Wi-Fiを2.4GHzから5Ghzに変更したら遅い・切れる原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

規格上速度が速いのは2.4Ghz帯よりも5Ghz帯のWi-Fiです。しかし、5GhzのWi-Fiに変えたにも関わらずネットが遅い・切れる場合があります。

今回は、Wi-Fiを2.4GHzから5Ghzに変更したら遅い・切れる時の対処法について紹介します。

Wi-Fiが遅い原因には様々なものがありますので、環境や設定などを見直し、トラブルシューティングを実行して問題が解決するか確認します。

対処1: 2.4GhzのWi-Fiに戻す

5Ghz帯のWi-Fiは、家電などからの電波干渉による影響を受けにくいため、2.4Ghzよりも通信が安定します。

ただしWi-Fiの環境によっては2.4GHzに比べ5Ghzは、次のようなデメリットがあります。

  • 壁などの障害物に弱い
  • Wi-Fiスポットから電波の届く距離が短い

Wi-Fiの通信速度を計測して、5GhzのWi-Fiに切り替えて通信速度が落ちる場合は、2.4GHzのWi-Fiに戻すか、次の『対処2:ルータ―のトラブルシューティングを行う』を参考にして下さい。

光回線で2.4Ghz・5Ghz共に通信速度が20Mbpsを下回ったり、通信が切れる場合は、次の各対処法を試して下さい。

対処2: ルータ―のトラブルシューティングを行う

ルータ―の設置場所が悪かったり、一時的なトラブルが起きている場合、Wi-Fi速度が低下する原因となります。

ルータ―のトラブルシューティングを実行し、問題が解決するか確認します。

対処3: 複数の端末で確認する

Wi-Fiはスマートフォンだけではなく、パソコンや生活家電などでも使います。生活家電や周辺機器では2.4Ghz帯のWi-Fiしか使えませんが、他のスマートフォンやパソコンがある場合には、複数の端末で5Ghz帯のWi-Fiに接続し、同じ現象が起きるか確認します。

複数の端末で問題が起きるようであれば、ルーターやインターネットサービスプロバイダ、光回線事業者などが原因の可能性があります。

特定の端末だけ遅い場合には、端末側に原因がある可能性があります。

対処4: 端末を再起動する

WindowsPCやMac、iPhone、Androidなどの端末でお使いの場合、その端末が一時的に不調を起こしている可能性があります。

この原因の場合は端末を再起動することによって問題が解決するため、まずは再起動を試します。

対処5: インターネットサービスプロバイダ(ISP)のホームページを見る

インターネットが遅い場合、稀にインターネットサービスプロバイダでトラブルが起きていたり、メンテナンスを実施している可能性があります。

ご利用のインターネットサービスプロバイダのホームページのお知らせやニュースを確認し、通信に影響がでていないか確認します。

対処6: インターネット共有回線かどうかを確認する

マンション光やCATVなど複数の契約者で1つの回線をわけあうようなサービスがあります。

契約数の上限が決まっているので基本的には回線速度が著しく落ちるということはないのですが、混雑する時間帯に大量のネット通信が起きている場合、その時間帯だけネットが遅くなったり切れてしまったりすることがあります。

昼間や朝の時間帯にネットに繋いでみて快適なようなら、ご利用の回線そのものが速度が遅くなっている可能性があります。

対処7: セキュリティ対策アプリが複数入っていないか確認する

最近では、パソコンだけでなくスマートフォンにもセキュリティ対策ソフトをインストールする方が増えてきました。

しかし、パソコン・スマホ共に複数のセキュリティ対策ソフトが入っていると、ネットワーク通信に支障がでることがあります。

セキュリティ対策のアプリが複数入っていないか確認し、入っているようであれば、1つを残してすべてアンインストールしてインターネット速度が改善するか確認します。

対処8: 怪しいアプリがインストールされていないか確認する

ネットサーフィンをしていると稀に気が付かないうちにアプリが増えていることがあります。

製造元に信頼性があるアプリであれば良いのですが、まったく見ず知らずのアプリの場合、悪意のあるソフトウェアの可能性があります。(ウィルスやトロイの木馬など)

悪意のあるソフトウェアは、ネットワークの通信関係に影響を及ぼすことがあるので、インターネットが遅くなったり切れたりする原因にもなります。

インストールされているアプリの一覧を確認して、もし見覚えのないアプリがあればアンインストールをしましょう。

対処9: ネットワーク設定を削除し、再設定する

インターネットに繋げるためのネットワーク設定には、通信プロトコルの情報など様々な情報が設定されています。なんらかの理由でこのネットワーク設定に問題がある場合、インターネット速度が遅くなる原因となります。

また、複数のネットワーク設定がある場合にも端末側でうまく処理できずインターネット速度が遅くなる原因となります。

あらかじめインターネット設定(SSIDとパスワード)を手元に置き、ネットワーク設定を削除してから、再設定してみて問題が解決するか確認します。

Wi-Fiの設定情報の削除手順

次の手順でパソコン、もしくはスマホのWi-Fi設定を削除して、再起動後Wi-Fiネットワークの設定をしなおします。

iPhone/iPadの場合

  1. iPhone/iPadのホーム画面にある「設定」アプリを開きます。
  2. 一般の項目をタップします。
  3. 画面下にある「リセット」をタップします。
  4. 「ネットワーク設定をリセット」をタップします。
  5. パスコードの入力を求められたら、パスコードを入力します。
  6. 「ネットワーク設定をリセット」をタップします。
  7. 再起動後、Wi-Fiネットワークの設定をしなおします。

Androidの場合

  1. Androidのホーム画面にある「設定」アプリを開きます。
  2. 「システム」をタップして「リセットオプション」をタップします
  3. 「Wi-Fi、モバイル、Bluetoothをリセット」をタップします。
  4. 再起動後、Wi-Fiネットワークの設定をしなおします。

Windows10の場合

  1. 「スタート」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定が開くので「ネットワークとインターネット」をクリックします。
  3. 左メニューから「Wi-Fi」をクリックします。
  4. 「既知のネットワークの管理」をクリックします。
  5. 設定済みのWi-Fiのプロファイルの一覧が表示されます。設定を削除したいWi-FiのSSIDをクリックします。
  6. メニューが表示されたら「削除」をクリックします。

Macの場合

  1. Appleメニュー → 「システム環境設定」の順に選択し、「ネットワーク」をクリックします。
  2. 左側のリストから「Wi-Fi」を選択します。
  3. 「詳細」ボタンをクリックします。
  4. 「Wi-Fi」パネルに「使ったことのあるネットワーク」リストが表示されます。Mac から設定を削除する Wi-Fi ネットワークを選択します。
  5. リストの下にある削除ボタン (-) をクリックします。確認を求められたら、「削除」をクリックします。
  6. 「OK」をクリックします。
  7. 「適用」をクリックします。

それでも解決しない時は

すべてのトラブルシューティングを実行しても改善されない場合、根本的な問題が発生していると考えられます。

  • システムの初期化
    • 特定の端末でのみ問題が起きる場合は、システムの初期化(工場出荷時状態に戻す)を実行してみます。
  • 光回線の乗り換え
    • インターネット回線そのものに問題がある場合には、ファミリータイプの光回線に乗り換えたり、インターネットサービスプロバイダの乗り換えを検討します。
  • ルーターの買い替え
    • ルータ―が原因とわかった場合には、ルーターの買い替えを検討します。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)