「テストトーンの再生に失敗しました」の原因と対処 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のパソコンを使用していると、Windowsアップデート等のタイミングをきっかけに突然音声が出なくなってしまうことがあります。

原因を調べようとサウンドテストを試そうとすると、「テストトーンの再生に失敗しました」というエラーが表示する場合があります。

このエラーは、パソコンの再起動やミュートの解除のような簡単な方法で解決する可能性もありますが、解決できない場合が多いです。

本記事では、Windows10で「テストトーンの再生に失敗しました」エラーが出る原因と対処方法について詳しく解説します。

「テストトーンの再生に失敗しました」の原因

サウンドテスト時に「テストトーンの再生に失敗しました」のエラーが発生する場合、使用しているサウンドデバイスが正しく動作していないことが考えられます。

サウンドデバイスの動作に問題が起きる原因としては、主に次のことが考えられます。

  • サウンドデバイスの設定に問題がある
  • オーディオドライバーの不具合、破損
  • Windows Audioサービスが停止している
  • 他のアプリケーション、デバイスが干渉している

上記の原因は、Windowsアップデートや周辺機器の変更等で発生することがあります。

原因ごとの対処方法について紹介していくので、順にテストトーンの再生の問題が解決しないか確認してください。

対処1: サウンド出力デバイスを再設定する

サウンド出力デバイスの設定に問題があることが原因で、テストトーンの再生が失敗しているケースが考えられます。

サウンド出力デバイスの設定は、Windows Updateやオーディオ周辺機器の接続によって変更されているケースがあります。

そのため、次の手順でサウンド出力デバイスの設定を確認して、問題がある場合は変更してください。

  1. 「Windowsマーク」をい右クリックして「設定」を開きます。
  2. 「システム」をクリックします。
  3. 左のメニューより「サウンド」をクリックします。
  4. 「出力デバイスを選択してください」のセレクトボックスで、正しいサウンドデバイスを指定していることを確認します。
    • 誤ったサウンドデバイスを選択している場合は、セレクトボックスをクリックして正しいデバイスを指定します。
    • サウンド出力デバイスの一覧にデバイスが表示されない場合、下の「サウンドデバイスを管理する」をクリックして、無効になっているデバイスを有効にしてください。

正しいサウンド出力デバイスに変更した場合は、再度テストトーンの再生ができるか確認してみてください。

対処2: 既定のデバイスとして設定する

サウンドデバイスが既定のデバイス、既定の通信デバイスとして選択できていないことが原因で、テストトーンの再生に失敗するケースがあります。

そのため、次の手順で既定のデバイス、既定の通信デバイスを再設定してみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「システム」を選択します。
  2. 左ペインで「サウンド」をクリックします。
  3. 右ペインの関連設定で「サウンドコントロールパネル」をクリックします。
  4. 「再生」タブの一覧で「使用していない他のサウンドデバイス」を右クリックして「既定のデバイス」と「既定の通信デバイス」をそれぞれ選択します。
  5. 「使用しているサウンドデバイス」を右クリックして「既定のデバイス」と「既定の通信デバイス」をそれぞれ選択します。
    • サウンドデバイスが一覧にない場合は、一覧の何もない場所で右クリックして「無効なデバイスを表示」、「切断されているデバイスの表示」を選択してください。デバイスが表示されたら右クリックして「有効化」を選択します。

既定のデバイス、既定の通信デバイスを正しく再設定できたら、テストトーンの問題が解決したか確認してください。

対処3: サウンドのサンプルレートを変更する

サンプルレートを変更できるサウンドデバイスの場合は、サンプルレートの設定に問題があることが原因で、テストトーンが再生できないケースがあります。

そのため、サンプルレートの設定を変更してテストトーンが再生できない問題が解決しない確認してください。サンプルレートの設定を変更するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「システム」→「サウンド」と進みます。
  3. 「関連設定」の下にある「サウンドコントロールパネル」を開きます。
  4. 「サウンド」ウィンドウが開きます。「再生」タブの一覧から「使用しているサウンドデバイス」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
  5. プロパティウィンドウが開いたら「詳細」タブをクリックします。
  6. 「共有モードで使用されるサンプルレートとビットの深さを選択します」のセレクトボックスをクリックして、「32ビット、44100Hz(スタジオの音質)」などの他のサンプルレートに変更します。
  7. 「適用」ボタンをクリックして設定を保存します。

