JoyToKeyを設定しても反応しない/使えない時の対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

JoyToKeyを使ってコントローラーの設定を行っても、キーマッピング設定がコントローラ操作に反映されず、ゲーム中でコントローラーが使えないケースがあります。

上記の問題は、全てのゲームで反応しない場合と一部のゲームだけ反応しないケースがあります。

本記事では、Windows10でJoyToKeyを設定してもコントローラーが反応しない時の対処法について紹介します。

比較的簡単に解決できることが多いので、困った時はこれから紹介する方法を参考に対処してみてください。

対処1: ゲームコントローラーの認識を確認する

ゲームコントローラーがWindowsで認識できておらず、JoyToKeyを設定しても反応しないケースが考えられます。

そのため、まずはPCに接続しているゲームコントローラーが認識できているか確認して下さい。

ゲームコントローラーの認識は、次の2つの方法で確認を行って下さい。

  1. 「Windowsマーク」→「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」の順に開きます。
  2. 「ハードウェアとサウンド」→「デバイスとプリンター」の順にページを開きます。
  3. 「ゲームコントローラー名」を右クリックして「ゲームコントローラーの設定」を選択します。
  4. 開いた「ゲームコントローラー」画面から、右下にある「プロパティ」をクリックします。
  5. 「テスト」タブを選択し、コントローラーの各ボタンを押して反応を確認します。

コントローラーのボタンを押すと各ボタンの色が変わる場合は、PCで正常にコントローラーを認識できています。JoyToKey側の問題が考えられるため、次の対処に進んでください。

ボタンが反応しない場合

ボタンの反応が無い場合は、PCでゲームコントローラーを認識できていません。そのため、次の方法を試してください。

  • ゲームコントローラーがPCに正しく接続されていることを確認してください。
    • 接続先のUSBポートを変更することで、ゲームコントローラーを認識できる可能性があります。
  • コントローラーによってはドライバーのインストールが必要な場合があります。
    • コントローラのメーカーサイトで最新版のデバイスドライバーをダウンロードしてインストールを行って下さい。
    • 必ずマニュアルを参照しながらセットアップを完了してください。
  • コントローラー以外の不要なUSBデバイスを全て取り外してみて下さい。

Windowsでゲームコントローラーを認識しないトラブルの対処方法は、次のページで詳しく解説しているので合わせて参考にして下さい。

対処2: JoyToKeyで認識できているか確認する

PCでゲームコントローラーを認識できていることを確認できたら、JoyToKeyの設定画面でコントローラーを認識できているか確認してください。

JoyToKeyのバージョンがv5.9以上であれば、次の手順でコントローラーの認識を確認できます。

  1. 上部メニューの「設定」→「全体設定」をクリックします。
  2. 「押されているボタンをハイライト表示する」機能が有効になっていることを確認します。
  3. JoyToKeyの設定画面を表示した状態でコントローラを操作します。
  4. 押したボタンに対応するボタン名がボタンリスト内で黄色くハイライトされます。

JoyToKey上で正常にボタンが反応する場合は、JoyToKey側でコントローラーを正常に認識できています。次の対処方法に進んでください。

ボタンが反応しない場合

ボタンが反応しない場合は、JoyToKeyでコントローラーを正しく認識できていないことが考えられます。

次の対処方法を行って、JoyToKeyの画面でコントローラーが認識するようにならないか確認して下さい。

  • 対処1: 右の「Options」タブをクリックして、ジョイスティックの「再検出」ボタンをクリックして下さい。
  • 対処2: コントローラーを複数接続している場合は、「設定したいジョイスティックの数」に接続しているコントローラーの数を入力して下さい。
  • 対処3: JoyToKey起動前にコントローラーを接続していなかった場合は、コントローラーを接続した状態でJoyToKeyを再起動して下さい。

対処3: JoyToKey・PCの再起動を試す

JoyToKeyやシステムに一時的な問題がおきており、JoyToKeyが正常に機能しないケースがあります。

そのため、JoyToKeyの再起動を行ってから、再度コントローラーが反応しないか確認してみて下さい。

JoyToKeyは、ウィンドウの×ボタンでは終了しないため、次のいずれかの方法で再起動します。

  • 方法1: JoyToKeyの上部メニュー「ファイル」→「終了」を選択します。再度JoyToKeyを起動します。
  • 方法2: タスクバー右側の「上矢印アイコン」→「JoyToKeyのアイコン」を右クリックして、「JoyToKeyを終了する」を選択します。再度JoyToKeyを起動します。

