Steamのインストール中に「ディスク書き込みエラー」が出る時の対処 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Steamでゲームをインストールする際に、「インストール中にエラーが発生しました。(ディスク書き込みエラー)」のエラーが発生することがあります。

上記のエラーが発生するとゲームがインストールできない状態になってしまうため対処が必要です。また、ゲームのアップデート時にもディスク書き込みエラーが発生するケースもあります。

今回は、Windows10のSteamで「ディスク書き込みエラー」が発生する時の原因と対処法について紹介します。エラーが発生して困っている場合は、参考にしてみてください。

ディスク書き込みエラーが出る主な原因

Steamでゲームのインストール時やアップデート時にディスク書き込みエラーが出る場合、主に次のような原因が考えられます。

  • アプリケーション、フォルダのアクセス権限関連の問題
  • ドライブに書き込み保護が設定されている
  • ゲームファイルが破損している
  • Steamクライアントのアプリケーション、もしくは関連ファイルに問題がある
  • SSD/HDDのファイルシステムが破損している
  • セキュリティソフトが誤検知でディスクアクセスをブロックしている

Steamのクライアントやゲームのインストール先を別ドライブに変更している場合に発生しやすいトラブルです。

ただし、その他の原因も考えられるため、紹介する対処方法を順に試して、Steamのゲームが正常にインストール/アップデートできるようにならないか試してみてください。

対処1: PCを再起動する

突然ディスクの書き込みエラーが発生するようになった場合は、Steamもしくはシステムに一時的な問題が発生しているケースが考えられます。

システムやアプリケーションの一時的なエラーは、PCを再起動することで解決することが多いです。

そのため、まずは一度PCを再起動してみてください。再起動にSteamやゲームのインストールを試し、エラーがでないかどうかを確認してください。

対処2: Steamを管理者権限で実行する

Steamのアプリケーションやフォルダに操作権限がないことが原因で、ディスク書き込みエラーが発生するケースがあります。

権限が問題になっている場合は、Steamのアプリケーションとフォルダの権限設定を変更することで解決できる可能性があります。

そのため、次の手順でSteamのアプリケーションとフォルダの権限設定を変更してみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「エクスプローラー」を選択します。
  2. Steamをインストールしているフォルダの手前の階層に移動します。
    • デフォルトのインストール先「C:\Program Files (x86)\Steam」の場合は、「C:\Program Files (x86)\」に移動します。
  3. 「Steam」のフォルダを右クリックして「プロパティ」を選択します。
  4. 「全般」タブの属性に「読み取り専用(フォルダ内のファイルにのみ)」のチェックを外します。
  5. 「セキュリティ」タブを開いて、「編集」をクリックします。
  6. ユーザー一覧で「Windowsにサインインしているユーザー」を選択して、「フルコントロール」の「許可」にチェックを入れます。
  7. 「適用」をクリックして「OK」でダイアログを閉じます。
  8. 「Steam」のアプリアイコンを右クリックして「管理者として実行」をクリックします。
  9. ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。

以上の手順で、Steamのアプリケーションフォルダに権限を変更して、アプリを管理者権限で起動することができます。

管理者としてSteamを起動できたら、インストールもしくはアップデートを試してエラーが出ないか確認してください。

対処3: ドライブの書き込み保護を解除する

Steamのゲームのインストールフォルダを別ドライブに変更している場合、ドライブに書き込み保護が掛けられていることが原因でディスク書き込みエラーが発生します。

そのため、ドライブの書き込み保護設定を確認することで問題が解決する可能性があります。

ドライブの書き込み保護設定を解除するには、次の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を起動します。
  2. 次のコマンドを順番に入力してEnterキーで実行します。
    diskpart[code]
  3. diskpartが起動したら、次のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    [code]list disk
    • ディスクの一覧が表示されるので、Steamのゲームをインストールしているディスク番号を確認してください。
    • list diskコマンドでは、ドライブレターが表示されないため、表示される容量から該当するドライブのディスク番号を判断してください。
  4. ディスク番号が確認できたら、次のコマンドを実行して選択します。
    select disk 1 
  5. 次のコマンドを実行してドライブの書き込み保護設定を解除します。
    attributes disk clear readonly
  6. 「Disk arrtibutes cleared succesfully」のメッセージが表示されたら、書き込み保護の解除は完了です。Windows PowerShellを閉じます。

以上で、ディスクの書き込み保護が解除できます。再度Steamを起動して、ゲームのインストールやアップデートで書き込みエラーが発生するか確認してください。

対処4: Steamのキャッシュをクリアする

Steamのダウンロードキャッシュに問題が起きていることが原因で、ディスクの書き込みエラーが発生することがあります。

そのため、Steamのキャッシュを一旦クリアすることでエラーが解決する可能性があります。

Steamのダウンロードキャッシュをクリアするには、次の手順で操作します。

  1. 「Steam」のアイコンを右クリックして、「管理者として実行」を選択します。
  2. 左上の「Steam」→「設定」の順にクリックします。
  3. 左ペインから「ダウンロード」を選択します。
  4. 右ペインにある「ダウンロードキャッシュを削除する」をクリックします。
  5. 確認ポップアップが表示されたら「OK」をクリックします。