サンプルレートの設定を変更できたら、テストトーンの再生の問題が解決したか確認してください。解決しない場合は、サンプルレートの設定を元に戻して次の対処に進んでください。

対処4: サウンド拡張機能を無効にする

サウンドデバイスによっては、サウンド拡張機能が有効になっていることが原因で、テストトーンの再生が失敗するケースがあります。

そのため、サウンド拡張機能を無効化することで問題が解決する可能性があります。サウンド拡張機能を無効化するには、次の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を開きます。
  2. Windowsの設定で「システム」をクリックします。
  3. 左ペインで「サウンド」をクリックします。
  4. 右ペインの関連設定で「サウンドコントロールパネル」をクリックします。
  5. コントロールパネルが開いたら、「再生」タブの一覧から「使用しているサウンドデバイス」を選択して「プロパティ」をクリックします。
  6. 「拡張(Enhancements)」タブをクリックして開きます。
  7. 「すべてのサウンド効果をオフにする(Disable all enhancements)」にチェックを入れます。
  8. 「立体音響」タブを開きます。
  9. 「立体音響方式」のセレクトボックスをクリックして「オフ」に変更します。
  10. 「適用」ボタンをクリックして設定を保存します。

サウンドの拡張機能を無効化できたら、テストトーンが正常に再生できるか確認してください。

対処5: 排他モードを無効化する

サウンドデバイスの排他モードが有効になっていることが原因で、テストトーンの再生が失敗することがあります。

排他モードとは、1つのアプリケーションがサウンドデバイスをを占有して使用するための機能です。

テストトーンの再生に問題が起きている場合は、排他モードを無効化することで解決する可能性があります。排他モードを無効化するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を開きます。
  2. Windowsの設定で「システム」をクリックします。
  3. 左ペインで「サウンド」をクリックします。
  4. 右ペインの関連設定で「サウンドコントロールパネル」をクリックします。
  5. コントロールパネルが開いたら、「再生」タブの一覧から「使用しているサウンドデバイス」を選択して「プロパティ」をクリックします。
  6. 「詳細」タブをクリックして開きます。
  7. 「アプリケーションによりこのデバイスを排他的に制御できるようにする」にチェックを外します。
  8. 「OK」をクリックして設定を保存します。

サウンドデバイスの排他モードを無効化できたら、テストトーンの再生を試してみてください。

対処6: サウンドデバイスを再認識する

サウンドデバイスの一時的なエラーにより、テストトーンの再生ができないケースが考えられます。

そのため、サウンドデバイスを再認識することで問題が解決する可能性があります。サウンドデバイスを再起動するには、次の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. デバイスマネージャーが起動したら、「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー」のツリーをダブルクリックして展開します。
  3. 「オーディオドライバー名」を右クリックして「デバイスを無効にする」を選択します。
    • 使用しているデバイスのドライバー名が表示されない場合は、上部メニューの「表示」→「非表示のデバイスの表示」を選択してください。
  4. サウンドデバイスが無効になったら、再度右クリックして「デバイスを有効にする」を選択します。

