CPU/メモリ負担が高い「wsappx」が重い時の停止/対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windowsを利用していると突然動作が重くなり、タスクマネージャーで確認すると「wsappx」のプロセスの負担が異常に高いケースがあります。

場合によっては、プロセスによるCPUやRAMの使用率やディスクアクセスが100%になることもあります。

この記事では、Windows10のPCで「wsappx」がCPUやメモリ・ディスクアクセスの負担が高く重い場合の対処法を紹介します。

wsappxとは

wsappxとは、MicrosoftストアのアプリケーションやMicrosoftストアからダウンロードしたプログラムの自動アップデートに関連するプログラムです。

タスクマネージャー上でwsappxのプロセスを展開すると、以下のプロセスが含まれています。

  • AppX Deployment Service(AppXSVC)
  • Client License Serivice(ClipSVC)
  • Windows Store Service(WSService)

wsappxは、Microsoftストアのアプリの自動アップデートが実行される時に重くなる傾向があります。場合によっては、wsappxがCPUやディスクアクセスを専有してしまいPC全体の動作が重くなるケースがあります。

停止や無効にできる?

wsappxが重い場合は、Microsoftストア関連のプロセスのため動作を停止することができます。

また、グループポリシーやレジストリを変更することで、wsappxの動作を完全に無効にすることもできます。

ただし、停止や無効化するとMicrosoftストアの自動アップデート機能が利用できなくなります。また、ストアアプリが正常に動作しなくなる点に注意して下さい。

Microsoftストアの機能やアプリを全く利用していない場合は、wsappxを停止しても影響はないです。

続いて、wsappxが重い時の対処法を紹介します。wsappxが重くなると再起動では解決しないことが多いので、紹介する対処法を試すことをおすすめします。

対処1: ストアアプリのトラブルシューティングを実行する

Windowsストアアプリに問題が起きており、プロセスの処理の負担が異常になるケースがあります。

そのため、Windowsストアアプリの問題を修復することでwsappxの負担が改善する可能性があります。

次の手順でWindowsストアアプリのトラブルシューティングの実行を試して下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左ペインで「トラブルシューティング」をクリックします。
  4. 右ペインで「Windowsストアアプリ」をクリックして「トラブルシューティングの実行」をクリックします。
  5. Windowsストアアプリの問題が自動で修復されます。

Windowsストアアプリに問題が修復できた場合は、タスクマネージャーでwsappxの負担が落ち着いたか確認して下さい。

対処2: Microsoftストアの自動アップデートを無効化する

wsappxはMicrosoftストアの自動アップデート関連のプログラムなので、自動アップデートを無効化することで動作状況が改善する可能性があります。

自動アップデートを無効化するための最も簡単な方法は次の通りなので、一度試してみてください。

方法1: Microsoftストアから無効にする

  1. Windowsボタンを押します。
  2. プログラム一覧から「Microsoft Store」を探して起動します。
  3. 右上のメニューボタン(・・・)をクリックして「設定」を選択します。
  4. 「アプリを自動的に更新」のスライダをOFFにします。

この設定を行うと自動アップデートが行われなくなります。ストアアプリのアップデートを行うときは、手動で行ってください。

方法2: グループポリシーから無効化にする

上記の方法で無効化できるのは設定時にログインしていたアカウントだけです。すべてのユーザーのストアアプリの自動アップデートを無効化したい場合は、グループポリシーで設定を行うことをおすすめします。

ただし、Windows10 Homeエディションの場合は設定できません。

グループポリシーでストアアプリの自動アップデートを無効化する場合は、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「gpedit.msc」と入力してEnterを押し、グループポリシーエディタを開きます。
  3. 左ビューで「コンピュータの構成」→「管理用テンプレート」→「Windowsコンポーネント」の順にツリーを展開します。
  4. 「ストア」をクリックします。
  5. 右ビューから「更新プログラムの自動ダウンロード及び自動インストールをOFFにする」を探し、ダブルクリックします。
  6. 左上にある「無効」にチェックをつけます。
  7. OKをクリックして完了です。

以上で同じPCを利用する全てのユーザーで自動アップデートが無効になるので、動作状況を確認してみてください。

対処3: Microsoftストアのアプリを無効化する

Microsoftストアを一切利用していない場合は、Microsoftストア自体を無効化する事もできます。

Microsoftストアが無効になっているとwsappxが動作しないため、CPUやメモリを専有することはありません。

方法1: グループポリシーで無効化する

グループポリシーの設定でMicrosoftストアの機能を無効化することができます。

ただし、Windows10 Homeエディションの場合は設定できない点に注意して下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「gpedit.msc」と入力してEnterキーを押して、グループポリシーエディタを開きます。
  3. 左ペインのツリーを次の順に展開して開きます。
    コンピューターの構成 → 管理用テンプレート → Windowsコンポーネント → ストア
  4. 右ペインで「MicrosftStoreアプリケーションをオフにする」をダブルクリックします。
  5. 「未構成」を「有効」に変更して「OK」をクリックします。
  6. PCを再起動します。

PCが再起動すると、Microsoftストアが無効になります。wsappxのプロセスが動作しないことを確認して下さい。

方法2: レジストリで無効化する

Microsoftストアの機能は、レジストリを変更することで無効にすることもできます。

レジストリの具体的な変更手順は次の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「regedit」と入力してEnterを押し、グループポリシーエディタを開きます。
  3. 左ペインのツリーを「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion」の順に展開します。
  4. 「SvcHost」をクリックします。
  5. 右ペインをチェックして「wsappx」をダブルクリックします。
  6. 表示されている文字列を以下のように変更します。
    NotFound
AppXSvc
  7. 「OK」をクリックします。
  8. PCを再起動して完了です。

以上の手順で、Microsoftストアを無効化することができます。念のためタスクマネージャーでwsappxの動作状況を確認して下さい。

対処4: Windowsの動作を軽くする

Microsoftストアではなく、その他のWindowsサービスやアプリが原因でwsappxの負担が重く感じるケースもあります。

普段からWindowsの動作が重い場合は、次のページを参考にしてWindowsの動作が改善できないか試してみて下さい。

対処5: RAMを増設する

PCに搭載されているRAM容量がそもそも小さいことが原因でwsappxが稼働すると重くなる場合は、RAMを増設することをおすすめします。

Windows10が快適に動作するためには、少なくとも4GB以上のメモリが必要です。

RAMの増設方法はマザーボードによって規格が異なるため、マザーボードのマニュアルを確認して適合するものを調達し、交換してください。

RAMの増設が難しい場合やPC自体が古い場合は、PCの買い替えを検討して下さい。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)