Microsoft Visual C++がインストールできない時の対処法【セットアップが失敗】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

一部のMicrosoft Visual C++で開発されたアプリケーションを起動するには、Microsoft Visual C++再頒布可能パッケージのインストールが必要です。

しかしインストール中にエラーが出たり、セットアップが途中で止まってしまう等、インストールができない場合があります。

本記事では、Microsoft Visual C++がインストールできない時の対処法について紹介します。

対処1: インストール済みのMicrosoft Visual C++パッケージを削除する

別のバージョンのパッケージがインストールされていると新たなパッケージのインストールに失敗する要因になることがあります。

インストール済みのMicrosoft Visual C++パッケージをすべてアンインストールしてからやり直してみてください。

Microsoft Visual C++のパッケージをアンインストールするには次の手順で操作します。

  1. タスクバーにある「スタート」ボタンを右クリックして「アプリと機能」を選択します。
  2. ウィンドウが開かれ、パソコンにインストールされているアプリ一覧が表示されます。下へスクロールし、「Microsoft Visual C++」で始まるアプリケーションを探してクリックします。
    • 該当する項目がなければMicrosoft Visual C++パッケージはインストールされていないのでアンインストールは不要です。別の対処法を試してみてください
  3. 項目をクリックしてメニューが展開されたら「アンインストール」をクリックします。
  4. 確認メッセージが表示されたらもう1度「アンインストール」をクリックします。さらにユーザーアカウント制御ウィンドウが表示されることがありますが、その場合は「OK」をクリックして手続きを続行します。
  5. アンインストールウィザードが表示されます。「アンインストール(Uninstall)」をクリックしてアンインストールを実行します。
  6. アンインストールが完了したらウィザード画面を閉じます。
  7. 複数のMicrosoft Visual C++パッケージがインストールされている場合は「アプリと機能」ウィンドウに戻ってすべてのパッケージをアンインストールします。

対処2: Windows Updateを行う

パッケージのアンインストールが完了したら必ずWindowsを最新版にアップデートしてください。

Windows10をアップデートする詳しい操作手順は次のページから確認できます。

対処3: Microsoft Visual C++パッケージを再インストールする

インストール済みのパッケージをアンインストールし、Windowsを最新版にアップデートしたら再インストールを試します。

インストーラのダウンロードリンクは次のページにまとめられています。

公式のダウンロードページから最新版のインストーラをダウンロードし、正しい手順でインストールします。各バージョンに互換性はないため、使用目的や使いたいアプリに合わせて適切なバージョンを選んでください。

x86とx64両方のパッケージが用意されている場合はお使いのOSに合わせたものをお選びください。

ただし64ビット版の場合、x64パッケージがうまくインストールできない場合はx86パッケージを代わりにインストールすると成功する場合があります。32ビット版の場合は必ずx86パッケージをインストールします。

対処4: クリーンブートを試す

上記の手順でインストールができない場合はセキュリティソフトなどの影響を受けていてインストールに失敗しているかもしれません。

パソコンをクリーンブートし、最低限のアプリケーションのみが起動した状態でインストールを行ってみてください。

クリーンブートの手順については次のリンク先を参照してください。

対処5: パソコンに保存されている一時ファイルを削除する

一時ファイルに含まれている破損ファイルなどがエラーを引き起こすことがあります。tempフォルダにあるファイルを削除してみてください。

  1. エクスプローラーを開き、次の場所にあるフォルダを開きます。
    C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Local\Temp
    • タスクバーの検索ボックスに「%temp%」と入力する方法でも、簡単にtempフォルダにアクセスできます。
  2. tempフォルダが開かれたら中にあるファイルをすべて削除します。
    • ファイルの数が多い場合は全選択のショートカットキー「Ctrl」+「A」を使うとスムーズです。
    • 基本的にはtempフォルダの中にあるファイルはすべて削除してしまって問題ありません。心配であれば削除する前に別のフォルダにコピーしてバックアップを取っておくか、システムイメージを作成しておくと万が一の場合に簡単に復旧できます。
    • tempフォルダに削除できないファイルがある場合は「対処④クリーンブートを試す」の手順を参考にクリーンブートした状態で削除を行ってみてください。

対処6: ディスクチェックを行う

システムファィルに問題がある可能性が考えられます。システムファイルチェッカーツールやDISMコマンドを使用してシステムファイルの修復を行ってみてください。修復の手順については次のリンク先をご確認ください。

解決しない時は

上記の対処法を試しても解決しない場合は次の点もご確認ください。

  • フォルダ名やWindowsのユーザーアカウント名に日本語名(全角文字)が含まれていると正しくインストールできない場合があります。インストール先フォルダを変える、別のアカウントを使ってインストールするなどの方法を試してみてください。
  • パソコンの日時設定が正確でないとインストールに失敗する場合があります。
  • インストーラの再ダウンロードを試してみてください。また、インストーラは必ずMicrosoft公式の配布ページからダウンロードしてください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)