Surfaceのキーボードが認識せず反応しない/打てない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Microsoftから販売されているWindows10のタブレットデバイス「Surface」を利用していると、キーボードが突然使えなくなり、何もキーが打てない状況になるケースがあります。

この記事では、Surfaceのキーボードが認識しない/反応しない時の対処法を紹介します。

対処方法はSurface Book、Surface Go、Surface Pro、Surface 3のモデルでほぼ共通です。

キーボードを認識しない時の原因

Surfaceでキーボードが認識できず反応しない場合は、主に次の原因が考えられます。

  • キーボードの接触不良
  • Windowsの一時的な不具合
  • デバイスドライバーの不具合
  • Windowsのシステムファイルの破損
  • キーボード、もしくはSurfaceの故障

上記の中でも、キーボードの接触不良が原因になっているケースが非常に多いです。

原因ごとの対処法を順に紹介していくので、Surfaceのキーボード入力ができるようにならないか1つずつ試して下さい。

対処1: キーボードを再接続する

キーボードの単純な接触不良が原因で、キーボードが認識できていないケースが考えられます。

特にSurfaceのタイプカバーは脱着が簡単にできる反面、接続部分がずれやすいため、接触不良でキーボードが認識されないケースが多いです。

まずはキーボードを一度取り外して再度接続し直してみて下さい。

また、再接続する際には、コネクタ部分に汚れやホコリなどが付着していないか確認し、問題があれば掃除して下さい。

対処2: ツーボタンシャットダウンを行う

Surfaceに通常の再起動では直らない内部的なトラブルが起きており、キーボードが認識できていないケースが考えられます。

Surfaceではツーボタンを使ったシャットダウンを行うと、電源を完全にオフにすることができ、内部的な問題を完全にリセットすることができます。

そのため、ツーボタンシャットダウンを行ってキーボードの問題を解決できないか確認してみて下さい。

Surfaceのツーボタンシャットダウンは、次の手順で行います。

  1. Surfaceにキーボードがしっかり接続できていることを確認します。
  2. 電源ボタンを30秒間押し続けて離します。
  3. 音量+ボタンと電源ボタンを同時に押し、15秒間押し続けます。
  4. ボタンを離して10秒以上放置します。
  5. 電源ボタンを押して電源を投入します。

Surfaceが起動できたら、キーボードが入力できない問題が解決していないか確認して下さい。

対処3: Surfaceのカバーを取り外す

Surfaceに取り付けているカバーが原因で、キーボードのコネクタがうまく接続できていないケースも考えられます。

特にSurfaceのモデルとカバーの対応モデルが異なっていると、キーボードの接続に問題が出ます。

そのため、Surfaceにカバーを取り付けている場合は、一旦取り外してキーボード入力が正常にできない確認して下さい。

カバーの設計に問題がある場合は、カバーの買い替えを検討して下さい。

対処4: Windows Updateを実行する

Windows側になんらかの不具合が発生しており、それによってキーボードが認識しなくなっている可能性も考えられます。Windowsの不具合修正はWindows Updateを利用して行われます。

したがって、以下の手順でWindows Updateを実行して最新の状態にしておきましょう。

  1. スタートボタンをクリックします。
  2. 設定ボタン(ギアマークのボタン)をクリックします。
  3. 左ビューから「Windows Update」をクリックします。
  4. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  5. 左ビューにある「Windows Update」をクリックします。
  6. 「更新プログラムの確認」をクリックします。
  7. 表示される指示に従ってインストールします。
  8. PCを再起動します。

PCの再起動が完了したら、キーボードの動作状況が直ったかどうかを確認してください。Windowsに問題がある場合は、これで直ることが多いので試してみる価値があります。

対処5: 簡単操作のキーボード機能を無効にする

Windowsの簡単操作のキーボード機能が原因で、Surfaceのキーボード入力に問題が起きるケースがあります。

そのため、次の手順で簡単操作のキーボード機能を無効化して下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「簡単操作」をクリックします。
  3. 左ペインで「キーボード」を選択します。
  4. 右ペインで、次の設定のスイッチとショートカットキーの許可を全て「オフ」に変更します。
    • 固定キー機能を使用する
    • 切り替えキー機能を使用する
    • フィルターキー機能の使用

