカーによって異なるため、マニュアルを参考にしてください。

インストールが完了したら、BSODエラーが再発しないか様子を見ます。

  • BSODエラーが再発しない場合
    • インストールしていたバージョンのセキュリティソフトのプログラムに問題があったと判断できます。
  • BSODエラーが再発する場合
    • セキュリティソフト自体に問題があるため、修正のアップデートを待つか、別のセキュリティソフトの利用を検討して下さい。

対処4: HDD/SSDを接続し直す

WindowsをインストールしているHDDやSSDの接触不良が原因でBSODエラーが発生するケースがあります。

そのため、HDD・SSDを一度接続し直してみることをおすすめします。接続し直す場合は、次の手順のとおりです。

  1. PCの電源を切り、電源ケーブルやバッテリーを取り外します。
    • 念のために電源ボタンを押して反応しないかを確認して下さい。
  2. PCケースのフタを開けます。
    • ノートPCの場合は、背面のネジを外してフタを開けて下さい。
  3. HDD/SSDとマザーボードを接続しているSATAケーブルを外します。
    • システムドライブに使っているSSDがPCI-Express接続やM.2接続の場合は、一度取り外します。
    • ノートPCの場合は、mSATAのHDD/SSDを取り外します。
  4. SATAケーブルでHDD/SSDとマザーボードを繋ぎ直します。
    • SATAポートが故障している場合も考えられるため、繋ぎ直す際には別のSATAポート、SATAケーブルを利用することをおすすめします。
    • スロットに接続するタイプのSSDの場合は、別のスロットに接続してみてください。
      • 別のスロットがない場合は、再度同じスロットに接続します。
      • マザーボードによってはストレージを接続できるスロットが決まっていることもあるため、あらかじめマニュアルで確認して下さい。
  5. PCのフタを閉めて電源類を接続します。

PCを起動してBSODエラーが解決したか検証して下さい。問題が解決した場合は、接続状況、SATAケーブル、マザーボード側のポートに問題があったと考えられます。

対処5: 問題のあるデバイスドライバーを再インストールする

特定のデバイスドライバがUnexpected_Store_Exceptionエラーを引き起こす原因になっているケースがあります。

そのため、まずセーフモードでWindowsを起動して問題が発生しないか確認してください。

1.セーフモードで起動する

セーフモードで起動する手順については、次のページを参考にして下さい。

セーフモードでBSODエラーが発生しない場合は、インストールしたデバイスドライバーに問題があると判断できます。

2.デバイスドライバーを再インストールする

インストールしたデバイスドライバーに問題がある場合は、次の手順で問題のデバイスドライバーの再インストールを試して下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. ツリーを展開して「再インストールするデバイス」を探します。
    • 再インストールするデバイスは、BSODエラーの直前にインストールしたドライバーを選択して下さい。
    • 最後に追加したデバイスがマウスであればマウスのドライバーを、スピーカーであればスピーカーのドライバーを再インストールしましょう。
    • 問題が発生しているデバイス(黄色い「!」マーク)がある場合は、そのデバイスのドライバーも再インストールして下さい。
  3. 「デバイスドライバー」を右クリックして「デバイスのアンインストール」をクリックします。
  4. 確認画面がでたら「アンインストール」をクリックします。
  5. アンインストールが完了したらPCを再起動します。
  6. 再起動後に自動的にドライバーがインストールされます。

以上でデバイスドライバーの再インストールは完了です。再インストールが完了したら、BSODエラーが再発しないかを確認します。

対処6: 古いバージョンのデバイスドライバをアップデートする

古いバージョンのデバイスドライバーが原因で、BSODエラーが発生するケースがあります。

そのため、古いバージョンのデバイスドライバーを使用している場合は、最新版にアップデートすることをおすすめします。

デバイスドライバーに問題がある場合は、ドライバーを最新のバージョンにアップデートすることで解決する可能性があります。

次の手順ですべてのデバイスドライバの状況を確認して、最新版が配信されている場合はアップデートを行って下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. ツリーを展開して更新するデバイスドライバーを探します。
  3. デバイスドライバーを右クリックして「ドライバーの更新」を選択します。
  4. 「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索」のオプションをクリックします。
  5. 更新のあるドライバーは自動的に更新されます。
  6. 同じ手順で全てのドライバーを最新バージョンに更新します。

