Windows10でサウンド音がおかしい時の対処法【プツプツ・こもる】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10搭載PCを利用しているときに「何故か音がこもる」「音がプツプ途切れたりする」といった現象に悩まされた経験がある人も多いかもしれません。時には突然このような現象が発生するということもあるでしょう。

この記事では、Windows10搭載PCでサウンド音がおかしい時の対処法を紹介します。突然音が途切れるようになったり、サウンドの品質がおかしくなったりした際はぜひ参考にしてください。

サウンドがおかしいときに考えられる原因

PCから出力されるサウンドがおかしいときに考えられる原因は以下の通りです。

  • サウンド関連の設定がおかしくなっている
  • PCに過剰な負荷がかかっている
  • PCとスピーカーを繋ぐケーブルがおかしい
  • ステレオミキサーのトラブル
  • サウンドカードの故障
  • スピーカーの故障

サウンドがおかしくなる場合、PC側に原因がある場合とスピーカー側に問題がある場合、さらには接続しているケーブルに問題がある場合の3パターンが考えられます。どこに問題があるのかを1回で判断するのは難しいので、これから紹介する対処法を順番に試してみてください。

対処1: PCを再起動する

まずはPCを再起動してみましょう。PCに一時的なエラーが発生していたり、ソフトウェアの起動しすぎによって過負荷担っている場合は再起動で解決することが多いので、試してみる価値があります。

ちょっとしたエラーが原因の場合は再起動するだけで解決するでしょう。もし、再起動しても解決しない場合は次に進んでください。

対処2: PCとスピーカーを接続し直す

スピーカーの接続不良によって音がこもったり途切れたりすることがあります。そのため、スピーカーとPCを繋ぐオーディオケーブルを一旦取り外して再び接続し直してみましょう。

一旦ケーブルを外して挿し直すことによって接触不良の可能性を減らすことができます。これで直った場合は接続に問題があったと判断できるでしょう。

また、もし予備のケーブルがある場合は交換してみるのも1つの手です。

Display Port及びHDMIを使っている場合はオーディオケーブルがないことも

PCによってはDisplay PortやHDMIケーブルでディスプレイと接続し、ディスプレイに搭載されているスピーカーを利用してサウンドを出力している場合があります。

その場合はDisplay PortケーブルやHDMIケーブルで音声を同時送信しているので、ケーブルを挿し直したり交換したりしてみてください。

対処3: サウンド関連の設定をチェック&修正する

いつの間にかサウンド関連の設定が変わっていることによってサウンド出力がおかしくなっている場合もあります。そのため、一旦サウンド関連の設定をチェックしてみてください。

5.1chのスピーカーを接続しているのに2ch出力の設定になっていたり、その逆になっていたりするとサウンドがおかしくなるのでこの辺を確認してみましょう。

また、スピーカー再生テストをすることもできるので、以下の手順で行ってみてください。

  1. スタートボタンをクリックします。
  2. 「設定」をクリックします。
  3. 「システム」をクリックします。
  4. 「サウンド」を選択します。
  5. サウンドコントロールパネルを開きます。
  6. 使用しているスピーカーを選択します。
  7. プロパティを開きます。
  8. 詳細タブを開きます。
  9. テストボタンをクリックします。

この再生テストを行い、サウンドがクリアに聞こえるかをチェックしましょう。ここで音がこもったり途切れたりしなければ修正できていると考えられます。

対処4: ステレオミキサーの設定をチェック&修正する

ステレオミキサー(バーチャルステレオミキサーを含む)を使用している場合はそれらの設定も確認してみてください。

また、バーチャルステレオミキサー(Voicemeeter Bananaなど)を利用している場合は1度オーディオエンジンを再起動してみましょう。ステレオミキサーに何らかのトラブルが発生していた場合はこれで解決できる可能性があります。

なお、ステレオミキサーによって設定方法は異なるので、使っているステレオミキサーのマニュアルを確認して設定を修正してください。

対処5: スピーカーを交換する

ここまで試してみて全く改善されない場合はスピーカーもしくはPC(サウンドボードやマザーボード)が故障している可能性があります。そのため、まずはスピーカーを交換してみましょう。

スピーカーを交換したことによって改善されればスピーカーの故障と判断できるでしょう。

対処6: 別のPCにスピーカーを接続する

次に別のPCにスピーカーを接続してみましょう。別のPCでは問題なく再生できる場合、本来使いたいPCのサウンド関連のハードウェア(サウンドボードやマザーボード)の故障の可能性が高いと言えるでしょう。

この場合は故障していると考えられるハードウェアを交換するか、修理してください。

最後に

今回はWindows10搭載PCを使っている時にサウンドが途切れたりこもったりする場合の対処法を詳しくみていきました。

一言でサウンドがおかしいといっても、その原因はさまざまなので1つずつ順番にチェックしていきましょう。

関連ページ

Microsoft公式サイトにもいくつかの対処法が掲載されているので、併せてチェックしてみてください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)