OBSのキャプチャ画面が真っ暗で映らない時の対処法 – Windows

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

OBS Studioでは、パソコンの画面上のPCゲームやアプリ、ゲーム機などの画面を簡単に配信・録画することができます。

しかし、画面/ウィンドウのキャプチャやゲームキャプチャを行おうとしても、画面が真っ暗なまま映らないケースがあります。

本記事では、OBS Studioでキャプチャした画面が映らない/表示されない問題の対処法について詳しく紹介します。対処内容は、Windows10/11を想定しています。

対処1: キャプチャソースを再登録する

OBS Studioに登録しているキャプチャソースの設定に問題があることが原因で、キャプチャした画面が映らないケースが考えられます。

また、適切なキャプチャソースを選択していないことが原因で、キャプチャする画面が正常に映らないケースも考えられます。

そのため、キャプチャソースの設定を一度削除してから再登録することで問題が解決する可能性があります。キャプチャソースを再登録するには、以下の手順で操作してください。

  1. OBS Studioを起動して、ウィンドウ下部にある「ソース」を確認します。
    • ソースが表示されている場合は、ソースの名前を選択→下にある「-」ボタンをクリックして全てのソースを一旦削除してください。
  2. ソースのリストが空になったら、「+」ボタンをクリックします。
  3. 「適切なソース」を選択します。
    • ゲームキャプチャ: 全画面やウィンドウモードのPCゲームの画面を配信します。
    • ウィンドウキャプチャ: 指定したウィンドウ内の画面を配信します。
    • 画面キャプチャ: 画面全体の内容を配信します。
    • 映像キャプチャデバイス: キャプチャーボードに接続したゲーム機の画面を配信します。
  4. 「新規作成」にチェックを入れて、「OK」をクリックします。
  5. 「ソース元(画面、デバイス、ウィンドウなど)」を指定して「OK」をクリックします。
    • ソース元の設定は、選択したソースによって異なります。

以上の手順で、キャプチャソースを再登録することができます。適切なソースを再登録できたら、OBSの中央に画面キャプチャが正常に表示されるようになったか確認してください。

対処2: OBSのグラフィック設定を変更する

PCに複数のグラフィックボードを内蔵している場合、OBS Studioで使用するグラフィックボードが異なることが原因で正常にキャプチャした画面が映らないケースが考えられます。

そのため、OBSで使用するグラフィックの設定を変更することで、問題が解決する可能性があります。OBSで使用するグラフィックの設定を変更するには、以下の手順で操作します。

  1. デスクトップの何もない場所を右クリックして「ディスプレイ設定」を選択します。
  2. 設定画面が表示されたら、「グラフィックの設定(またはグラフィック)」をクリックします。
  3. 「基本設定を指定するアプリを選択します(アプリを追加する)」のセレクトボックスで「クラシックアプリ(デスクトップアプリ)」を選択していることを確認します。
  4. 「参照」ボタンをクリックします。
  5. ファイルの選択画面が表示されたら、OBS Studioのインストール先フォルダ内にある「obs64.exe(またはobs32.exe)」を選択して「追加」をクリックします。
    • OBSのインストール先がデフォルトの場合は、以下のパスに実行ファイルがあります。
      • 64-bit版: C:\Program Files\obs-studio\bin\64bit\obs64.exe
      • 32-bit版: C:\Program Files\obs-studio\bin\32bit\obs32.exe
  6. 設定画面に「OBS Studio」が追加できたら、OBSのアイコンの下にある「オプション」ボタンをクリックします。
  7. 「省電力」を選択し、「保存」をクリックします。
    • 「省電力」で問題が解決しない場合は、「高パフォーマンス」に変更すると解決する場合もあります。

以上の手順で、OBS Studioで使用するグラフィックボードを変更することができます。変更ができたら、OBSを再起動して正常にキャプチャ画面が映るようになったか確認してください。