対処7: 一時ファイルをクリアする

Windowsの一時ファイルがエラーの原因になっていることがあります。

したがって、一度ストレージセンサーを利用して一時ファイルを消去するとBSODエラーが解決する可能性があります。

ストレージセンサーを使って、一時ファイルを消去する手順は次のとおりです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「システム」を選択します。
  2. 左ペインで「ストレージ」を選択します。
  3. より詳細な設定をする場合は「ストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行する」を選択します。
  4. 「アプリで使用されていない一時ファイルを削除します」のチェックを「オン」にします。
  5. 「今すぐ空き領域を増やす」の下にある「今すぐクリーンアップ」を選択します。
  6. 「今すぐクリーンアップ」の横にチェックマークが付けばクリーンアップ完了です。

一時ファイルの削除が完了したら、PCを再起動して、改善されたかどうか確認して下さい。

対処8: Windows標準アプリを再インストールする

Windows標準のアプリケーションに問題が起きており、BSODエラーが表示されるケースがあります。

そのため、Windowsの標準アプリケーションを再インストールすることで解決する可能性があります。

Windowsの標準アプリケーションを再インストールするには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。
  3. 次のコマンドを入力してEnterキーを押します。
    Get-AppxPackage -AllUsers | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register" $($ _.InstallLocation)\ AppXManifest.xml"}
  4. コマンドの実行ができたらPCを再起動します。

    PCが再起動したらBSODエラーが解決したか確認して下さい。

    対処9: ファイル履歴の機能を「オフ」にする

    Windows10のファイル履歴の機能が原因で、BSODエラーが発生するケースがあります。

    ファイルのバックアップのためにファイル履歴を使用している場合は、一旦機能をオフにしてBSODエラーが発生しないか確認して下さい。

    ファイル履歴を無効にするには、次の手順で操作します。

    1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
    2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
    3. 左ペインで「バックアップ」をクリックします。
    4. 「ファイルのバックアップを自動的に実行」のスイッチを「オフ」に変更します。

    対処10: 電源プランを変更する

    PCの電源プランで、省電力などの節電プランが選択されていることが原因でBSODエラーが引き起こされるケースがあります。

    節電プランは、消費電力を抑えることはできますが、ハードウェアの動作に異常を起こす原因になります。

    そのため、次の手順で電源プランを確認して下さい。

    1. 「Windowsマーク」を右クリックして「電源オプション」を選択します。
    2. 右ペインで「電源の追加設定」をクリックします。
    3. 「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。
    4. バッテリーメーターに表示されるプランで「ハイパフォーマンス」を選択します。

    電源プランを変更できたら、再度BSODエラーが解決したか確認して下さい。

    対処11: スリープを無効にする

    PCがスリープするタイミング、もしくはスリープ復帰後にBSODエラーが発生する場合があります。

    スリープが原因の場合は、スリープの機能を無効にすることでBSODエラーを防止することができます。

    1. 「Windowsマーク」を右クリックして「電源オプション」を選択します。
    2. 「スリープ」のセレクトボックスを「なし」に変更します。

    対処12: UEFI/BIOSをアップデートする

    マザーボードに搭載されているUEFI/BIOSにバグや不具合が発生しており、BSODエラーが発生するケースが考えられます。

    特にPC購入後から一度もUEFI/BIOSのアップデートを行っていない場合は、バージョンが古いことが考えられます。

    そのため、UEFI/BIOSの最新のバージョンが提供されていないか確認してアップデートを試し下さい。

    UEFI/BIOSのアップデート手順、および最新版が配信されているかどうかは、マザーボード・PCのメーカーによって異なります。マザーボードのマニュアルやメーカーの公式Webサイトで確認してください。

    対処13: HDD/SSDを交換する

    ここまでの対処方法で解決しない場合は、HDD/SSDのハードに物理的な破損があり、Unexpected_Store_ExceptionのBSODエラーが発生していることが考えられます。

    HDD/SSDの物理的な問題は、修理をすることは難しいため、PCのHDD/SSDの交換を検討して下さい。

    自分でHDD/SSDを交換することが難しい場合は、メーカーにPCの修理を依頼するか、新しいPCの購入を検討して下さい。

    その他の停止コードのブルースクリーンエラー(BSOD)の対処方法については、次のページを参考にしてください。

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)