以上の手順で、サウンドデバイスを再認識できたらテストトーンの再生の問題が解決したか確認してください。

対処7: オーディオドライバーを再インストールする

オーディオドライバーに問題があることが原因で、テストトーンの再生に失敗しているケースが考えられます。

そのため、オーディオドライバーを一旦アンインストールしてから再インストールすることで問題が解決する可能性があります。

オーディオドライバーを再インストールするには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. デバイスマネージャーが起動したら、「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー」のツリーをダブルクリックして展開します。
  3. 「オーディオドライバー名」を右クリックして「デバイスのアンインストール」を選択します。
    • オーディオドライバー名は、「Realtek High Definition Audio」など環境によって異なります。
  4. 確認メッセージが表示されます。「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します」にチェックを入れて「アンインストール」をクリックします。
  5. アンインストールが管理用したらデバイスマネージャーを閉じ、パソコンを再起動します。
  6. 再起動が完了すると、オーディオドライバーが自動に再インストールされます。

オーディオドライバーを再インストールできたら、テストトーンの再生ができるようになったか確認してください。再インストールで解決しない場合は、次の対処方法に進んでください。

対処8: 標準のオーディオドライバーをインストールする

Microsoft標準のオーディオドライバーをインストールすることで、テストトーンの問題が解決する可能性があります。

Microsoft標準のオーディオドライバーをインストールするには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. デバイスマネージャーが起動したら、「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー」のツリーをダブルクリックして展開します。
  3. 「オーディオドライバー名」を右クリックして「ドライバーの更新」を選択します。
  4. 「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索」をクリックします。
  5. 「コンピューター上の利用可能なドライバーの一覧から選択します」をクリックします。
  6. ドライバーの一覧で「High Definition Audioデバイス」を選択して「次へ」をクリックします。
    • 環境によってはその他のドライバーをインストールすると解決する場合があります。「High Definition Audioデバイス」のインストールで改善しない場合は、他のドライバーのインストールを試してみてください。
  7. 警告ダイアログが表示されたら「はい」をクリックします。
  8. 選択したオーディオドライバーがインストールされます。

標準のオーディオドライバーがインストールできたら、PCを再起動してテストトーンの再生ができるようになったか確認してください。

対処9: オーディオのトラブルシューティングツールを実行する

Windows10のオーディオ再生のトラブルシューティングツールを実行して、テストトーンが再生できない問題を解決できる可能性があります。

トラブルシューティングツールを実行することで、サウンドに関する問題が自動で検出されて修正されます。

サウンド再生のトラブルシューティングツールを実行するには、次の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を開きます。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左のメニューの中から「トラブルシューティングツール」をクリックします。
  4. ウィンドウの右側のトラブルシューティングツールの一覧で、「オーディオの再生」を選択して、メニューが展開されたら「トラブルシューティングツールの実行」をクリックします。
  5. トラブルシューティングツールが実行されます。
    • 設定の修正を求められた場合は、画面の指示に従って設定を変更してください。

サウンド再生のトラブルシューティングツールが実行できたら、テストトーンの再生の問題は解決したか確認してください。

対処10: サウンドのチャンネル設定を変更する

サウンドデバイスのチャンネル設定に問題があることが原因で、テストトーンの再生ができないことが考えられます。

サウンドのチャンネル設定による問題は、5.1以上のサラウンドシステムを使用している場合に発生することがあります。

そのため、次の手順でサウンドのチャンネルが正しく設定できているか確認してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「システム」を選択します。
  2. 左ペインで「サウンド」をクリックします。
  3. 右ペインの関連設定で「サウンドコントロールパネル」をクリックします。
  4. 「再生」タブの一覧で「使用しているサウンドデバイス」を選択して「構成」をクリックします。
  5. 5.1以上のサラウンドの場合は、「適切なサラウンド設定」を選択して「次へ」をクリックします。
    • 「テスト」をクリックして音声が正常に出るか確認することができます。

サウンドのチャンネルを正しく設定できたら、テストトーンの問題が解決したか確認してください。

対処11: Windows Audioサービスを再起動する

Windows AudioとWindows Audio Endpoint Builderのサービスの動作に問題が起きていることが原因で、テストトーンの再生に問題が起きていることが考えられます。

