Windows10 – DNSサーバーは応答していませんが頻発する時の解決方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10でインターネットを利用していると、DNSサーバーが応答しないというサーバーエラーが頻発することがあります。

DNSサーバーの応答がないと、Webサイトにアクセスすることもできませんし、ダウンロードをすることもできません。

この記事では、Windows10のパソコンで「DNSサーバーが応答しない」が頻発する時の対処方法を紹介しています。

対処1:無線LAN子機を挿し直す

Windows10では、一定時間使われていないデバイスへの電源供給を停止させる機能がはじめから有効化されています。

もしこの機能が働いて無線LAN子機への電源供給が止まってしまうと、インターネットに繋がらなくなるため、一瞬DNSサーバーが応答しないエラーが表示された後、「インターネットに接続できません」といったエラーが表示されることがあります。

最もシンプルな対処法は、無線LAN子機を挿し直すことですので、心当たりがある場合は一度試してみましょう。

対処2:USBセレクティブサスペンドを無効化する

対処1の紹介で触れた「一定時間使われていないデバイスへの電源供給を停止させる機能」とは「USBセレクティブサスペンド」のことを指しています。

この機能を無効化することで無線LAN子機との接続が切れず、DNSサーバーエラーが起きにくくなります。

USBセレクティブサスペンド機能を無効化するには以下の手順で行います。

  1. タスクバーのスタートメニュー右クリックして[電源オプション]をクリックします。
  2. 設定画面の右側を下にスクロールして[電源の追加設定]をクリックします。
  3. ⦿がついている電源プランの右側にある[プラン設定の変更]をクリックします。
  4. [詳細な電源設定の変更]をクリックします。
  5. [USB設定]をダブルクリックします。
  6. [USBのセレクティブサスペンドの設定]をダブルクリックします。
  7. [有効]を[無効]に変更します。
  8. [OK]を押して設定を変更します。

以上で、USBセレクティブサスペンドの設定が無効化されて、Windows10が起動し続ける限り、無線LAN子機との接続が切れることがなくなります。

ただし、Windows10に電源が入っている限り電源が供給され続けるため、わずかながら平均消費電力が増加します。

対処3:ルーターを再起動する

もし、Windows10以外でもDNSサーバーが応答しないエラーが起きる場合はルーターの電源を抜いて一定時間放電してみてください。

内部に溜まった過剰電力の影響で不具合が起きている場合、放電させた上で再起動することでDNSサーバーが応答しないライフ解決することがあります。

ルーターを再起動してから一定時間・数日はDNSサーバーが応答しないエラーが起きなくなるものの、ある程度使っていたらまたDNSサーバーが応答しないエラーが頻発するようになった場合は、対処4に進んでください。

対処4:ルーターは新しいものに買い換える

ルーターを再再起動してもある程度使っていたらまたDNSサーバーが応答しないエラーが頻発するようになる場合は、ルーター本体の側面を触って温度を確かめてください。

ルーター本体がかなり熱くなっていた場合、熱暴走を起こし、ルーター本来の性能を引き出すことが出来ずDNSサーバーが応答しないエラーが起きている可能性があります。

特に熱がこもる場所に置いているわけでもないのに熱くなってしまう場合は、ルーター本体の寿命が近づいている可能性があります。この場合は別の新しいルーターに買い替えて使ってみるようにしてください。

もしくは、レンタルしているルーターだった場合一度利用しているプロバイダなどに問い合わせてみるといいでしょう。

対処5:Windows10を再起動する

DNSサーバー応答しないエラーかどうかにかかわらず、困ったときはWindows10を再起動してみましょう。

Windows10は再起動することで一時的な不具合が解消されることがよくあるため、

ただし、再起動してもサーバーが応答しないエラーが頻発する場合は、一時的な解消にしかならないので、他の対処法を試してみてください。

対処6:パブリックDNSを設定する

パブリックDNSの設定をすることで、DNSサーバーが応答しないエラーが解消される可能性があります。

パブリックDNSの設定は以下の手順で行います。

  1. タスクバーのスタートメニューを右クリックして[設定]を選択します。
  2. [ネットワークとインターネット]をクリックします。
  3. 左メニューの[W-Fi]をクリックします。
  4. 下の方にある「関連設定」の[アダプターのオプションを変更する]をクリックします。
  5. 今現在接続しているWi-Fi・有線LANを右クリックして[プロパティ]を選択します。
  6. 出てきた項目から[インターネットプロトコルバージョン4]を探し出し、ダブルクリックします。
  7. プロパティウィンドウを開いたら[次のDNSサーバーのアドレスを使う]にチェックを入れます。
  8. 優先DNSサーバーに「8.8.8.8」。代替DNSサーバーに「8.8.4.4」を入力して[OK]をクリックします。

これでGoogleが提供しているパブリックDNSに接続されるようになり、DNSサーバーエラーが解決する可能性が高まります。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)