写真・動画が見れない!iPhoneで消えないビックリマークを消す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

iPhoneで写真や動画を見ようとすると、右下にビックリマークがついてぼやけた画像が表示されるようになってしまうことがあります。

そんなiPhoneの写真や動画にビックリマークが付く原因と消すための対処法をまとめましたので、お困りの方の参考になればと思います。

ビックリマークが表示される原因は「iCloud」


iPhoneには、「iCloud写真(旧:iCloudフォトライブラリ)」という、写真や動画を自動でiCloud上にインターネット経由で送って保存する機能があります。

この機能を使えばiPhoneで撮った写真が離れた場所にあるパソコンやタブレットからでもすぐに見られるようになる上、万が一iPhoneが故障してしまった時にも簡単に写真や動画をiCloudから取り戻すことができるようになります。

またiPhone本体の中に長い動画や高画質の写真をそのまま残す必要がなくなるので、iPhoneの容量節約にも役立ちます。

大変便利なiCloudですが、この機能が原因で写真や動画にビックリマークが表示されることがあります。

写真や動画にビックリマークが付く理由


写真や動画にビックリマークが付く理由としては、iCloud上にあるデータをiPhoneがダウンロードできなくなってしまっているためです。

iCloudを利用すると、iPhone自体にデータが残らない状態になるため、データを見るにはiCloud上からダウンロードする必要があります。

何らかの理由でiCloudからデータがダウンロードができない状態になると、iCloudに保存されている写真や動画をiPhoneで表示できないため、ビックリマークが表示されます。

同様の現象で、写真がぼやけて表示されるのも、iPhoneに残っているサムネイル用の画質の低い画像しか表示できないためです。

写真や動画がiCloudからダウンロードできなくなる原因

ではなぜダウンロードできなくなってしまうのでしょうか?様々な要因が考えられますが、主な原因は以下の4つです。

  1. 通信環境が悪い
  2. iCloud写真の設定がオンになっていない
  3. iCloud上の写真・動画を消してしまった
  4. iPhoneのストレージ容量が不足している
  5. アプリがエラーを起こしている

写真・動画のビックリマークを消す対処方法

写真・動画に付いているビックリマークを消すには、iPhoneがiCloudからデータをダウンロードできなくなっている状況を解消する必要があります。

順に解決方法を紹介していくので、参考にしてみてください。

1.通信環境が悪くてダウンロードできない場合


当然ではありますがインターネットに接続できない環境ではダウンロードを行うことができません。

また、正しくインターネットに繋がっている場合でもインターネットの接続を一旦切ってから再接続する、などの操作で改善する可能性があります。以下の操作を試してみてください。

  • 機内モードに切り替え、もう1度機内モードをオフにする
  • Wi-fiの使える環境でiPhoneを再起動する

それでもうまくいかない場合は、以下の手順でモバイルデータ通信をオンにしてください。

  1. 「設定」アイコンをタップします。
  2. 設定画面が表示されるので、「写真」の項目をタップします。
  3. 「写真」画面が表示されます。下の方に「モバイルデータ通信」という項目があるので、これをタップします。
  4. 「モバイルデータ通信」の右にあるボタンをオンにします。既にオンになっている場合は変更の必要はありません。

2.iCloudフォトライブラリの設定が正しく行われていない場合


通常はオンになっているはずですが、何らかの原因でiCloudのフォトライブラリ機能がオフになってしまっていて写真や動画がダウンロードできなくなっていることがあります。

設定の確認と変更を行うには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アイコンをタップします。
  2. 設定画面が表示されるので「写真」の項目をタップします。
  3. 「写真」画面が表示されます。画面の中から「iCloudフォトライブラリ」の項目を探し、オンにします。
    (*既にオンになっている場合は変更の必要はありません。)

iPhoneのストレージ容量に余裕があれば、「写真」画面に表示されている「オリジナルをダウンロード」の項目もオンにしてください。

3.iCloud上の写真・動画を消してしまった

iPhoneでiCloud写真の機能をオンにすると、iPhoneに保存された写真・動画データが自動的にiCloud上に同期されます。

ここで問題となるのが、写真の同期設定です。iCloudの同期設定には、以下の2通りの設定があります。

  • 「iPhoneのストレージを最適化」
  • 「オリジナルデータをダウンロード」

「iPhoneのストレージを最適化」は、iPhoneには低画質画像を残してiCloud上に高画質の写真を残す仕組みでストレージ上の容量を削減できます。

しかしもし、「iPhoneのストレージを最適化」の同期設定でiCloud上の写真を消すと、iPhoneにはぼやけた低画質のサムネイル用画像しか残らずビックリマークが表示されてしまいます。

「オリジナルデータをダウンロード」になっている場合は、iPhone内のオリジナルの写真が残っているのでiCloud上の写真を消しても問題ありません。

もし誤ってiCloud上の写真データを消してしまった場合は、データを復元することでビックリマークが消えます。

iCloudで消した画像を復元する

iCloudで削除してしまった画像は、30日以内であれば復元することができます。

iCloudで消した写真を復元する方法は2種類あります。順番に紹介するので、写真を消した方は復元を行って見ましょう。

一括で復元する手順

「設定」アプリからiCloud上の写真を一括削除していた場合は、以下の手順で復元できます。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 一番上に表示される[AppleID名]をタップします。
  3. 「iCloud」→「iCloudストレージ」→「写真」の順にタップします。
  4. 「無効化して削除を取り消す」をタップすると復元が始まります。

復元には多少の時間が掛かるため、1時間以上まってから写真アプリ上のビックリマークが消えていないか確認して下さい。

個別に復元する手順


iCloudの消してしまった写真は全て「ゴミ箱」フォルダに30日間残っています。

そのため、個別に削除した写真は以下の手順でゴミ箱から復元することができます。

  1. 「写真」アプリを開きます。
  2. 「アルバム」タブをタップします。
  3. 「最近削除した項目」をタップすると削除した写真の一覧が表示されます。
  4. [復元したい写真]をタップして右下の「復元」をタップすると復元できます。

写真一覧の画面で右上に表示される「選択」をタップして複数選択することもできます。

4.iPhoneのストレージ容量が不足している場合


iPhoneに十分な空き容量がなければ写真や動画のダウンロードは行われません。

特に動画のデータは想像以上にデータが大きいことも多いので、なるべくiPhoneのストレージ容量に余裕を持っておくのがおすすめです。

不要な動画・写真・アプリなどがあれば削除しましょう。ブラウザやアプリのキャッシュ削除なども有効です。

また、稀にiCloud側の容量が不足しているせいでうまく通信できなくなることがあるようです。

もしiCloudの容量がほとんど残っていないようであれば、iCloudに保存されている不要なデータを削除したり、iCloudの容量を買い足したりすると改善することがあります。

5.アプリがエラーを起こしている場合


iPhoneにインストールされている写真アプリが原因のケースもあります。1度iPhoneを再起動してみてください。

それでも直らない場合はiPhoneのクリーンインストールを行うか、Appleにお問い合わせください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)