Siri(Hey Siri)が反応しない/起動しない時の対処法 – iPhone/iPad

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Siriが反応しない 起動しない

iPhone/iPadでは、「Hey Siri」と話しかけたり、ホームボタンまたはサイドボタンを長押しすることでSiriを起動することができます。

しかし、「Hey Siri」と話しかけたりホームボタンまたはサイドボタンを押しても、Siriが反応せず起動しないケースがあります。また、Siriが起動しても音声が聞こえないケースもあります。

本記事では、iPhone/iPadでSiriが反応しない・起動しない時の対処方法について詳しく紹介します。

対処1: Hey Siriを有効/再度有効にする

Siriの機能を有効にする

「Hey Siri」の音声認識でSiriを使用するには、機能を有効化して音声認識の初期設定を行う必要があります。

また、既にSiriの初期設定を行なっている場合でも、再度設定することで問題が解決する可能性があります。

Siriを有効または再度有効化して初期設定を行うには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「Siriと検索」をタップします。
  3. 「Hey Siriを聞き取る」と「ロック中にSiriを許可」のスイッチが「オン」になっている場合は、タップして両方を「オフ」に切り替えます。
  4. 「Hey Siriを聞き取る」のスイッチをタップして「オン」に切り替えます。
  5. 確認ポップアップが表示されたら「Siriに有効にする」をタップします。
  6. Hey Siriの設定が表示されたら「続ける」をタップします。
  7. 案内に従って、「Hey Siri」の音声認識を行います。
  8. 「Hey Siriの準備ができました」と表示されたら「完了」をタップします。
  9. 「ロック中にSiriを許可」のスイッチが「オン」になっていることを確認します。
    • この設定を有効にすると、iPhone/iPadがロック中の状態でも「Hey Siri」と話しかけるとSiriが起動します。
  10. 必要に応じて、「ホーム/サイドボタンを押してSiriを使用」のスイッチを「オン」に変更します。
    • この設定を有効にすると、ホームボタンまたはサイドボタンを長押ししてSiriを起動できます。

Hey Siriを有効化または再度有効化できたら、「Hey Siri」と話しかけてSiriが起動するようになったか確認してください。起動しない場合は、次の対処方法に進んでください。

対処2: iPhone/iPadを再起動する

iphone再起動

iOSのシステムに一時的な問題が起きていることが原因で、Siriが正常に反応しないケースが考えられます。

そのため、iPhone/iPadを一度再起動することで、Siriが起動しない問題が解決する可能性があります。iPhone/iPadを再起動するには、以下の手順で操作します。

  • iPhoneX以降: サイドボタンと音量調整ボタンを同時に長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。
  • iPhone8以前: サイドボタンを長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。
  • iPad(ホームボタン非搭載): サイドボタンと音量調整ボタンを同時に長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。
  • iPad(ホームボタン搭載): トップボタンを長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。

iPhone/iPadを再起動できたら、Siriの音声認識を行なって正常に起動するようになったか確認してください。再起動で解決した場合は一時的なシステムトラブルと判断できるため、そのまま使用して問題ありません。

対処3: インターネットの接続を確認する

Wifiとモバイル通信を有効 Ios

iPhone/iPadがインターネットに接続できていないことが原因で、Siriが反応しないケースが考えられます。

そのため、以下の手順でiPhone/iPadのモバイルデータ通信、またはWi-Fiが有効になっていることを確認してください。

  1. iPhone/iPadの右上の端から下方向にスワイプしてコントロールセンターを表示します。
    • ホームボタンを搭載しているiPhone/iPadの場合は、画面の下端から上方向にスワイプしてください。
  2. コントロールセンターが表示されたら、「モバイルデータ通信(アンテナアイコン)」と「Wi-Fi(電波アイコン)」のアイコンが「オン」になっていることを確認します。
    • アイコンに色が付いていない場合は「オフ」の状態のため、タップして「オン」に切り替えてください。

iPhone/iPadのモバイルデータ通信、またはWi-Fiを有効にできたら、「Hey Siri」の音声認識を試してみてください。

既にモバイルデータ通信、またはWi-Fiが有効になっている場合は、ネットワークの接続に一時的な問題が起きてるケースが考えられます。

ネットワーク接続の問題が考えられる場合は、続けて以下の手順で機内モードを「オン」にしてから「オフ」に切り替えてネットワークを再接続してください。

  1. コントロールセンターの「機内モード(飛行機アイコン)」をタップして「オン」に切り替えます。
  2. 再度「機内モード(飛行機アイコン)」をタップして「オフ」に切り替えます。

以上に手順で、iPhone/iPadがネットワークに再接続されます。ネットワークに再接続できたら、Siriの音声認識を試して正常に動作するようになったか確認してください。