以上でSteamのダウンロードキャッシュを削除することができます。再度ゲームのインストールを実行して、書き込みエラーが解決したか確認してください。

対処5: ゲームファイルの破損を修正する

ゲームファイルの一部が破損していることが原因で、インストール/アップデート時にディスク書き込みエラーが発生するケースがあります。

そのため、ゲームファイルの修復を試して書き込みエラーが解決しないか確認してみてください。

ゲームファイルを修復するには、Steamのゲームファイルの破損を自動で修正できる整合性チェック機能を実行します。次の手順で操作してください。

  1. 「Steam」のアイコンを右クリックして、「管理者として実行」を選択します。
  2. 「ライブラリ」セクションをクリックします。
  3. 左側に表示されるゲームのリストから「インストール/アップデート時にエラーがでるタイトル」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
  4. 「ローカルファイル」タブをクリックします。
  5. 「ゲームファイルの整合性を確認」をクリックします。
  6. プロセスが完了するまで待ちます。

ゲームの生合成の確認が完了したら再度インストール、もしくはアップデートを実行して、エラーが修正されたか確認してください。

対処6: 0kbのゲームファイルを削除する

Steamによって生成された0KBのゲームファイルが原因で、ディスクの書き込みエラーが発生することがあります。

通常であればゲームファイルの整合性を確認の機能で問題が解決します。しかし、問題が解決しない場合は、次の手順で0KBのゲームファイルを手動で削除してみてください。

  1. Steamを起動している場合は終了します。
  2. 「Windowsマーク」を右クリックして「エクスプローラー」を選択します。
  3. Steamのゲームをインストールしているフォルダに移動します。
    • デフォルトのインストール先は、「C:\Program Files(x86)\Steam\steamapps\common」です。
  4. サイズが「0KB」のゲームファイルを右クリックして「削除」を選択します。

0KBのゲームファイルを削除できたら、再度Steamを起動してゲームのインストールを試してみてください。

対処7: Steamのログファイルを削除する

Steamのログファイルが破損していることが原因で、ディスク書き込みエラーが発生するケースがあります。

特に長期間Steamを使い続けていると稀に発生するケースがあります。

そのため、ログファイルを一旦削除することでエラーが解決する可能性があります。Steamのログファイルを削除するには、次の手順で操作してください。

  1. Steamを起動している場合は終了します。
  2. 「Windowsマーク」を右クリックして「エクスプローラー」を選択します。
  3. 次のSteamのログファイルがあるディレクトリに移動します。
    C:\Program Files (x86)\Steam\logs
  4. ディレクトリ内にあるすべてのファイルを選択して、右クリックして「削除」を選択します。

ログファイルの削除が完了したら、Steamを起動して書き込みエラーが発生しなくなったか確認してください。

対処8: Steamをの設定をリセットする

Steamの設定情報に問題があり、ディスク書き込みエラーが発生するケースがあります。

そのため、次の手順でflushconfigを実行してSteamの設定をリセットしてみてください。

  1. Steamを起動している場合は終了します。
  2. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  3. 「steam://flushconfig」と入力して「OK」をクリックします。
  4. リセットの警告が出た場合は「OK」をクリックします。
  5. Steamの設定がリセットされるとログイン画面が表示されます。

Steamの設定がリセットできたら、ログインをして再度ゲームのインストール/アップデートを実行してみてください。

対処9: デバイスドライバーをアップデートする

ハードウェアのデバイスドライバーに不具合があり、ディスク書き込みエラーが発生するケースがあります。

特にドライバーのバージョンが古い状態だと、ドライバーに問題がある場合があります。

そのため、デバイスドライバーを最新のバージョンにアップデートしてエラーが解決しないか確認してください。

最新のデバイスドライバーは、WindowsUpdateを実行することで自動でインストールすることができます。WindowsUpdateを実行するには次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 右ペインで「更新プログラムのチェック」をクリックして、更新プログラムがある場合はインストールしてください。
  4. Windowsが最新の状態になるまで、全ての更新プログラムをインストールしてください。

