KERNEL_MODE_HEAP_CORRUPTIONの対処法 – Windows10/11

WindowsのPCでゲームやアプリの起動時、起動中に突然KERNEL_MODE_HEAP_CORRUPTIONのブルースクリーンエラーが発生することがあります。

このブルースクリーンエラーは、グラフィックドライバーなどのドライバーのアップデートやWindowsUpdateの実行によって頻繁に発生するようになることが多いです。

本記事では、Windows10/11でKERNEL_MODE_HEAP_CORRUPTIONのブルースクリーンが発生する時の対処法について詳しく紹介します。

対処1: デバイスドライバーをロールバックする

デバイスドライバーをアップデートしたことが原因で、KERNEL_MODE_HEAP_CORRUPTIONのブルースクリーンが発生するケースがあります。この問題は、特にグラフィックドライバーのアップデート後に発生しやすいです。

デバイスドライバーのアップデート後にブルースクリーンが発生するようになった場合は、最新バージョンのドライバーに不具合があることが考えられます。

そのため、デバイスドライバーのバージョンをロールバックして問題が解決しないか確認してみてください。デバイスドライバーをロールバックするには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. ツリーを展開して「原因として疑われるドライバー名」を探します。
  3. 「原因として疑われるドライバー名」が見つかったら、右クリックして「プロパティ」を選択します。
  4. プロパティウィンドウが表示されたら、「ドライバー」タブを開きます。
  5. 「ドライバーを元に戻す」をクリックします。
    • ボタンがグレーアウトしてロールバックできない場合は、次の対処方法を試してください。
  6. 確認ダイアログが表示されら「はい」をクリックすると、ロールバックが実行されます。
  7. ロールバックが完了したらデバイスマネージャーを終了し、パソコンを再起動します。

問題が起きているドライバーをロールバックできたら、ブルースクリーンが発生しなくなったか確認してください。

対処2: デバイスドライバーをアップデートする

使用しているデバイスドライバーのバージョンが古く不具合があることが原因で、KERNEL_MODE_HEAP_CORRUPTIONのブルースクリーンが発生するケースも考えられます。

そのため、原因のデバイスドライバーを特定して、ドライバーを最新バージョンにアップデートすることで問題が解決する可能性があります。ドライバーをアップデートするには、以下の手順で操作してください。

  1. ブルースクリーンの問題の原因になっているデバイスドライバーを特定します。
  2. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  3. ツリーを展開して「原因のドライバー名」を探します。
  4. 「原因のドライバー名」が見つかったら、右クリックして「ドライバーの更新」を選択します。
  5. 「ドライバーを自動的に検索」をクリックします。
  6. 新しいドライバーが見つかった場合は、自動でインストールが実行されます。
    • 補足: ドライバーがアップデートができない場合は、PCまたはデバイスのメーカーの製品ページにアクセスして、最新のドライバーファイルをダウンロードして手動でインストールしてください。

デバイスドライバーをアップデートできたら、PCを再起動してからブルースクリーンが発生しなくなったことを確認してください。

対処3: 問題が起きるアプリを特定して対処する

起動しているアプリケーションの機能の競合によって、KERNEL_MODE_HEAP_CORRUPTIONのブルースクリーンが発生するケースが考えられます。

そのため、起動中のアプリ(バックグラウンドも含めた)を一度全て終了した状態で問題が解決するか確認してください。

  • 起動中のアプリを終了する:
    • アプリウィンドウの右上の「×アイコン」をクリックするか、タスクバーの「アプリアイコン」を右クリックして「すべてのウィンドウを閉じる」を選択します。
  • バックグラウンドで起動中のアプリを終了する:
    1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
    2. 設定ウィンドウが開いたら、「アプリ」をクリックします。
    3. 「スタートアップ」をクリックします。
    4. アプリ一覧が表示されたら、スイッチを「オフ」に切り替えます。
    5. PCを再起動して設定を反映します。

全てのアプリを終了できたら、その状態でブルースクリーンが発生するか確認してください。問題が解決した場合は、起動していたアプリに原因があると判断できます。

アプリに原因がある場合は、終了したアプリを1つずつ再度起動してブルースクリーンの原因になっているアプリを特定してください。ブルースクリーンの原因になっているアプリが見つかったら、アプリをアンインストールするか、アプリのスタートアップを無効にしてください。

アプリをアンインストールまたは無効にしたくない場合は、アプリの優先度を下げると問題が解決する可能性があります。アプリの優先度を下げるには、以下の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「タスクマネージャー」を選択します。
  2. 「詳細」タブを開いて、一覧から「原因のアプリの実行ファイル名」を右クリックします。
    • 簡易表示になっている場合は、右下の「詳細」をクリックしてください。
  3. 「優先度の設定」→「低」を選択します。
  4. 確認ダイアログが表示されたら、「優先度の変更」をクリックします。

優先度の設定を変更できたら、ブルースクリーンの問題が発生しなくなったか確認してください。

対処4: システムファイルを修復する

Windowsのシステムファイルが破損していることが原因で、KERNEL_MODE_HEAP_CORRUPTIONのブルースクリーンが発生するケースが考えられます。

そのため、システムファイルを修復することで、ブルースクリーンの問題が解決する可能性があります。システムファイルを修復するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
    • Windows11の場合は、「Windowsターミナル(管理者)」を選択します。
  2. PowerShellウィンドウが開いたら、以下のコマンドを入力してEnterキーを押します。
    sfc /scannow
  3. システムファイルの問題が検出され自動で修復されます。コマンドの処理が完了するまで待ちます。
  4. 続いて、以下のコマンドを入力してEnterキーを押します。
    DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
  5. 進捗のゲージが100%になったら、PowerShellウィンドウを閉じます。

システムファイルを修復できたら、ブルースクリーンが発生しなくなったか確認してください。

対処5: メモリ診断を実行する

PCに搭載している物理メモリ(RAM)に問題が起きていることが原因で、KERNEL_MODE_HEAP_CORRUPTIONのブルースクリーンが発生するケースが考えられます。

そのため、Windowsのメモリ診断を実行して、物理メモリに問題がないか確認してください。Windowsのメモリ診断を実行するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックし、「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「mdsched.exe」と入力して「OK」をクリックします。
  3. メモリ診断が起動したら「今すぐ再起動して問題の有無を確認する」をクリックします。
    • PCが作業の途中の場合は、「次回のコンピュータ起動時に問題の有無を確認する」をクリックして下さい。その後、ファイルの保存などを行って準備が完了したらPCを再起動しましょう。
  4. メモリ診断が開始します。診断が完了するまで数分待ちます。
  5. メモリ診断が完了すると、自動でPCが再起動します。
  6. タスクバーにWindowsメモリ診断の結果が表示されます。

物理メモリに異常が見つかった場合は、正常なメモリに交換してブルースクリーンが発生しなくなったことを確認してください。物理メモリを複数搭載している場合は、問題の起きているメモリのみを取り外した状態でも起動して動作確認できます。

対処6: Windowsを初期化する

ここまでの対処方法を試してもブルースクリーンが解決しない場合は、Windowsを初期化することを検討してください。

初期化する際に、個人データを個人データを引き継ぐオプションを選択することで、デスクトップやマイドキュメント内のデータを引き継いだまま初期化することもできます。ただし、アプリと関連データは削除されてしまう点に注意してください。

Windowsを初期化する手順については、以下のページを併せて参考にしてください。

Windowsを初期化してもブルースクリーンが再発する場合は、ハードウェアの異常な発熱や故障が考えられます。ハードウェアの故障等が考えられる場合は、PCの修理・買い替えをすることを検討してください。

コメントを残す

*