AirPodsの音量が小さい/小さくなる時に大きくする方法

iPhoneまたはiPadにAirPodsを接続して動画や音楽を聴いていると、音量が小さく聞こえたり、音量が小さくなるケースがあります。

音量が小さくなる問題は、両耳のAirPodsで発生することもありますが、左右片方だけのAirPodsで発生する場合もあります。

本記事では、AirPodsの音量が小さい/小さくなった時に大きくするための対処法について詳しく紹介します。

対処1: AirPodsの音量を調整する

AirPodsの音量設定が単純に小さくなっていることが原因で、音量が小さく感じるケースがあります。

AirPodsの音量は、iPhoneまたはiPad側で調整することができます。AirPodsの音量を上げるには、以下の手順で操作してください。

  1. 画面の右上端から下方向(ホームボタン搭載モデルは下端から上方向)にスワイプしてコントロールセンターを表示します。
  2. 「AirPodsの音量スライダー」を上にドラッグして音量を上げます。

AirPodsの音量設定を大きくできたら、音楽を再生して聴こえる音量が大きくなったか確認してください。

AirPodsの音量設定を上げても音量が小さい場合は、以降の対処を試してみてください。

対処2: AppleMusicの音量の自動調整をオフにする

AppleMusicで音楽を再生している際にAirPodsの音量が小さくなる場合、AppleMusicの音量の自動調整またはイコライザーの機能が原因として考えられます。

そのため、AppleMusicでAirPodsの音量の問題が発生する場合は、音量の自動調整またはイコライザーの機能をオフにしてみてください。AppleMusicの音量の自動調整またはイコライザーをオフにするには、以下の手順で操作します。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「ミュージック」をタップします。
  3. 「音量を自動調整」のスイッチを「オフ」に切り替えます。
    • 問題が解決しない場合は、「イコライザー」をタップして「オフ」を選択してください。

AppleMusicの音量の自動調整またはイコライザーをオフにできたら、音楽を再生してAirPodsの音量が小さくなる問題が解決したか確認してください。

対処3: ヘッドフォンの安全性機能を無効にする

iPhoneまたはiPadには、聴力の低下を防止するためにヘッドフォンの安全性機能が搭載されています。

この機能がオンになっていると、AirPodsの最大音量が制限されて音量が小さく聴こえる場合があります。

ヘッドフォンの安全性機能を無効にしてAirPodsの音量を上げたい場合は、次の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「サウンドと触覚」をタップします。
  3. 「ヘッドフォンの安全性」をタップします。
  4. 「大きな音を抑える」のスイッチを「オフ」に切り替えます。

ヘッドフォンの安全性機能を無効にできたら、音楽を流してAirPodsの音量が大きくなったか確認してください。

対処4: AirPodsの音量設定を修正する

AirPodsの音量設定に問題が起きていることが原因で、AirPodsが最大音量にならず小さく聴こえるケースが報告されています。

この問題は、iPhoneまたはiPadの音量設定を最小音量にしてからAirPodsを再接続することで解決できます。AirPodsの音量設定を修正するには、以下の手順で操作してください。

  1. 画面の右上端から下方向(ホームボタン搭載モデルは下端から上方向)にスワイプしてコントロールセンターを表示します。
  2. 「AirPodsの音量スライダー」を一番下までドラッグして最小音量にします。
  3. コントロールセンター内の「Bluetoothアイコン」をタップして「オフ」に切り替えます。
  4. ミュージックアプリやSafariなどで適当な音楽を再生した状態にします。
  5. 再度コントロールセンターを表示して「スピーカーの音量スライダー」を一番下までドラッグして最小音量にします。
  6. コントロールセンター内の「Bluetoothアイコン」をタップして「オン」に切り替えます。
  7. AirPodsが接続されたら、「AirPodsの音量スライダー」をドラッグして適切な音量に調整します。

以上の手順で、AirPodsの音量設定の問題を修正することができます。音量を調整できたら、AirPodsから正常な音量で音楽が聴こえるようになったか確認してください。

対処5: 左右のオーディオバランスを修正する

左右片方のAirPodsからの音量が小さい場合は、左右のオーディオバランスの設定に問題があることが考えられます。

そのため、設定アプリを開いて左右のオーディオバランスの設定に問題がないか確認してください。左右のオーディオバランスを確認するには、以下の手順で操作します。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「アクセシビリティ」をタップします。
  3. 「オーディオ/ビジュアル」をタップします。
  4. バランスの「左右のスラーダー」が中央になっているか確認します。