設定が変更できたら、再度Surfaceのキーボード入力を確認して下さい。

対処6: キーボードデバイスを再起動する

キーボードのデバイスドライバーに一時的な問題が発生しており、キーボードが認識しないケースが考えられます。

そのため、次の手順にしたがってSurfaceのキーボードデバイスを一旦無効化し、再度有効化してみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」をクリックします。
  2. 「キーボード」のツリーを展開します。
  3. 「デバイスドライバー名」を右クリックして「デバイスを無効にする」を選択します。
    • タイプカバーの場合: Surface Hid Mini Driver、もしくはSurfaceタイプカバーフィルターデバイス
    • USBキーボードの場合: HIDキーボードデバイス
  4. 無効にした「デバイスドライバー名」を再度右クリックして「デバイスを有効にする」を選択します。
  5. デバイスマネージャーを閉じます。

上記の手順を試してもキーボードが認識しない場合は、次の手順のドライバーの再インストールを試してください。

対処7: デバイスドライバーを再インストールする

キーボードのデバイスドライバーに不具合が発生している可能性が高い場合は、一度再インストールするのもおすすめです。

キーボードのデバイスドライバーの再インストールは以下の手順で行ってください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」をクリックします。
  2. 「キーボード」のツリーを展開します。
  3. 「デバイスドライバー名」を右クリックして「デバイスのアンインストール」を選択します。
    • タイプカバーの場合: Surface Hid Mini Driver、もしくはSurfaceタイプカバーフィルターデバイス
    • USBキーボードの場合: HIDキーボードデバイス
  4. 確認が出たら「アンインストール」をクリックするとアンインストールが実行されます。
  5. 完了したらPCを再起動します。

PCを再起動すると不足しているデバイスドライバを自動的に認識し、ドライバーが再インストールされます。

再起動が完了したらキーボードの動作状況を確認してください。

対処8: デバイスドライバーを手動でインストールする

デバイスマネージャー上にキーボードデバイスが見つからない場合は、ドライバーの手動インストールを試してみて下さい。

  1. Microsoft公式ページの『Surface用のドライバーとファームウェアをダウンロードする』にアクセスします。
  2. 使用しているSurfaceのモデルのツリーを展開して、表示されるURLをクリックします。
  3. ドライバーとファームウェアのページが表示されるので「ダウンロード」をクリックします。
  4. ダウンロードするmsiファイルにチェックを入れて「Next」をクリックします。
    • msiファイルが複数ある場合は、ファイル名のバージョン番号が新しいファイルにチェックを入れて下さい。
  5. ダウンロードしたmsiファイルをダブルクリックして実行します。
  6. 案内に従ってドライバーのインストールを行います。

ドライバーが正常にインストールできたら、キーボード入力の問題が解決したか確認して下さい。

対処9: 高速スタートアップを無効にして再起動する

高速スタートアップ機能が原因でSurfaceのキーボードの認識に不具合が出るケースがあります。

そのため、高速スタートアップを無効にしてSurfaceを再起動して症状が解決しないか確認して下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「電源オプション」を選択します。
  2. 関連設定の「電源の追加設定」を選択します。
  3. 左ペインで「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。
  4. 上部にある「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。
  5. シャットダウン設定内にある「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外します。
  6. 「変更の保存」をクリックします。
  7. PCを再起動します。

以上で高速スタートアップを無効にした状態でSurfaceを起動できます。再起動が完了したらキーボードが正常に使えるようになったか確認してください。

対処10: キーボードのトラブルシューティングツールを実行する

Windowsのトラブルシューティングツールを実行することで、Surfaceのキーボードの問題が解決する可能性があります。

トラブルシューティングツールの実行手順は次の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左ペインから「トラブルシューティング」を選択します。
  4. 右ペインから「キーボード」を選択して「トラブルシューティングの実行」をクリックします
  5. トラブルシューティングツールが実行されるので、完了するまで待ちます。

トラブルシューティングが完了したら結果を確認し、問題があれば修正しましょう。修正が完了したらSurfaceのキーボードの動作状況を確認してください。

対処11: Surfaceをリセットする

ここまでの対処方法で解決しない場合は、Surfaceのシステムファイルが破損していることが考えられます。

そのため、Surfaceをリセットを行ってキーボードの問題が解決しないか試してみて下さい。Surfaceのリセット方法は、次のページを参考にしてください。

Surfaceをリセットする際は、事前にファイルのバックアップを取ってから行って下さい。

対処12: キーボードを交換する

Surfaceのリセットを試してもキーボードが反応しない場合は、キーボード自体が故障している可能性が考えられます。

そのため可能であれば、別のキーボードを接続するか、別のSurfaceに同じキーボード接続して動作状況を確認して下さい。

  • 別のキーボードが正常に認識する、別のSurfaceで同じキーボードが認識しない場合
    • キーボードの故障と判断できます。保証内であれば交換、保証外であれば買い替えを検討して下さい。
  • 別のキーボードを認識しない場合
    • Surfaceのキーボードの接続コネクタの故障が考えられます。本体の修理を検討して下さい。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)