Outlookでアカウント設定ができない・変更できない原因と対処法 – Windows

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Outlookでメールアカウントの追加や設定変更をしようとするとエラーが発生してできないケースがあります。

本記事では、Windows10のOutlookでアカウント設定ができない・変更できない時の対処法を紹介します。

*Outolook2016/2019向けの記事です。

対処1: アカウントを手動で設定する

Outlook2016/2019ではアカウントを設定する時に、メールサーバーの情報が自動で設定されます。

しかし、メールサーバーによっては間違った内容が自動入力されてしまい、初期設定がうまくいかないことがあります。

自動取得でうまく設定できない場合は、手動で設定を修正しなくてはなりません。

事前準備

アカウント設定を手動で行うには、メールサーバーの設定情報が必要です。

メールサーバーの設定情報(POP/IMAP/SMTP)が分からない場合は、次のページを参考にお使いのメールサービスの設定情報を確認して下さい。

アカウントを手動で設定する手順

Outlook2016/2019でメールを手動設定するには、次の手順で操作して下さい。

  1. Outlookを起動します。
  2. 受信トレイ画面が表示される場合は、上部のメニューバーにある「ファイル」をクリックし、「アカウントの追加」ボタンをクリックします。
    • アカウントがまだ登録されておらず受信トレイ画面が表示されない場合は、そのまま手順3へ進んでください。
  3. アカウントの追加画面が表示されます。[設定したいメールアドレス]を入力します。
  4. 「詳細オプション」をクリックし、「自分で自分のアカウントを手動設定」にチェックを入れます。
  5. 「接続」をクリックします。
  6. メールプロバイダを選択します。
    • 該当するアイコンがない場合は「POP3」または「IMAP」を選択します。どちらを使用するかはメールプロバイダ情報に記載されているので、プロバイダ資料や公式サポートページをご確認ください。ウェブメールであればPOP3、IMAPどちらで設定しても問題ありません。
  7. パスワードを要求されるので、メールアドレスのパスワードを入力します。
  8. 設定内容に問題がなければ「アカウントが正常に追加されました」と出てアカウント設定は完了です。

「問題が発生しました」とメッセージが出る場合は、次の手順でサーバー情報を変更して設定します。

アカウント設定を変更する手順

  1. 「問題が発生しました」と表示された画面の「アカウント設定の変更」をクリックします。
  2. サーバー情報が表示されたら、以下の項目に注意しながら設定を確認・変更します。
    サーバー受信サーバー・送信サーバーのドメインを入力します。入力するドメインはプロバイダごとに異なるので、メールプロバイダの資料やサポートページをご確認ください。
    ポート番号メールプロバイダやメールの送受信方法により設定値が異なります。メールプロバイダ情報を参考にしながら受信・送信それぞれのポート番号に正しい数字を設定してください。
    暗号化方式メールプロバイダによる指定がなければ送信・受信ともに「SSL/TSL」を選択します。
    セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要メールプロバイダによる指定がなければチェックを外してください。
  3. 「次へ」をクリックしてもう1度アカウント追加を行います。

以上の設定を行っても解決しない場合は次の対処②、③が有効なケースがあります。どちらの対処法も効果がない、または問題の原因に当てはまらない場合はメールプロバイダに問い合わせを行ってください。

対処2: 二段階認証を使用している場合はアプリパスワードを使用する

Gmail・Yahooメール・iCloudなどのWebメールを追加する際、2段階認証(2ファクタ認証)が有効になっている場合はメールアカウントのパスワードを入力してもアカウント追加をすることはできません。

この場合、アカウントのパスワードの代わりにアプリパスワードを入力する必要があります。

アプリパスワードの生成手順については、Microsoft公式ページの『Outlookでパスワードを受け付けられない』の項を参照してください。

対処3: ウェブメールアカウントはアクセス許可の設定が必要

GmailやYahooメールなどのウェブメールアカウントを追加する場合はメールサービス側の設定でアプリによるメール送受信を許可する必要があります。

以下のリンク先を参考にアクセス設定を行ってください。

アカウント設定を変更できない時は?

何らかの理由によりアカウントの設定変更ができない時はコントロールパネルからの操作を試してみてください。操作は以下の手順で行います。

  1. Outlookを終了させます。
  2. タスクバーにある「スタート」ボタンをクリックします。
  3. アプリ一覧の中にある「Windowsシステムツール」フォルダを開きます。Windowsシステムツールフォルダが展開されたら、フォルダの中にある「コントロールパネル」をクリックします。
  4. コントロールパネルウィンドウが開きます。もし右上の「表示方法」の設定が「カテゴリ」になっていなければ矢印アイコンをクリックして「カテゴリ」に変更します。
  5. 「ユーザーアカウント」をクリックします。
  6. 「Mail (Microsoft Outlook 2016)」をクリックします。
  7. 「電子メールアカウント」をクリックします。
  8. 「アカウント設定」ウィンドウが開きます。設定を変更したいメールアカウントをクリックし、「修復」または「変更」ボタンをクリックします。

もし上記の手順でも設定を変更できない場合はプロファイルごと再作成してください。

Outlookのプロファイルを再作成する手順

プロファイルを再作成するとOutlookの設定のほとんどが初期化され、メールアカウントの再登録が必要になります。

ただしメールアカウントそのものが削除されるわけではないため、これまでに受信したメールやアドレス帳は保持されます。

  1. Outlook で、[ファイル]、[アカウントの設定]、[プロファイルの管理] の順に選択します
  2. [プロファイルの表示]、[追加] の順に選択します。
  3. [プロファイル名] ボックスに、新しいプロファイルの名前を入力し、[OK] を選択します。

参考:『Outlook のプロファイルの作成 – Microsoft』

Outlookのプロファイルが作成できたら、新しいプロファイルに切り替えます。

  1. Outlook では、[ファイル] をクリックして > [アカウント設定>プロファイルを変更します。
  2. Outlook を終了します。Outlook を手動でもう一度開始する必要があります。
  3. 次に Outlook を起動するときの [プロファイルの選択] ダイアログ ボックスが表示されます

参考:『別の Outlook 電子メール プロファイルに切り替える – Microsoft』

プロファイルが切り替えれたら、再度Outlookのアカウント設定ができないか試して下さい。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)