JoyToKeyの再起動でコントローラーの反応が改善しない場合は、PCの再起動を試してみて下さい。

対処4: JoyToKeyを管理者として実行する

一部のゲームでは、JoyToKeyを管理者として実行しないとコントローラーが機能しないことがあります。

JoyToKeyのアイコンを右クリックして「管理者として実行」を選択するか、次のように起動オプションを設定してください。

  1. JoyToKeyを終了します。
  2. 「JoyToKey」のショートカットアイコンを右クリックして、「プロパティ」を選択します。
  3. プロパティウィンドウが表示されます。「互換性」タブを開きます。
  4. 「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れます。
    • 「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れると正常に動作する場合もあります。
  5. 「適用」ボタンをクリックして設定を保存し、「OK」をクリックして設定を終了します。
  6. 「JoyToKey」を通常通りダブルクリックで起動します。

起動オプションの設定はやや手間がかかりますが、1度設定しておけば今後は「管理者として実行」を選択しなくてもJoyToKeyが自動で管理者として実行されるようになります。

JoyToKeyを頻繁に利用するのであれば起動オプションを設定しておくのがおすすめです。

対処5: ゲームを起動する前にJoyToKeyを起動しておく

アプリ・ゲームを起動する順番がJoyToKeyの動作に影響を及ぼすことがあります。

JoyToKeyを事前に起動してから、JoyToKeyを使用するゲームを起動してみてください。

また、ゲームによっては、逆にゲームを先に起動してからJoyToKeyを起動した方が良い場合もあるようです。

JoyToKeyを事前に起動していてもうまくいかない場合は、反対にゲーム→JoyToKeyの順に起動する方法も試してみてください。

対処6: JoyToKeyを最新版にアップデートする

JoyToKeyアプリのバージョンが古いと、バグなどが原因で正常に動作しないケースがあります。

使用しているJoyToKeyのバージョンは、「ヘルプ」→「JoyToKeyについて」で確認できます。

JoyToKeyのバージョンが古い場合は、最新のバージョンにアップデートを行ってから、コントローラーの動作を確認してみてください。

注意: バージョンによってはアンインストール時にコントローラの設定ファイルも一緒に削除されてしまうことがあります。アンインストールを行う場合は.cfgファイルを別のフォルダにバックアップしてからアンインストールしてください。.cfgファイルはJoyToKey.exeと同じフォルダか、ドキュメントフォルダ内の「JoyToKey」フォルダにあります。

JoyToKeyをアップデートするには、通常のインストールと同じ手順で上書きインストールします。

  1. 『公式のダウンロードページ』にアクセスして、新しいバージョンのダウンロードのリンクをクリックしてインストーラーをダウンロードします。
  2. ダウンロードした「JoyToKeySetup.exe」を起動します。
  3. ウィザードに従ってインストールを完了します。
    • インストールがうまくできない場合は、古いバージョンのJoyToKeyを終了してアンインストールしてから最新版のインストールを試して下さい。

以上の手順で、JoyToKeyをアップデートすることができます。JoyToKeyが最新になったら再度設定を行い、コントローラーが反応しないか確認してください。

対処7: ゲーム側のキーコンフィグを削除する

ゲーム側でゲームパッド設定が指定されているとJoyToKeyが正常に動作しないことがあります。

ゲーム・アプリ内で次のような設定に切り替えてみてください。

  • ゲームコントローラのボタン割り当てをカスタマイズしている場合は初期化する。
  • コントローラ操作モードではなく、キーボード・マウス操作モードに切り替える。
  • Steam上のゲームをプレイする場合は、SteamのBig Pictureモードでコントローラの設定を初期化する。

対処8: 設定ファイルが保存されていることを確認する

JoyToKeyの設定が保存できていないため、コントローラーが反応しないケースがあります。

JoyToKeyでは「ファイル」→「設定ファイルの保存」を実行しないと設定が保存されません。そのため、設定を変更した後は必ず設定ファイルを保存してください。

また、JoyToKeyのv6.3から設定ファイルの保存先が変更されています。v6.3よりも古いバージョンからアップデートする時は、古い「JoyToKey」フォルダを「ドキュメント」フォルダにコピーしてください。

設定ファイルの保存方法については、以下のJoyToKeyの公式ブログにて詳しい設定方法が解説されています。

解決しない時は

  • 複数のコントローラーを接続している場合は、1台のコントローラーだけでJoyToKeyが機能しないか確認してみて下さい。
  • コントローラの機種によってはJoyToKeyとの相性が悪い場合があります。複数のアプリやゲームで動作確認をすると原因が特定しやすくなります。
  • 最新版のJoyToKeyが正常に動作しない場合は、古いバージョンも試してみてください。旧バージョンは『公式のダウンロードページ』の下部にダウンロードリンクがあります。
  • 不正防止等の利用により、ゲームやアプリ側でJoyToKeyの機能がブロックされることがあります。
    • 特定のゲームでのみ使えないというような場合は、該当ゲームのサポートコミュニティ等でJoyToKeyを使っている他のプレイヤーがいないか、また同じような問題が発生していないか調べて下さい。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)