対処3: ゲームキャプチャの設定を変更する

OBSのソースでゲームキャプチャを選択している場合は、ゲームキャプチャの設定に問題があることが原因で画面が映らないケースがあります。

そのため、ゲームキャプチャの設定を変更して問題が解決しないか確認してください。ゲームキャプチャの設定を変更するには、以下の手順で操作してください。

  1. OBS Studioを起動して、ソースの一覧から「ゲームキャプチャ」を選択します。
  2. 以下のオプション設定のチェックを外して無効化します。
    • 「透過を許可」
    • 「キャプチャのフレームレートを制限する」
    • 「アンチチート互換性フックを使用する」
    • 「オーバーレイをキャプチャする」
  3. 「OK」をクリックして設定を保存します。

ゲームキャプチャの設定を変更できたら、ゲームをプレイして正常にキャプチャされるようになったか確認してください。

対処4: 全画面/ウィンドウモードを変更する

キャプチャする画面が全画面モードになっていることが原因で、正常にキャプチャが映らないケースがあります。

PCゲームの全画面モードの画面をキャプチャするには、ゲームキャプチャのソースを設定し、「フルスクリーンアプリケーションをキャプチャ」モードを選択する必要があります。

上記の設定にしても全画面モードのキャプチャができない場合は、ゲーム画面をウィンドウモードに切り替えてキャプチャができないか試してみてください。

対処5: OBSを管理者として実行する

OBS Studioの実行権限が不足していることが原因で、キャプチャする画面が正常に映らないケースが考えられます。

そのため、OBS Studioを管理者として実行して、問題が解決しないか確認してみてください。OBSを管理者として実行するには、以下の手順で設定してください。

  1. デスクトップ上の「OBS Studioのショートカットアイコン」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
  2. プロパティウィンドウが開いたら、上部の「互換性」タブをクリックして開きます。
  3. 「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れます。
  4. 右下にある「適用」ボタンをクリックしてから、「OK」ボタンをクリックします。

以上の手順で、デスクトップのショートカットアイコンをダブルクリックすることで、OBSを管理者として実行することができます。OBSを管理者として実行できたら、正常にキャプチャが映るようになったか確認してください。

対処6: OBSを互換モードで起動する

環境によってはOBS Studioを互換モードで起動することで、正常にキャプチャが映る可能性があります。

OBS Studioを互換モードで起動するには、以下の手順で設定を行ってください。

  1. デスクトップ上の「OBS Studioのショートカットアイコン」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
  2. 「互換性」タブをクリックして開きます。
  3. 中央付近にある「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れます。
  4. すぐ下にあるセレクトボックスをクリックし、「古いバージョンのWindows(Windows8など)」を選択します。
  5. 右下にある「適用」ボタンをクリックしてから「OK」ボタンをクリックします。

以上の手順で、デスクトップのショートカットアイコンをダブルクリックすることで、OBSを互換モードで起動できるようになります。

設定を変更したらOBSを再起動し、キャプチャの問題が改善したか確認してください。改善しない場合は、設定を元に戻して次の対処方法に進んでください。

対処7: ハードウェアアクセラレーションを無効にする

OBS Studioにブラウザの画面が映らない場合は、ブラウザのハードウェアアクセラレーションの設定が原因として考えられます。

そのため、ブラウザのハードウェアアクセラレーションを無効にして、問題が解決しないか確認してみてください。

ブラウザのハードウェアアクセラレーションを無効にする手順は、以下の通りです。

  • Microsoft Edge:
    1. Microsoft Edgeを起動して、右上にある「メニュー(…アイコン)」をクリックし、「設定」を選択します。
    2. 左のリストの「システム」をクリックします。
      • リストが表示されない時は、設定タブ画面の左上にある「メニュー(3本線アイコン)」をクリックしてみてください。
    3. 「使用可能な場合はハードウェアアクセラレータを使用する」の右にあるスイッチを「オフ」に切り替えます。
  • Google Chrome:
    1. Google Chromeを起動して、右上のメニューボタンをクリックし、「設定」を選択します。
    2. 左のリストにある「詳細設定」をクリックします。
      • リストが表示されない時は、設定タブ画面の左上にある「メニュー(3本線アイコン)」をクリックしてみてください。
    3. メニューが展開されたら、「システム」をクリックします。
    4. 「ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する」のスイッチを「オフ」に切り替えます。