左右のオーディオバランスを修正した場合は、修正後に両方のAirPodsから正常に音量が出るようになったか確認してください。

対処6: 低電力モードを解除する

iPhoneまたはiPadの低電力モードが有効になっていると、アプリによっては音量が下がってしまう場合があります。

そのため、低電力モードを解除することで、AirPodsの音量が正常になる可能性があります。低電力モードを解除するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「バッテリー」をタップします。
  3. 「低電力モード」のスイッチを「オフ」に切り替えます。

低電力モードを解除できたら、音楽を流してAirPodsの音量が正常に戻ったか確認してください。

対処7: AirPodsを充電する

AirPodsのバッテリーが少なくなっていると、誤動作によって音量が小さく聴こえるケースが考えられます。

そのため、AirPodsを十分充電した状態で問題が解決しないか確認してください。AirPodsを充電するには、以下の手順で操作します。

  1. AirPodsをケースから取り外して、ステータスランプが緑色に点灯していることを確認します。
    • ステータスランプがオレンジ色に点灯している場合はケースの充電が不足しているため、ケースにLightningケーブルを接続して充電してください。
  2. AirPodsをケースに入れてフタを閉めます。
  3. そのままの状態で充電が完了するまで待ちます。
    • AirPodsの充電が完了すると、ステータスランプが緑色に点灯します。

AirPodsを十分充電できたら、音楽を再生して正常な音量が出るようになったか確認してください。

対処8: AirPodsを再度ペアリングする

AirPodsとiPhoneまたはiPadのペアリングに問題が起きていることが原因で、AirPodsの音量が小さく聴こえるケースが考えられます。

そのため、AirPodsのペアリングをやり直すことで問題が解決する可能性があります。AirPodsを再度ペアリングするには、以下の手順で操作してください。

  1. iPhone/iPadで「設定」アプリを開きます。
  2. 「Bluetooth」をタップします。
  3. デバイスの一覧で「AirPods」を探して「iアイコン」をタップします。
  4. 「このデバイスの登録を解除」をタップします。
    • 確認ポップアップが表示されたら、「このデバイスの登録を解除」をタップします。
  5. AirPodsをケースに入れた状態でフタを閉めます。
  6. ケースのフタを開けて、iPhoneを近くに置きます。
  7. ケース背面の「セットアップボタン」をステータスランプが白色に点滅するまで押し続けます。
  8. iPhone/iPadの画面にAirPodsのアニメーションが表示されたら「接続」をタップします。
  9. 案内に従って設定を進めて「完了」をタップします。

AirPodsを再度ペアリングできたら、音楽を再生して音量が正常に出るようになったか確認してください。

対処9: ノイズキャンセル・外部音取り込みモードをオフにする

AirPodsの一部のモデル(ProおよびMax)には、アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードの機能が実装されています。これらの機能が原因で、AirPodsの音量が小さく聴こえるケースが考えられます。

そのため、AirPodsのノイズキャンセルと外部音取り込みモードをオフにすることで、音量が小さい問題が解決する可能性があります。ノイズキャンセルと外部音取り込みモードをオフにするには、以下の手順で操作してください。

  1. 画面の右上端から下方向(ホームボタン搭載モデルは下端から上方向)にスワイプしてコントロールセンターを表示します。
  2. 「音量スライダー」を長押しします。
  3. 「ノイズコントロールのアイコン」をタップします。
  4. 「オフ」を選択します。

以上の手順で、AirPodsのノイズキャンセルと外部音取り込みモードをオフにすることができます。機能をオフにできたら、AirPodsの音量が正常に聴こえるようになったか確認してください。

対処10: AirPodsを掃除する

AirPodsのスピーカー部分に汚れやゴミが付着していることが原因で、音量が小さく聴こえるケースが考えられます。

そのため、AirPodsのスピーカー部分を掃除して音量の問題が解決しないか確認してください。

AirPodsのスピーカーは、イヤーチップを取り外すと見える黒い部分に搭載されています。

イヤーチップは水洗いできるため、汚れが目立つ場合は水洗いしてください。黒いスピーカー部分は、エアーダスターやウェットティッシュで汚れを取り除いてください。

コメントを残す

*