ブルースクリーン:BAD_POOL_CALLERの原因と対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のPCを利用していると、突然ブルースクリーンが発生して、「停止コード: BAD_POOL_CALLER(バグチェック値: 0x000000C2)」のエラーが発生することがあります。

上記のエラーは何度も繰り返し発生したり、エラー発生後にWindowsが起動しないケースがあるため対処が必要です。

今回は、Windows10で「BAD_POOL_CALLER」エラーが発生する原因と対処法を詳しく紹介します。頻繁にエラーが発生する場合は参考にしてみてください。

BAD_POOL_CALLERエラーが発生する原因

BAD_POOL_CALLERは、アプリケーションのプロセスやデバイスドライバーが不正なメモリ領域や存在しないメモリ領域を呼び出した際に発生するブルースクリーンエラーです。このエラーが発生する原因としては、主に次のことがが考えられます。

  • デバイスドライバーの不具合や破損
  • インストールしたアプリケーションがシステムプロセスに干渉している
  • セキュリティソフトがシステムプロセスに干渉している
  • システムファイルが破損している
  • ハードディスクのファイルシステムが破損している
  • 物理メモリが故障している

上記の原因の中でも、デバイスドライバーに問題が起きていることが原因で発生するケースが多いです。そのため、ハードウェアではなくソフトウェア関連に問題が起きていることが考えられます。

原因ごとの対処方法について順に紹介していくので、エラーが解決しないか検証していってください。

補足: Windowsが起動しない状態の場合は、電源ボタンで強制終了した後に『Windowsをセーフモードで起動』して紹介する対処を行なってください。

対処1: 原因のドライバーを検証する

BAD_POOL_CALLERのエラーが発生する主な原因は、デバイスドライバーに問題があることが考えられます。

そのため、まずはブルースクリーンを発生させている原因のドライバーを調べることをおすすめします。

ブルースクリーンの原因のドライバーは、ブルースクリーン画面の「失敗した内容: ドライバー名.sys」やダンプファイルを解析することで確認できる場合があります。

ブルースクリーンの原因のドライバーを調べる方法については、次のページで詳しく紹介しているので参考にしてください。

ブルースクリーンの「ドライバー名.sys」の内容だけで原因のドライバー名が分からない場合は、検索エンジンで検索することで何のドライバーなのか判断することができます。

エラーが発生しているドライバーを特定できたら、次の対処法に進んでドライバーのアップデートや再インストールを試してみてください。

対処2: デバイスドライバーをアップデートする

デバイスドライバーのバージョンが古く、不具合があったり互換性に問題があることが原因で、BAD_POOL_CALLERのブルースクリーンが発生するケースがあります。

そのため、問題があるドライバーを最新のバージョンにアップデートできないか試してみてください。ドライバーをアップデートするには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を起動します。
  2. ツリーを展開して、「問題のあるドライバー」を探します。
    • 原因のドライバーが不明の場合は、「!」マークが付いたエラーが出ているドライバーを探してください。
  3. 「問題のあるドライバー」を右クリックして「ドライバーの更新」をクリックします。
  4. 「ドライバーを自動的に検索」をクリックします。
  5. 新しいドライバーが見つかった場合は、自動的にアップデートされます。

デバイスドライバーをアップデートできた場合は、BAD_POOL_CALLERのブルースクリーンがその後発生しなくなったか様子を見てください。エラーが解決しない場合は、次の再インストールを行なってください。

対処3: デバイスドライバーを再インストールする

デバイスドライバーが破損していたり、適切なドライバーがインストールされていないことが原因で、BAD_POOL_CALLERのブルースクリーンが発生するケースがあります。

そのため、問題のあるデバイスドライバーをアンインストールして再インストールすることでエラーが解決する可能性があります。問題のあるドライバーを再インストールするには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を起動します。
  2. ツリーを展開して、「問題のあるドライバー」を探します。
    • 原因のドライバーが不明の場合は、「!」マークが付いたエラーが出ているドライバーを探してください。
  3. 「問題のあるドライバー」を右クリックして「デバイスのアンインストール」をクリックします。
  4. 警告ウィンドウが表示されたら、再度「アンインストール」をクリックします。
    • 正常に動作していないデバイスドライバーが複数存在する場合は、全てアンインストールしてください。
  5. PCを再起動します。

PCの再起動が完了すると、必要なドライバーが自動的にインストールされます。ドライバーの再インストールができたら、BAD_POOL_CALLERのブルースクリーンエラーが解決したか確認してください。

