モバイルホットスポットがインターネット接続なしで使えない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10にはモバイルホットスポットというインターネット共有機能があります。有線接続などでパソコンがインターネットに繋がっていれば、無線LANが利用できない環境でもスマートフォンやタブレットなどのデバイスをパソコン経由でインターネットに接続することができるようになります。

使い方も機能ボタンをオンに切り替えるだけで簡単に利用できますが、しかし環境によっては接続が不安定になったり、「インターネット接続なし」というようなエラーが表示されてしまったりすることがあります。

今回は、Windows10のPCでモバイルホットスポット機能が「インターネット接続なし」になって使えない時の対処方法について紹介します。

対処1: モバイルホットスポットの接続設定を確認する

まず基本的な接続設定の見直しを行います。ホスト側のパソコンを使い、次の手順で操作してください。

  1. タスクバーにあるWi-Fiアイコンをクリックします。
  2. Wi-Fi用の設定パネルが開きます。モバイルホットスポットマークを右クリックして「設定を開く」を選択します。
  3. 「モバイルホットスポット」のスイッチがオンになっているか確認し、オフであればオンに切り替えます。
  4. 「インターネット接続を共有する」の設定では、ホスト側のパソコンを接続しているネットワークを選択します。
  5. 「ネットワーク名」「ネットワークパスワード」をそれぞれ確認し、接続する側の端末が正しい接続先に接続しようとしているか、正しいパスワードを入力しているかを確認します。
  6. 「ネットワーク帯域」に「使用可能な接続」が指定されていることを確認します。設定の変更が必要な場合は「編集」ボタンをクリックします。

上記の手順で設定画面が開けない場合は、スタートメニューにある「設定」から「ネットワーク」→「モバイルホットスポット」と進んでください。

対処2: 接続帯域を変更する

ホスト側のパソコンがWi-Fi接続の場合、5GHzの接続帯域を利用しているとモバイルホットスポット機能が利用できない場合があります。次の手順でWi-Fiの接続帯域を2.4GHzに変更してみてください。

  1. 「スタート」メニューを開き、「設定」(歯車アイコン)を開きます。
  2. 「Windowsの設定」ウィンドウが表示されます。「ネットワークとインターネット」をクリックします。
  3. 「状態」画面が表示されます。ウィンドウ右側を少し下へスクロールし、「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。
  4. 「ネットワーク接続」ウィンドウが表示されます。「Wi-Fi」を右クリックし、「プロパティ」を選択します。
  5. Wi-Fiアダプターのプロパティウィンドウが表示されます。「詳細設定」タブを開きます。
  6. 画面左の「プロパティ」リストから「ワイヤレスモード」をクリックして選択します。
  7. 画面右側の「値」の設定を「IEEE802.11g」または「IEEE802.11g」に変更します。
  8. 「OK」をクリックして設定を保存し、接続できない問題が解決したか確認します。

対処3: Bluetoothを無効にする

Wi-Fi接続でモバイルホットスポットを利用する場合、Bluetooth機能がWi-Fiの電波と干渉して接続トラブルが起きることがあります。

次の手順でBluetooth機能を一時的に無効化し、問題が解決するか試してみてください。

  1. タスクバーにあるアクションセンターアイコン(吹き出しアイコン)をクリックするか、ショートカット「Windowsキー」+「Aキー」を入力してアクションセンターパネルを表示します。
  2. パネル内のBluetoothボタンをクリックしてオフ(暗い色)に変更します。

アクションセンターパネルにBluetoothボタンがない等、上記の手順で操作できない場合は次の手順で操作して下さい。

  1. 「スタート」から「設定」ウィンドウを開きます。
  2. 「デバイス」をクリックして「Bluetoothとその他のデバイス」設定画面を開きます。
  3. 「Bluetooth」のスイッチをオフにしてBluetooth機能を無効化します。

対処4: トラブルシューティングツールを利用する

ネットワーク接続に関するシステムトラブルが発生しているかもしれません。この場合、トラブルシューティングツールを使うことで簡単に解決できる場合があります。

  1. 「スタート」メニューから「設定」ウィンドウを開きます。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 画面左のリストから「トラブルシューティング」をクリックします。
  4. トラブルシューティングツール一覧が表示されます。画面右側を下へスクロールし、「ネットワークアダプター」をクリックします。
  5. メニューが展開され、操作ボタンが表示されます。「トラブルシューティングツールの実行」ボタンをクリックします。
  6. トラブルシューティングツールが起動します。「すべてのネットワークアダプター」を選択し、「次へ」をクリックします。
  7. 診断と自動修復が行われます。完了したら「閉じる」をクリックしてウィンドウを閉じます。

もし「自動的に修正できませんでした」というようなエラーが表示される場合はエラーメッセージの内容を参考に問題の特定と解決を行うか、対処⑤の方法を参考にドライバーの再インストールを試してみてください。

対処5: Wi-Fiアダプターのドライバーを再インストールする

ネットワークドライバーに異常がある場合、ドライバーを再インストールすることで解決できることがあります。

次のリンク先にある「デバイスドライバーの再インストール」の手順を参考に、「ネットワークアダプター」のドライバーを再インストールしてみてください。

対処6: パソコンをクリーンブートする

ウィルス対策ソフトやファイアウォールなどが原因で接続が遮断されてしまうことがあります。

次のリンク先の方法を参考にパソコンをクリーンブートし、クリーンブート状態でモバイルホットスポットが利用できるか試してみてください。

この方法で問題が解決した場合はファイアウォールや使用中のセキュリティソフトの設定を見直し、次の対処を行ってください。

対処7: ネットワーク設定を初期化する

上記の方法で解決しない場合はネットワーク接続を一旦初期化し、再設定してみてください。

ただし初期化後はインターネット接続の再設定が必要になることがあります。接続用パスワードなど、必ず必要な資料を用意した上で操作を行うようにしてください。

  1. 「スタート」メニューから「設定」を開きます。
  2. 「ネットワークとインターネット」をクリックします。
  3. 「状態」画面が表示されたら画面右側を下へスクロールし、「ネットワークのリセット」をクリックします。
  4. 「今すぐリセット」ボタンをクリックします。
  5. 設定の初期化が行われます。必要に応じて各種インターネット接続に関する再設定を行います。

モバイルホットスポットに接続する側のデバイスでもネットワーク設定のリセットを試してみてください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)