対処4: Siriの音声の音量を上げる

Siriの音量を上げる

Siriの音声の音量が小さくなっていることが原因で、正常に動作していても音が聞こえないケースがあります。

Siriの音量は、iOSのシステム音量と別で管理されています。そのため、Siriの音量を確認して、音量が小さい場合は十分大きくしてください。

Siriの音声の音量を変更するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Hey Siri」と話しかけるか、「ホーム/サイドボタン」を長押ししてSiriを起動します。
  2. Siriの音声認識アイコンが表示された状態で、音量調整ボタンを押して音量を上げます。
    • Siriの音声認識アイコンが消えた状態で音量調整ボタンを押しても、システム音量の調整になってしまうため注意してください。

Siriの音声の音量を大きくできたら、Siriの音声認識を試して正常に音が聞こえるようになったか確認してください。

また、iPhone/iPadが消音モードになっていると、設定によってはSiriの音声が聞こえない場合があります。消音モードになっている場合は、消音モードのスイッチを切り替えて解除した状態で、Siriの音声認識を試してください。

対処5: Hey Siriを常に聞き取るをオンにする

Hey Siriを常に聞き取る

ロック中にSiriを許可している場合でも、iPhone/iPadによってはSiriが起動しないケースがあります。

具体的には、iPhone/iPadの画面が下向きになっていたり、ケースのカバーが閉じているとSiriは起動しません。

上記の状態でもSiriを起動できるようにするには、以下の手順で「Hey Siriを常に聞き取る」の設定を有効にしてください。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「アクセシビリティ」をタップします。
  3. 「Siri」をタップします。
  4. 「"Hey Siri"を常に聞き取る」のスイッチをタップして「オン」に切り替えます。

設定を変更できたら、Siriの音声認識を行なってSiriが反応するようになったか確認してください。

対処6: Siriの応答設定を変更する

Siri 応答の読み上げ 常に

Siriの応答の読み上げ設定で、Siriが音声で応答する状況を設定することができます。この応答設定によっては、消音モードなどの特定の状況下でSiriの音声が聞こえないケースがあります。

そのため、Siriの応答設定を変更することで、問題が解決する場合があります。Siriの応答設定を変更するには、以下の手順で操作します。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「Siriと検索」をタップします。
  3. 「応答の読み上げ」のオプションで「常に」をタップして選択します。

Siriの応答設定を変更できたら、Siriの音声認識を行なって正常に音声が聞こえるようになったか確認してください。

対処7: Siriの音声フィードバック設定を変更する

Siri 音声フィードバック 常に読み上げる

Siriの音声フィードバック設定によっても、消音モードなどの特定の状況下でSiriの音声が聞こえないケースがあります。

そのため、Siriの応答設定を変更しても音声が出ない場合は、音声フィードバック設定を確認してください。この設定を変更するには、以下の手順で操作します。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「アクセシビリティ」をタップします。
  3. 「Siri」をタップします。
  4. 音声フィードバックのオプションで「応答を常に読み上げる」を選択します。

Siriの音声フィードバック設定を変更できたら、Siriの音声認識を行なって正常に音声が聞こえるようになったか確認してください。

対処8: サウンド認識をオフにする

サウンド認識をオフにする Ios

iPhone/iPadのサウンド認識が有効になっていることが原因で、Siriが正常に反応しないケースがあります。

そのため、サウンド認識を「オン」にしている場合は、「オフ」に切り替えて問題が解決しないか確認してください。具体的な手順は以下の通りです。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「アクセシビリティ」をタップします。
  3. 「サウンド認識」をタップします。
  4. 「サウンド認識」のスイッチをタップして「オフ」に切り替えます。

サウンド認識を無効にできたら、Siriの音声認識を試してSiriが反応するか確認してください。

対処9: Siriのタイプ入力をオフにする

Siriにタイプ入力をオフ

ホーム/サイドボタンでSiriを起動するとタイプ入力の画面が表示されてしまう場合は、Siriのタイプ入力が有効になっていることが考えられます。

Siriのタイプ入力を無効にして音声入力を使用したい場合は、以下の手順で設定を変更してください。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「アクセシビリティ」をタップします。
  3. 「Siri」をタップします。
  4. 「Siriにタイプ入力」のスイッチをタップして「オフ」に切り替えます。