Windowsが最新の状態になったら、再度Steamでゲームのインストールを試してみてください。

対処10: 問題が起きているドライバーを再インストールする

ハードウェアのデバイスドライバーがエラーで正しく動作していないことが原因で、ディスク書き込みエラーが発生しているケースがあります。

そのため、次の手順でエラーが起きているデバイスドライバーを確認して、再インストールを試してみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を起動します。
  2. ツリーを展開して、「エラーの起きているドライバー」を右クリックして「デバイスのアンインストール」をクリックします。
    • エラーの起きているドライバーには、「!」マークが表示されます。
  3. 確認画面が表示されたら「アンインストール」をクリックします。
  4. エラーが出ているドライバーを全てアンインストールできたら、PCを再起動します。

PCを再起動すると、最新のデバイスドライバーが自動でインストールされます。再インストールができたら、Steamを起動してゲームのダウンロード、アップデートを試してみてください。

対処11: セキュリティソフトを一時停止する

PCにインストールされているセキュリティソフトのブロック機能が原因で、誤判定によってディスク書き込みエラーが発生するケースが考えられます。

特にサードパーティ製のセキュリティソフトを利用している場合にエラーが発生しやすいです。

そのため、セキュリティソフトを一時的に停止した状態で、ゲームのインストール、アップデートができないか試してみてください。

セキュリティソフトの停止方法は、ソフトウェアによって異なるため、メーカーのマニュアルページ等を参考にしてください。

エラーが解決した場合は、セキュリティソフトが原因になっていることが判断できるため、次の例外設定を行なってください。

ファイアウォールの例外にSteamを追加する

セキュリティソフトが原因でディスク書き込みエラーが発生している場合は、セキュリティの例外設定(もしくは除外設定)にSteamの実行プログラムを追加することでエラーを回避することができます。

例外設定の指定方法はセキュリティソフトによって異なるため、マニュアルを参考にしてください。

Windows10標準のWindowsセキュリティが原因の場合は、次の手順でSteamを例外設定に追加することができます。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左ペインで「Windowsセキュリティ」をクリックします。
  4. 右ペインで「ファイアウォールとネットワーク保護」をクリックします。
  5. 「ファイアウォールによるアプリケーションの許可」をクリックします。
  6. 右上の「設定の変更」をクリックします。
  7. 右下の「別のアプリの許可」をクリックします。
  8. 一覧で「Steam」の名前の左側のチェックボックスを「オン」にして、「プライベート」「パブリック」のチェックボックスを「オン」にします。
    • 一覧にSteamがない場合は、「参照」ボタンをクリックしてSteamをインストールしているフォルダを開きます。
      • デフォルトのインストール先はC:\Program Files (x86)\Steamです。
    • 「steam.exe」を選択して「OK」をクリックしてリストに追加します。
  9. 「OK」をクリックして設定完了です。

以上で例外設定は完了です。Steamを開いてゲームのインストールが正常に行えるかを確認してください。

対処12: Steamを再インストールする

Steamクライアントのアプリケーション自体に問題があり、ディスク書き込みエラーが発生するケースがあります。

そのため、ここまでの対処法を試してもエラーが直らない場合は、Steamクライアントの再インストールを試してみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「アプリと機能」を選択します。
  2. 右ペインで「Steam」を選択して「アンインストール」→「アンインストール」の順にクリックします。
    • 一覧にSteamがない場合は、関連設定の「プログラムと機能」をクリックしてください。
  3. ウィザードに従ってアンインストールを完了します。
  4. 『Steam公式サイト』にアクセスして、最新のインストーラーをダウンロードします。
  5. インストーラーを起動して案内に従って、通常の手順でインストールを完了します。

Steamクライアントが再インストールできたら、Steamにログインしてゲームが正常にインストールできるか確認してください。

対処13: ファイルシステムのエラーを修復する

PCのSSD/HDDのファイルシステムが不良セクタによって破損していることが原因で、ディスク書き込みエラーが発生するケースがあります。

ファイルシステムのエラーは、チェックディスクを実行すると修復できる可能性があります。チェックディスクの修復を実行するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を起動します。
  2. 次のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    chkdsk c: /f
    • Cドライブ以外のドライブにSteamやゲームをインストールしている場合は、指定するドライブを変更してください。Dドライブの場合は「chkdsk d: /f」になります。
  3. 再起動時に実行するかメッセージが出るので、「y」を入力してEnterキーを押します。その後PCを再起動してください。
    • システムドライブ以外(Dドライブ等)をチェックする場合は、確認メッセージはでません。
  4. ドライブのスキャンと修復が終わるまで待ちます。

チェックディスクでドライブの修復ができたら、再度Steamでゲームのインストールができないか試してください。

対処14: Steamを別のドライブにインストールする

Steamやゲームのインストール先のドライブを、別のドライブに変更することで、ディスク書き込みエラーが解決することがあります。

そのため、PCに別ドライブがある場合は、Steamとゲームのインストール先を変更してみてください。

Steamとゲームのインストール先を変更するには、次の公式ページを参考にしてください。

単純にSteamを再インストールして、インストール先を別ドライブに指定する方法でも問題ありません。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)