スクリーンキーボード/タッチキーボードの起動方法/出し方 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スクリーンキーボード タッチキーボードの起動

Windows10には、ディスプレイ上にキーボードを表示してキーの入力ができる「スクリーンキーボード(またはタッチキーボード)」の機能が実装されています。

キーボードが故障した場合などは、ハードウェアのキーボードを使わずに、この仮想キーボード機能を使って文字入力を行うことができます。

本記事では、Windows10でスクリーンキーボード/タッチキーボードを起動する方法について詳しく紹介します。

方法1: ショートカットキーで起動する

ショートカットキーでスクリーンキーボードを起動

Windowsのスクリーンキーボードは、専用のショートカットキーを入力することで、素早く起動することができます。

スクリーンキーボードを起動するには、「Ctrl + Windows + O」キーを同時に入力します。ショートカットキーを入力すると、数秒後にスクリーンキーボードのウィンドウが表示されます。

再度「Ctrl + Windows + O」キーを入力して、スクリーンキーボードのウィンドウを閉じることもできます。

方法2: 設定ウィンドウの簡単操作から起動する

簡単操作からスクリーンキーボードを起動

設定ウィンドウの簡単操作からスクリーンキーボードを起動することもできます。ハードウェアキーボードが使えない状況でもこの方法でスクリーンキーボードを起動することができます。

簡単操作からスクリーンキーボードを起動するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 設定ウィンドウが表示されたら、「簡単操作」をクリックします。
  3. 左ペインで、「キーボード」をクリックします。
  4. 右ペインで、「スクリーンキーボードを使用する」のスイッチをクリックして「オン」に変更します。
  5. スクリーンキーボードのウィンドウが起動します。
    • スイッチを「オフ」にすると、スクリーンキーボードのウィンドウが閉じます。

方法3: タスクバーのタッチキーボードボタンで起動する

タスクバーのタッチキーボードボタンで起動

Windows10には、タブレットPCのために最適化されたタッチキーボードの機能が搭載されています。

タッチキーボードは、スクリーンキーボードと比べて簡略化されていますが、簡単な入力であれば問題なくできます。

タッチキーボードは、タスクバー右側の「タッチキーボードボタン」をクリックして起動できます。

タスクバーにタッチキーボードボタンが見つからない場合は、以下の設定を行ってください。

  1. タスクバーの何もない場所を右クリックします。
  2. 「タッチキーボードボタンを表示」を選択します。
    タッチキーボードボタンを表示

以上の手順で、タスクバー右側にタッチキーボードボタンが表示されます。

方法4: 検索ボックスから起動する

検索ボックスからスクリーンキーボードを起動

タスクバーにある検索ボックスを使用して、スクリーンキーボードを簡単に起動することもできます。

検索ボックスからスクリーンキーボードを起動するには、以下の手順で操作します。

  1. タスクバーの検索ボックスをクリックするか、「Windows + S」キーを入力します。
  2. 検索ボックスに「スクリーン」または「osk」と入力します。
  3. 最も一致する検索結果に表示される「スクリーンキーボード」をクリックします。
  4. スクリーンキーボードのウィンドウが起動します。

方法5: ファイル名を指定して実行から起動する

ファイル名を指定して実行からoskを起動

ファイル名を指定して実行ダイアログを使用することで、スクリーンキーボードを素早く起動することもできます。この方法で起動するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windows + R」キーを押して、ファイル名を指定して実行ダイアログを開きます。
    • 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択することでも、同様の同様の操作ができます。
  2. 「osk」と入力してEnterキーを押すか、「OK」をクリックします。
  3. スクリーンキーボードのウィンドウが起動します。

上記の2ステップで起動できるので、効率的に起動したいならぜひこの方法を試してみましょう。

方法6: スタートメニューから起動する

スタートメニューからスクリーンキーボードを起動

スタートメニューから通常のアプリケーションと同じように、スクリーンキーボードを起動することもできます。

  1. 「Windowsマーク」をクリックして、スタートメニューを開きます。
  2. アプリ一覧から「Windows簡単操作」のフォルダを探し、クリックして展開します。
  3. 「スクリーンキーボード」をクリックして起動します。

方法7: サインイン画面で起動する

サインイン画面でスクリーンキーボードを起動

アカウントのサインイン画面でパスワードを入力する際に、スクリーンキーボードを起動することもできます。

この方法は、サインイン画面でキーボードが反応しない場合に覚えておくと便利です。

サインイン画面でスクリーンキーボードを起動するには、以下の手順で操作します。

  1. サインイン画面で、右下の「簡単操作のアイコン」をクリックします。
  2. メニューが表示されたら、「スクリーンキーボード」を選択します。
  3. スクリーンキーボードが起動します。

方法8: エクスプローラーのアドレスバーから起動する

エクスプローラーからスクリーンキーボードを起動

エクスプローラーのアドレスバーから、スクリーンキーボードを素早く起動することもできます。具体的な手順は、以下の通りです。

  1. 「Windows + E」キーを入力して、エクスプローラーを起動します。
  2. エクスプローラーのアドレスバーをクリックします。
  3. 「osk」と入力してEnterキーを押します。
  4. スクリーンキーボードのウィンドウが起動します。

方法9: PowerShell/コマンドプロンプトから起動する

Powershellでoskコマンドを実行

Windows PowerShellやコマンドプロンプトで、コマンドを実行してスクリーンキーボードを起動することもできます。

PowerShellからスクリーンキーボードを起動する場合は、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell」を選択して起動します。
    • PowerShellを管理者権限で起動する必要はありません。
  2. PowerShellウィンドウが開いたら、「osk」と入力してEnterキーを押します。
  3. スクリーンキーボードが起動します。

コマンドプロンプトの場合も、同様にoskコマンドを実行してスクリーンキーボードを起動することができます。

方法10: タスクマネージャーから起動する

タスクマネージャーからスクリーンキーボード起動

タスクマネージャーでスクリーンキーボードのタスクを作成して起動することもできます。タスクマネージャーから起動するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Ctrl + Shift + Esc」キーを入力して、タスクマネージャーを起動します。
  2. タスクマネージャーが起動したら、「ファイル」→「新しいタスクの実行」の順にクリックします。
  3. 「osk」と入力して「OK」をクリックします。
  4. スクリーンキーボードが起動します。

方法11: コントロールパネルから起動する

コントロールパネルからスクリーンキーボードを起動

スクリーンキーボードは従来のコントロールパネルから起動することもできます。コントロールパネルから起動するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 名前に「control」と入力して「OK」をクリックします。
  3. コントロールパネルが開いたら、「表示方法」をクリックして「アイコン」表示に切り替えます。
  4. 「コンピュータの簡単操作センター」をクリックします。
  5. 共通ツールへのクイックアクセス内にある「スクリーンキーボードを開始します」をクリックします。
  6. スクリーンキーボードが起動します。。

この方法は操作手順が多いため、基本的には別の方法で起動することをおすすめします。

方法12: サードパーティのアプリを使って起動する

Dekaスクリーンキーボード

サードパーティのアプリが提供するスクリーンキーボード機能を使用することもできます。

Windows標準のスクリーンキーボードの機能が不十分な場合や、システムトラブルでスクリーンキーボードが起動できない場合は、サードパーティのアプリを使用することを検討してください。

スクリーンキーボード機能を使用できる無料のサードパーティアプリは以下の通りです。

アプリによってスクリーンキーボードの機能が異なるため、用途にあったアプリを選んでください。

コメントを残す

*