上記以外のブラウザを使用している場合は、ブラウザのヘルプページ等を参考にしてください。

ブラウザのハードウェアアクセラレーションを無効化できたら、ブラウザを再起動してからOBS Studioでキャプチャができるようになったか確認してください。

対処8: OBSとWindowsをアップデートする

OBS StudioまたはWindowsのバージョンが古く不具合があることが原因で、キャプチャした画面が真っ暗で映らないケースが考えられます。

そのため、OBS StudioとWindowsを最新バージョンにアップデートすることで問題が解決する可能性があります。OBSとWindowsをアップデートするには、以下の手順で操作します。

  • OBSをアップデートする:
    1. OBS Studioを起動します。
    2. 上部のメニューより、「ヘルプ」→「更新の確認」を選択します。
    3. 「利用可能な更新があります」と表示されたら、下部にある「今すぐ更新」をクリックします。
    4. 更新が完了したら「Launch OBS」をクリックしてOBS Studioを再起動します。
  • Windowsをアップデートする:
    1. 「Windowsマーク」をクリックして「設定」を選択します。
    2. 「更新とセキュリティ(Windows Update)」をクリックします。
    3. 「更新プログラムのチェック」をクリックします。
    4. 新しい更新プログラムが提供されていた場合は、「ダウンロード」と「インストール」をクリックして適用します。

OBS StudioとWindowsをアップデートできたら、再度キャプチャをやり直して画面が映るようになったか確認してください。

対処9: インストール先フォルダのアクセス権限を許可する

環境によっては、OBS Studioのインストール先フォルダのアクセス権限が不足していることが原因で、キャプチャした画面が映らないケースが考えられます。

そのため、OBS Studioのインストール先フォルダに、フルコントロールのアクセス権限を追加することで問題が解決する可能性があります。

OBS Studioのインストール先フォルダにアクセス権限を追加するには、以下の手順で操作してください。

  1. エクスプローラーで「OBS Studio」のインストール先フォルダの1つ前の階層を開きます。
    • OBS Studioのデフォルトのインストール先は以下の通りです。
      • 64-bit版: C:\Program Files\obs-studio\
      • 32-bit版: C:\Program Files\obs-studio\
  2. 「obs-studio」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
  3. 「セキュリティ」タブを開いて、「編集」をクリックします。
  4. グループ名またはユーザー名の一覧で、「ALL APPLICATION PACKAGES」を選択します。
    • 一覧に存在しない場合は、「追加」をクリックして「詳細設定」→「検索」から「ALL APPLICATION PACKAGES」を選択して追加してください。
  5. 「フルコントロール」の「許可」にチェックを入れて「OK」をクリックします。
  6. 「OK」をクリックして設定を保存します。

OBS Studioのインストール先フォルダにアクセス権限を追加できたら、OBS Studioを再度起動してキャプチャの問題が解決したか確認してください。

対処10: OBSの設定をリセットする

ここまでの方法で解決しない場合は、OBS Studioの設定ファイルに何らかの問題が起きていることが考えられます。

そのため、OBS Studioの設定を一度リセットして問題が解決しないか確認してみてください。ただし、全ての設定が初期状態に戻るため、念の為バックアップを作成することをおすすめします。

OBS Studioの設定をリセットするには、以下の手順で操作してください。

  1. OBS Studioが起動している場合は終了しておきます。
  2. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
    • または、「Windows + R」キーを入力することでも同様の操作ができます。
  3. 「%localappdata%」と入力して「OK」をクリックします。
  4. エクスプローラーが開いたら、アドレスバーで「AppData」をクリックします。
  5. 「Roaming」→「obs-studio」の順にフォルダを開きます。
  6. 「basic」フォルダと「global.ini」をコピーして、別のフォルダにバックアップとして保存しておきます。
  7. 「basic」フォルダと「global.ini」をそれぞれ右クリックして「削除」を選択します。

以上の手順で、OBS Studioの設定をリセットすることができます。リセットができたら、OBSを起動し直して、必要な設定を行ってキャプチャが正常にできるようになったか確認してください。

リセットした後で設定を元に戻したくなった場合は、バックアップしたファイルとフォルダを同一の場所に戻すことで復元できます。

コメントを残す

*