「デバイスまたはリソースが応答していません」の解決方法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10を使用していてネットワークのトラブルが発生した際に、ネットワーク診断を実行すると「コンピュータは正しく構成されていますが、デバイスまたはリソース (DNSサーバ/アドレス) が応答していません。」というエラーが検出済みとして表示されるケースがあります。

上記のエラーが表示されると、PCがインターネットに接続できない状態になっているため対処が必要になります。

今回は、Windows10で「デバイスまたはリソースが応答していません」のエラーが発生した時の対処法について紹介します。

「デバイスまたはリソースが応答していません」エラーが発生する原因

「デバイスまたはリソースが応答していません」のエラーが発生する場合、主に次の原因が考えられます。

  • ネットワークアダプターのドライバーに問題が起きている
  • IPアドレス、DNSサーバーの設定に問題がある
  • DNSサーバーに問題が起きている
  • 取得したIPアドレスに問題がある
  • DNSキャッシュに問題がある
  • セキュリティソフトが干渉している

上記の原因の中でも、ネットワークドライバーに問題が起きているケースが多いです。その他の原因としてIPアドレスやDNSサーバーに問題が起きていることが考えられます。

解決できる可能性の高い対処方法から紹介していくので、順に試してネットワーク診断のエラーが解消しないか確認してみてください。

対処1: ネットワークドライバーをアップデートする

Windows10に搭載されているネットワークドライバーに問題が起きており、それが原因でエラーが発生しているケースがあります。

特に古いバージョンのネットワークドライバーを利用している場合に起こりやすいため、ドライバーのアップデートを一度試してみてください。

ネットワークドライバーをアップデートする手順は次のとおりです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. 「ネットワークアダプター」のツリーを展開します。
  3. 「ネットワークアダプタ名」を右クリックして「ドライバーの更新」をクリックします。
    • ネットワークアダプタ名は、有線LANであれば「Ethernet」、Wi-Fiであれば「Wi-Fi」や「Wireless」の名前が含まれている場合が多いです。
  4. 「ドライバーを自動的に検索する」をクリックします。
  5. ウィザードにしたがってアップデートを完了させます。
補足: MSIやAsRockなど、一部のマザーボードメーカーはドライバーアップデート用のツールを提供しています。ドライバーアップデートツールがある場合は、ツールを使用してアップデートしてください。詳しい使い方については、メーカーのサイトなどで確認してください。

対処2: ネットワークドライバーを再インストールする

既にネットワークドライバーの最新版がインストールされている場合は、ドライバーを再インストールすることで問題が解決する可能性があります。

ネットワークドライバーを再インストールする手順は次の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. 「ネットワークアダプター」のツリーを展開します。
  3. 「ネットワークアダプター名」を右クリックして「デバイスのアンインストール」をクリックします。
  4. 警告ウィンドウが出たら、「このデバイスのドライバソフトウェアを削除します」にチェックを付けて「アンインストール」をクリックします。
  5. アンインストールが完了したらPCを再起動します。
  6. 再起動が完了するとネットワークアダプタがインストールされます。

Windows 10には足りないドライバを自動的にインストールする機能がついているため、再起動すると自動的にインストールされます。

デバイスマネージャに表示されたことを確認したら、エラーが発生しなくなったかを確認してください。

対処3: ネットワークドライバーをロールバックする

最新のネットワークドライバーに不具合があり、「デバイスまたはリソースが応答していません」のエラーが出ているケースが考えられます。

特にWindowsUpdateやネットワークドライバーのアップデートを行なった直後にエラーが出るようになった場合は、アップデートが原因であることが疑われます。

アップデート後にエラーが出るようになった場合は、ネットワークドライバーを以前のバージョンにロールバックすることで問題が解決する可能性があります。

ネットワークドライバーのロールバックを実行するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. 「ネットワークアダプター」のツリーを展開します。
  3. 「ネットワークアダプター名」を右クリックして「プロパティ」をクリックします。
  4. 「ドライバー」タブを開いて「ドライバーを元に戻す」をクリックします。
    • 「ドライバーを元に戻す」がグレーになっている場合は、前のバージョンのバックアップが存在しないため他の対処を行なってください。
  5. 案内に従ってドライバーのロールバックを完了します。

ネットワークドライバーをロールバックすることができたら、PCを再起動してエラーが解決したことを確認してください。

対処4: IPアドレスとDNSを自動取得に変更する

ネットワークアダプターのIPアドレスの設定に問題があり、ネットワーク診断の実行時に「デバイスまたはリソースが応答していません」のエラーが出るケースがあります。

次の手順で、ネットワークアダプターのIPアドレスの設定を確認して問題があれば変更してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ネットワーク接続」を選択します。
  2. 関連設定の「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。
  3. 「イーサネット」、もしくは「Wi-Fi」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
  4. 「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」を選択して「プロパティ」をクリックします。
  5. 「IPアドレスを自動的に取得する」、「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」のオプションを選択して「OK」をクリックします。

対処5: DNSサーバを変更する

IPアドレスとDNSサーバーを自動取得にしても問題が解決しない場合は、利用しているDNSサーバーに問題が起きているケースが考えられます。

そのため、DNSサーバーの問題を回避するために、次の手順で利用するDNSサーバーを変更してみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ネットワーク接続」を選択します。
  2. 関連設定の「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。
  3. 「イーサネット」、もしくは「Wi-Fi」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
  4. 「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)を選択します。
  5. 「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」を選択して「プロパティ」をクリックします。
  6. 「次のDNSサーバのアドレスを使う」オプションを選択して、入力欄に以下の情報を入力します。
    • 優先DNSサーバ: 8.8.8.8
    • 代替DNSサーバ: 8.8.4.4

    上記のDNSサーバーアドレスは、Googleが提供しているパブリックDNSです。

  7. 「OK」をクリックして完了です。

ネットワーク診断を実行して、エラーが解決したことを確認してください。

対処6: DNSキャッシュをクリアしてIPアドレスを再取得する

Windowsが保持しているDNSキャッシュに問題があり、正常にネットワークに接続できずエラーが出ているケースが考えられます。

また、ネットワーク上の問題でローカルIPが競合している場合にエラーが発生していることも考えられます。

そのため、次の手順でDNSキャッシュをクリアにしてから、ローカルIPを再取得してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を開きます。
  2. 以下のコマンドを順番に入力して1行ごとにEnterキーで実行します。
    ipconfig /flushdns
    ipconfig /release
    ipconfig /release6
    ipconfig /renew
  3. すべてのコマンドを実行したらWindows PowerShellを閉じて完了です。

コマンドが実行できたら、再度ネットワーク診断を実行してエラーが出ていないことを確認してください。

対処7: セキュリティソフトを一時停止する

一部の環境ではセキュリティソフトによって通信が遮断されて、ネットワーク診断で「デバイスまたはリソースが応答していません」のエラーが出るケースがあります。

特にセキュリティソフトをアップデートしたら突然エラーが発生するようになった場合などは、セキュリティソフトが原因として考えられます。

上記の問題が考えられる場合は、セキュリティソフトの機能を一時的に無効化した状態でネットワーク診断を実行してみてください。

セキュリティソフトを無効にする方法は、ソフトウェアによって異なります。利用しているセキュリティソフトの配布元のサイトや、マニュアルなどで確認してください。

一時停止して正常にネットワークに接続できるようになった場合は、セキュリティソフトの設定を変更して問題が解決しないか試してください。解決しない場合は、別のセキュリティソフトの使用を検討してください。

解決しない場合は

ここまでの全ての対処方法で解決しない場合は、次のページの対処方法も合わせて参考にしてください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)