スマホでYoutubeがバックグラウンド再生できない時の対処法 – iPhone/Android

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

本記事では、Youtube公式アプリで動画のバックグラウンド再生ができない時の対処法を紹介します。

ただし公式アプリのバックグラウンド再生は有料サービス会員向けの機能のため、無料でできる方法を使っている・探している方も多いでしょう。

そのため公式アプリを使わないバックグラウンド再生の方法と、その方法でうまくいかない時の対処法もあわせて取り扱います。

Youtubeをバックグラウンドで再生する方法

スマホでYoutubeの動画をバックグラウンドで再生する方法は主に3つあります。

方法1: Youtube Premiumを利用する

Youtume PremiumはYoutubeの有料サービスです。登録するとYoutubeアプリを使って動画バックグラウンド再生機能を含めた様々な特典が利用できるようになります。

このサービスに加入しなければYoutubeアプリでバックグラウンド再生機能を利用することはできないのでご注意ください。

Youtube Premiumに登録せず動画をバックグラウンド再生する方法もあります。

ただし、公式アプリは使えず、また非公式の方法であるためある時突然使えなくなってしまう恐れもあります。

今後安心してバックグラウンド再生機能を利用していきたいのであればYoutube Premiumに登録するのがおすすめです。

Youtube Premiumについて詳しくは次のリンク先をご確認ください。

Youtube Premiumに登録しているにも関わらずバックグラウンドが再生できない場合は、本記事内の「Youtube Premiumに加入しているのに再生できない場合」をご参照ください。

方法2: ブラウザから視聴する

一般的にYoutubeの動画をバックグラウンド再生するにはYoutube Premiumへの登録が必要です。

しかし少し手間はかかりますが、ブラウザアプリでYoutubeにアクセスし、ページの表示をPC版表示に切り替えると動画をバックグラウンド再生できるようになります。

具体的には次の手順で操作します。iOS, Androidどちらも基本的なやり方は同じです。

  1. ホーム画面からブラウザアプリ(Safari, Google Chromeなど)を起動します。
  2. ブラウザアプリからYoutubeのページにアクセスします。
    • インターネット検索で「Youtube」と検索し、1番上に表示されたリンクをタップすると簡単です。
    • もしページを開いた時にYoutubeアプリが起動してしまう場合はリンク部分を長押しし、「新しいタブで開く」を選んでください。
  3. ページをデスクトップ用(PC版)表示に変更します。
    • Safariの場合: 画面下部の共有ボタンをタップし、下段のリストから「デスクトップ用サイトを表示」を選択します。
    • Google Chrome の場合: 画面右上のメニューアイコン等から設定画面を開き、「PC版サイトを表示」を選択します。
  4. 適当な動画を開き、動画を再生します。
  5. ホーム画面を表示します。ここで動画の音声が止まってしまうことがありますが、問題はありませんのでそのまま次へ進んでください。
  6. iOSの場合は画面を下から上にスワイプしてコントロールセンターを表示します。Androidの場合は画面を上から下にスワイプしてステータスバーを表示します。
  7. 「メディアを再生」ボタンをタップするとYoutubeの音楽がバックグラウンド再生されます。

この方法でバックグラウンド再生できない場合は、本記事内の「ブラウザを使う方法でバックグラウンド再生できない場合」をご参照ください。

方法3: サードパーティ製動画アプリを使う

バックグラウンド再生に対応しているYoutube視聴アプリを使う方法です。

アプリストアで配布されており、無料で使えるものも多数あります。たとえばiOSではVideo Clip, AndroidではMinimize for Youtube play in backgroundが人気です。

Youtube Premiumに加入しているのに再生できない場合

Youtube Premium購読済みにも関わらずYoutubeアプリでバックグラウンド再生ができない場合は、次の点をご確認ください。

対処1: 登録情報を確認する

まずサブスクリプション期限が切れていないか、正しいアカウントでログインしているか等、ユーザー情報とYoutube Premiumの登録情報を確認してみてください。

アカウントに問題がない場合でも再ログインで解決する場合があるので、アカウントのログアウト・再ログインも試してみてください。

対処2: バックグラウンド再生の許可設定を確認する

Youtubeアプリでバックグラウンド再生が無効になっていないか設定を確認します。

初期設定では有効になっているため通常は変更の必要はありませんが、念の為確認してみてください。

  1. Youtubeアプリを起動します。
  2. 画面右上のプロフィールアイコンをタップします。
  3. アカウント設定メニューが表示されます。「設定」をタップします。
  4. 少し下へスクロールし、「バックグラウンドとオフライン」グループにある「バックグラウンド再生」の設定を確認します。
    • オフになっている場合はタップし、「常にオン」にチェックを入れます。

対処3: アプリ・システムをアップデートする

Youtubeアプリが最新のものになっていなければ、App Store(Androidの場合はPlayストア)からアプリをアップデートしてください。

またスマホ本体のシステムのバージョンも確認し、アップデート可能であればシステムアップデート(ソフトウェアアップデート)を行ってください。

対処4: デバイスを再起動する

スマホ本体を再起動してみてください。

またバックグラウンド再生を行う時はなるべく無関係のアプリは閉じておくようにしてください。

特に音声を出すタイプのアプリはバックグラウンド再生がうまくいかない原因になりやすいです。そういったアプリは起動しないようご注意ください。

ブラウザを使う方法でバックグラウンド再生できない場合

対処1: 別のブラウザアプリを使用する

普段使用しているブラウザでうまくいかない場合は、別のブラウザアプリをApp Store/Playストアからインストールし、別のブラウザで成功しないか試してみてください。

  • Google Chrome
  • FireFox
  • Dolphin Browser

ブラウザアプリは上記のアプリがおすすめです。

対処2: ブラウザアプリを閉じずにコントロールパネルを表示する

ホーム画面を表示する前に、ブラウザアプリを表示したままコントロールパネル(ステータスバー)を操作しておくと成功することがあります。

上にある「Youtubeをバックグラウンドで再生する方法」の手順でうまくいかない場合は、次の対処も試してみてください。

  1. ブラウザアプリを起動し、ブラウザからYoutubeのページを開きます。
  2. ページの表示をデスクトップ版表示に切り替えます。
  3. 適当な動画を開き、動画を再生します。ここまでは上に記載した手順と同じです。
  4. 動画を再生したままコントロールパネル(Androidではステータスバー)を表示し、コントロールパネルから動画を一時停止します。
  5. 一時停止したままホーム画面を表示します。
  6. ホーム画面に戻ったらもう1度コントロールパネルを開いて動画を再生します。

対処3: プライベートモードに切り替える

まれにプライベートモード(シークレットモード)に切り替えるとうまくいく場合があります。

ブラウザアプリを起動し、設定からプライベートモードをオンに切り替えてみてください。

対処4: バッテリー節約機能をオフにする

バッテリー節約アプリやスマホ本体の省電力機能が動作しているとバックグラウンド再生がうまくいかない原因になります。

バックグラウンドで動作しているアプリがあれば必要なもの以外はすべて閉じます。

また、節電モードなどが備わっている機種であれば機能をオフにしてください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)