スマホでChromeが起動しない・固まる・頻繁に落ちる時の対処法 – Android

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Chromeは、Androidスマートフォンに初期からインストールされているAndroidOSの標準ブラウザです。

そんなChromeが「問題が発生したためブラウザを終了します」というエラーが出て突然落ちてしまったり、起動できなくなるトラブルがあります。

今回は、スマホのChromeが起動しない・固まる・頻繁に落ちる時の対処法について解説します。

考えられる原因

Chromeは、Android上で動作するブラウザアプリです。そのため、Chromeの動作はスマートフォン上で動作しているAndroidOSの状態とChrome自体の設定や状態に大きく左右されます。

Chromeが起動しなかったり、「問題が発生したためブラウザを終了します」などのメッセージが表示されてブラウザが落ちる原因としては主に次の3つが考えられます。

  • Androidのメモリ負担が大きい
  • Android OSに不具合が起きている
  • Chromeアプリに不具合が起きている

最も考えられる原因は、Androidのメモリに対する負担が大きいケースです。続いてChromeが起動しなかったり、頻繁に落ちる場合の対処方法を順に紹介していきます。

対処1.Androidを再起動する

AndroidOS上で動いているChrome以外のアプリケーションやChrome自体もしくは、AndroidのOSに問題が発生していることが考えられます。

これらの問題によって、スマートフォンのCPUやメモリをすべて使い切ってしまっていることが原因でChromeの動作に問題を及ぼしている可能性があります。

そこで、スマートフォンを再起動してソフトウェアとスマートフォンのCPU・メモリの状態を正常に戻します。

もし、通常の手順で再起動できない場合は電源ボタンを10秒程度長押ししてください。強制的にシャットダウンさせることが出来ます。

対処2.同時に開くタブを少なくする

Chromeはタブブラウザなのでブラウジング中に新しいウィンドウを開くとタブが増えます。

タブを開いたままにしておくと、すぐに開いてある状態の別のWEBサイトを確認することができるので非常に便利な機能です。

しかし、開いているタブの数が増えるのに比例してスマートフォンのメモリを消費していきます。スマートフォンのメモリが少なくなると動作が不安定になることがあります。

使わなくなったタブは消すような癖を付けると良いです。Chromeの動作に問題があるときはすべてのタブを消してみてください。タブの消し方は以下のとおりです。

  1. Chrome画面右上の四角い枠で囲まれた数字をタップします。
  2. タブの一覧が表示されるので不要なタブの「x」マークをタップします。

対処3.Chromeを最新バージョンにアップデートする

Chromeは新機能の追加や既知の問題への対処を行うために日々アップデートされています。

古いバージョンのChromeを利用していることで問題が発生している可能性があります。

GooglePlayよりChromeをアップデートして最新版にすることで問題を解決することができる可能性があります。アップデートの手順は以下のとおりです、

  1. Playストアを起動します。
  2. 左上の横三本線をタップします。
  3. マイアプリ&ゲームをタップします。
  4. Chromeがアップデート可能な場合は「アップデート」にChromeが表示されるので画面の指示に従ってアップデートします。

対処4.スマートフォンの状態を最新にする

様々なメーカーから発売されているAndroidスマートフォンでは、新機能の追加や不具合・脆弱性へ対応するためにシステムアップデートが配信されています。

Chromeで発生している問題がスマートフォンの状態が古いため発生していることが考えられます。

そのため、Androidスマートフォンのシステムアップデートの実施を試してください。

システムアップデートはスマートフォンの種類によって手順が異なるため、ご自身の端末の操作マニュアルを参照してください。

大抵の機種ではマニュアルが手元にない場合でも、インターネットでマニュアルを閲覧することが出来ます。セキュリティの観点からも端末の状態は最新に保つことをおすすめします。

対処5.ライトモードをオフにする

AndroidのChromeには通信容量を節約するためにライトモードがあります。

ライトモードとは、WEBページにアクセスする際にGoogleのサーバが自動的に不要と思われるデータを削除してスマートフォンへ転送してくれる機能です。

通信容量の節約の観点からは非常に有用な機能ですが、時として必要なデータも削除してしまうことがあります。webページの読み込みで不具合が発生している場合は、以下のURLを参考にしてライトモードをオフにしてみてください。

対処7.Chromeを再インストールする

上記の対処を全て試してもChromeの問題が解決しない場合は、一度AndroidからChromeを削除して入れ直してみてください。

大抵の問題は解決できるはずです。この場合は設定情報などがすべて消えてしまうので、再度必要な設定を実施する必要があります。

対処6.Wi-FiをOFFにする

Wi-Fiはスマートフォンの通信容量を節約と高速で通信することができる非常に便利な機能です。

最近では、町中の駅・コンビニ・商業施設など、ありとあらゆる場所で無料のWi-Fiを利用することが出来ます。

しかし、電波状況の悪いWi-Fiや認証が必要なWi-Fiへ接続されてしまうとインターネットへの通信ができなくなってしまいます。

この場合、Chromeを起動しても固まってしまったように見えたりエラーコードが表示されたりして正常に利用することが出来ません。

そのため、Chromeの動作に異常が見られたときはWi-FiをOFFにしてから試して見てください。

関連ページ

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)