以上の手順でSiriのタイプ入力を無効にできます。ホーム/サイドボタンを押して音声認識のアイコンが表示されるようになったか確認してください。

対処10: コンテンツとプライバシーの制限を解除する

コンテンツとプライバシー制限をオフにする

スクリーンタイムのコンテンツとプライバシーの制限が有効になっていることが原因で、Siriが反応せず起動しないケースが考えられます。

そのため、スクリーンタイムの設定を確認して、コンテンツとプライバシーの制限を解除してください。具体的な手順は、以下の通りです。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「スクリーンタイム」をタップします。
  3. 「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。
    • 「スクリーンタイムをオンにする」が表示される場合は、スクリーンタイムが無効になっているため別の対処を試してください。
  4. 「コンテンツとプライバシーの制限」のスイッチを「オフ」に切り替えます。
    • スクリーンタイムのパスコードを設定している場合は、設定したパスコードを入力してください。

コンテンツとプライバシーの制限を解除できたら、再度Siriの音声認識を試してSiriが反応するか確認してください。

対処11: ネットワーク設定をリセットする

ネットワーク設定をリセットする

ネットワーク接続の設定に問題が起きていることが原因で、Siriが正常に反応しないケースが考えられます。

そのため、ネットワーク設定をリセットすることで問題が解決する可能性があります。ただし、ネットワーク設定をリセットするとWi-Fiを再設定する必要がある点に注意してください。

ネットワーク設定のリセットを試すには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「リセット」をタップします。
  4. 「ネットワーク設定をリセット」をタップします。
  5. iPhone/iPadのパスコードを入力します。
  6. 確認ポップアップが表示されたら、「ネットワーク設定をリセット」をタップします。
  7. iPhone/iPadが再起動するまで待ちます。

ネットワーク設定をリセットできたら、必要に応じてWi-Fiを設定してください。その後Siriの音声認識を行なって、正常に反応するようになったか確認してください。

対処12: 低電力モードをオフにする

停電力モードをオフにする

iPhone/iPadのバッテリー残量が少なくなっていて低電力モードが有効になっていると、バッテリー消費を削減する代わりに様々な機能が無効化されます。

この低電力モードが有効になっていることが原因で、Siriが正常に反応しないケースが考えられます。

そのため、低電力モードの状態を確認して有効になっている場合は無効にしてみてください。低電力モードを無効にする手順は、以下の通りです。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「バッテリー」をタップします。
  3. 「低電力モード」のスイッチを「オフ」に変更します。

以上の手順で低電力モードを無効にすることができます。低電力モードを無効にできたら、再度Siriの音声認識を行なって反応するか確認してください。

対処13: Siriの言語設定を変更する

Siriの言語設定を変更する

Siriの言語設定を変更してから元に戻すことで、Siriが反応しない問題が解決したことを一部のユーザーが報告しています。

そのため、Siriの言語を変更することで問題が解決する可能性があります。Siriの言語設定の変更を試す場合は、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「Siriと検索」をタップします。
  3. 「言語」をタップします。
  4. 「別の言語(英語など)」を選択し、「言語を変更」をタップします。
  5. 「元の言語(日本語)」を選択して元に戻します。

Siriの言語設定を変更して元に戻せたら、Siriの音声認識を行なって正常に反応するようになったか確認してください。

対処14: iOSを最新版にアップデートする

iOSのバージョンが古く不具合があることが原因で、Siriが正常に反応しなかったり起動しないケースが考えられます。

そのため、iOSの更新を確認して最新バージョンにアップデートすることで問題が解決する可能性があります。

iOSを最新版にアップデートするには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップします。
  4. 新しいアップデート情報が表示されたら、「ダウンロードしてインストール」をタップします。
  5. パスコードの入力画面が表示された場合は、iPhone/iPadのパスコードを入力します。
  6. 「今すぐインストール」をタップします。

以上の手順で、iOSを最新バージョンにアップデートすることができます。アップデートが適用できたら、再度Siriが反応しないか確認してください。

対処15: iPhone/iPadの設定をリセットする

すべての設定をリセットする

ここまでの対処方法を試してもSiriが起動しない場合は、iPhone/iPadの設定に何らかの問題があることが考えられます。

そのため、iPhone/iPadのすべての設定を一度リセットしてみてください。設定のリセットは、設定が初期状態に戻るだけでデータ等は消えません。

iPhone/iPadのすべての設定をリセットするには、以下の手順で操作します。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「リセット」をタップします。
  4. 「すべての設定をリセット」をタップします。
  5. iPhone/iPadのパスコードを入力します。
  6. 確認ポップアップが表示されたら、「すべての設定をリセット」をタップします。
  7. iPhone/iPadが再起動するまで待ちます。

iPhone/iPadのリセットが完了したら、『対処1: Hey Siriを有効/再度有効にする』と同じ手順でSiriの設定を行ってください。Siriの設定ができたら、音声認識を行なってSiriが正常に反応するようになったか確認してください。

設定をリセットしても直らない場合は、マイクなどのハードウェアの故障が疑われるので、Appleのサポートに連絡して診断・修理を依頼することをおすすめします。

コメントを残す

*