そのため、上記のサービスを一度停止してから再起動することで問題が解決する可能性があります。

サービスを再起動するには、次の手順で操作します。また、Windows Audioサービスのスタートアップ設定も同時に確認してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「services.msc」と入力して「OK」をクリックします。
  3. サービス管理ツールウィンドウが開きます。サービスの一覧から「Windows Audio」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
  4. 「全般」タブの中にある「スタートアップの種類」を「自動」に設定します。
  5. 「サービスの状態」の下にある「停止」ボタンをクリックしてから、「開始」ボタンをクリックします。
    • 「サービスの状態」が既に停止状態になっている場合はサービスが動作していませんので、「開始」をクリックしてサービスを起動してください。
  6. 「OK」をクリックしてプロパティウィンドウを閉じます。
  7. 続いて一覧から「Windows Audio Endpoint Builder」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
  8. 同様の手順で「スタートアップの種類」を「自動」に設定し、「停止」→「開始」の順にクリックします。
  9. 「OK」ボタンをクリックしてからサービス管理ツールを終了します。

Windows Audioサービスを再起動できたら、テストトーンの再生ができるようになったか確認してください。

対処12: オーディオ関連のアプリケーションをアンインストールする

音響効果機能を追加するアプリケーション(Dolby Access等)がインストールされていることが原因で、テストトーンの再生に失敗するケースが考えられます。

そのため、オーディオに関連するアプリケーションがインストールされている場合は、一旦アンインストールして問題が解決しないか確認してください。アンインストール手順は、次の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「アプリと機能」を選択します。
  2. 右ペインのアプリ一覧で、「オーディオ関連のアプリケーション」を選択します。
  3. 「アンインストール」→「アンインストール」の順にクリックします。
  4. 案内に従ってアンインストールを完了します。

オーディオに関連するアプリケーションがアンインストールできたら、テストトーンの問題が解決したか確認してください。

対処13: 不要なUSBデバイスを取り外す

サウンドデバイスをUSB接続で使用している場合は、PCに接続している他のUSBデバイスが原因で、テストトーンの再生に問題が起きるケースが考えられます。

そのため、サウンドデバイスとマウス、キーボードを除く不要なUSBデバイスを全て取り外してみてください。

全ての不要なUSBデバイスを取り外したら、念のためPCを再起動してからテストトーンの再生の問題が解決したか確認してください。

対処14: レジストリキーの権限を変更する

一部の環境では特定のレジストリキーの権限が不足していることが原因で、サウンドデバイスの認識に問題が起きて、テストトーンの再生に失敗するケースがあります。

そのため、次の手順でレジストリキーの権限を変更して問題が解決しないか試してみてください。*レジストリの変更を行う際は、必ずバックアップを取って行なってください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「regedit」と入力して「OK」をクリックします。
  3. レジストリエディタが開いたら次のキーにアクセスします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\MMDevices\Audio\Render
  4. 「Render」キーを右クリックして「アクセス許可」を選択します。
  5. グループ名またはユーザー名で「ALL APPLICATION PACKAGES」を選択して、「フルコントロール」の「許可」にチェックを入れます。
  6. グループ名またはユーザー名で「Users」を選択して、「フルコントロール」の「許可」にチェックを入れます。
  7. 「適用」→「OK」の順にクリックします。
  8. PCを再起動してレジストリ設定を反映します。

PCが再起動できたら、テストトーンの再生ができるようになったか確認してください。解決しない場合は、レジストリ設定をバックアップから復元してください。

対処15: システムの復元を実行する

WindowsUpdateやオーディオドライバーのアップデートが原因で、サウンドデバイスの動作に問題が起きて、テストトーンの再生に失敗するケースが考えられます。

アップデート後にテストトーンの再生に問題が起きた場合は、システムの復元を実行してWindowsを以前の状態に戻することで解決する可能性があります。

システムの復元を実行する手順については、次のページを参考にしてください。

システムの復元いよってテストトーンの問題が解決した場合は、不具合が修正されたオーディオドライバーが提供されるまでアップデートを控えてください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)