対処4: Windows Updateを実行して最新の状態にする

Windowsのシステムやドライバーに不具合がある場合、修正プログラムがWindows Update経由で配信されます。

そのため、更新プログラムをインストールしてWindowsを最新の状態にすることで、BAD_POOL_CALLERのエラーが解決する可能性があります。

特にWindows Updateをしばらくの間実行していない場合は、更新プログラムの適用が保留中になっているケースが考えられるため、一度アップデートを実行することをおすすめします、

WindowsUpdateを実行するには、次の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 右ペインで「更新プログラムのチェック」をクリックします。
  4. Windowsが最新の状態になったことを確認します。
    • 「再起動」や「ダウンロード」のボタンが表示されている場合は、クリックして更新プログラムを適用してください。

Windowsが最新バージョンにアップデートできたら、BAD_POOL_CALLERのエラーが解決したか確認してください。

対処5: サードパーティのセキュリティソフトを一時的にアンインストールする

サードパーティのセキュリティソフトなどをインストールしている場合、セキュリティ機能がシステムに干渉してBAD_POOL_CALLERのブルースクリーンを発生させる原因になることがあります。

そのため、セキュリティソフトを一度アンインストールした状態で動作状況を確認してみてください。セキュリティソフトをアンインストールすると、標準のWindowsセキュリティに切り替わります。

セキュリティソフトをアンインストールするには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「アプリと機能」を選択します。
  2. 右ペインのアプリ一覧で「セキュリティソフト」を選択します。
  3. 「アンインストール」→「アンインストール」の順にクリックします。
  4. アンインストールウィザードに従ってアンインストールを完了します。

アンインストールが完了したらPCを再起動して、BAD_POOL_CALLERのエラーが発生しないか様子をみてください。

エラーが発生しなくなった場合はセキュリティソフトが原因と判断できるので、他のセキュリティソフトを検討してください。

対処6: 直前にインストールしたアプリケーションをアンインストールする

セキュリティソフト以外のアプリケーションが原因で、BAD_POOL_CALLERのエラーが発生するケースがあります。

新しいアプリケーションをインストールした直後からエラーが発生するようになった場合は、最後にインストールしたアプリケーションをアンインストールしてエラーが解決しないか確認してください。

直前にインストールしたアプリケーションをアンインストールするには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「アプリと機能」を選択します。
  2. 右ペインのアプリ一覧の「並び替え:」をクリックして「インストール日付」で並び替えします。
  3. 日付を参考にして「直前にインストールしたアプリケーション」を選択します。
  4. 「アンインストール」→「アンインストール」の順にクリックします。
  5. アンインストールウィザードに従ってアンインストールを完了します。

アプリケーションのアンインストールが完了したら、エラーが発生しないか様子を見てください。

対処7: チェックディスクを実行する

ハードディスクのファイルシステムが破損していることが原因で、BAD_POOL_CALLERのエラーが発生することがあります。

そのため、ファイルシステムの修復を実行することでブルースクリーンエラーが解決できる可能性があります。ファイルシステムの修復を実行するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. コマンドプロンプトが表示されたら、次のコマンドを入力してエンターを押します。
    chkdsk c: /f
  3. 再起動時に実行するかどうか聞かれるので、「y」を入力してEnterを押します。
  4. PCを再起動します。PCが再起動すると、自動的にチェックディスクが実行されます。

ファイルシステムが修復できたら、BAD_POOL_CALLERのエラーが発生しなくなったか確認してください。

対処8: メモリ診断ツールを実行する

PCの物理メモリが故障していることが原因で、BAD_POOL_CALLERのブルースクリーンエラーが発生することがあります。

そのため、物理メモリに問題がないかメモリ診断ツールを実行してチェックしてみることをおすすめします。

メモリ診断ツールを実行するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」をクリックして、アプリ一覧から「Windows管理ツール」→「Windowsメモリ診断」の順に選択します。
  2. 「今すぐ再起動して問題の有無を確認する」をクリックします。
  3. メモリ診断が開始します。診断が完了するまで数分待ちます。
  4. メモリ診断が完了すると、自動でPCが再起動します。
  5. タスクバーにWindowsメモリ診断の結果が表示されます。

物理メモリに問題があった場合は、PCケースを開けて破損しているメモリを交換してください。物理メモリが複数ある場合は、1枚ずつ脱着してエラーが発生するメモリを特定して交換してください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)