Windows Updateがインストールの保留中で動かない時の対処 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のPCでは、Windows Updateがバックグラウンドで実行されて更新プログラムが自動でインストールされます。

しかし、設定からWindows Updateの画面を確認すると「インストールの保留中」の表示で止まったまま動かないケースがあります。

今回は、Windows10でWindows Updateが「インストールの保留中」のまま進まない時の対処法を紹介します。

インストールの保留中で動かない原因

Windows Updateの画面で「インストールの保留中」が表示されたまま処理が進まない場合、主に次の原因が考えられます。

  • Windows Updateの更新プログラムが多いため時間が掛かっている
  • Windowsのシステムに一時的なエラーが発生している
  • Windows Updateのサービスが停止している
  • Windows Updateの一時ファイルに問題がある
  • Windows Updateのプログラムに問題が起きている
  • Windowsのシステムファイルが破損している

複数の原因が考えられますが、単純に更新プログラムのダウンロードやインストール処理に時間が掛かっているケースが多いです。

簡単な対処方法から順に紹介していくので、順に試して更新プログラムが正常にインストールできないか確認してみてください。

対処1: Windows Updateを実行してしばらく放置する

Windows Updateで適用する更新プログラムが多い場合、その分ダウンロードやインストールに時間が掛かります。また、性能の低いPCはアップデートに時間が掛かります。

特にしばらく放置していたPCやWindows10をインストールしたばかりのPCの場合は、アップデートに1時間以上掛かるケースもあります。

そのため、Windows Updateを実行した状態でしばらく放置(数時間)してアップデート状況が進まないか確認してみてください。

対処2: Windows Updateを手動で実行する

インストールの保留中が表示されている場合でも、更新プログラムを手動でインストールすることができます。

また、更新プログラムのインストールを進行するためにPCの再起動が必要な場合があります。

そのため、WindowsUpdateの画面を確認して、「今すぐインストール」、もしくは「今すぐ再起動」のボタンがある場合はクリックしてください。

「今すぐインストール」、もしくは「今すぐ再起動」のボタンが表示されていない場合は、次の対処に進んでください。

対処3: PCを再起動する

Windowsに一時的なエラーが発生していることが原因で、Windows Updateがうまく進まずインストールの保留中が表示されるケースがあります。

そのため、一度PCを再起動してからWindows Updateで「更新プラグムのチェック」を再度実行してみてください。

再起動後も同じようにインストールの保留中が表示されて進まない場合は、次の対処に進みます。

対処4: Windows Updateのスタートアップの設定を変更する

Windows Updateサービスのスタートアップが「手動」や「無効」になっていると、更新プログラムのインストールが保留中のまま進まない原因になることがあります。

そのため、Windows Updateサービスのスタートアップの設定を確認して「自動」に変更することで解決する可能性があります。

スタートアップの設定を変更する具体的な手順は次の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を開きます。
  2. 「services.msc」と入力して「OK」をクリックします。
  3. 右ペインのリストから「Windows Update」を右クリックして「プロパティ」を開きます。
  4. 「スタートアップの種類」のプルダウンを開き、「自動」に変更します。
  5. 「OK」をクリックして設定完了です。

設定が変更できたら一度PCを再起動して、インストールの保留中が正常に進むようになったか確認してください。

依然として保留中で止まる場合は別の原因が考えられます。次の対処方法に進んでください。

対処5: Windows Updateのトラブルシューティングを実行する

Windows Updateに問題が起きており、インストールの保留中の状態で止まっているケースが考えられます。

Windows Updateの問題は、Windows10に標準で搭載されているWindowsUpodateのトラブルシューティングツールを実行することで解決できる可能性があります。

そのため、次の手順でトラブルシューティングツールを実行してみてください。

  1. Windowsマークを右クリックして「設定(ギアアイコン)」をクリックします。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左ペインから「トラブルシューティング」をクリックします。
  4. 右ペインから「Windows Update」を選択します。
  5. 「トラブルシューティングツールの実行」をクリックする。
  6. トラブルシューティングウィザードに従って進めます。
    • 「保留中の更新プログラムのダウンロードとインストール」が表示されたら「この修正を適用します」を選択してください。
  7. 問題が解決できたらウィザードを閉じて完了です。

トラブルシューティングが完了したら再度Windows Updateを確認して、保留中のアップデートが進むか確認してください。

保留中のまま止まる現象が続いている場合は次の対処法を試してください。

対処6: ディスククリーンアップを実行する

WindowsUpdate関連の一時ファイルに問題があり、インストールが保留中のまま止まっているケースがあります。

そのため、ディスククリーンアップを実行してWindowsUpdate関連の一時ファイル削除してみてください。

ディスククリーンアップを実行する手順は次の通りです。

  1. タスクバーからエクスプローラを開きます。
  2. 左ペインから「PC」をクリックします。
  3. 右ペインの「デバイスとドライブ」からWindowsがインストールされているシステムドライブ(C:)を選択します。
  4. ウィンドウ上部に表示されているメニューから「ドライブツール」→「クリーンアップ」の順に選択します。
  5. ディスククリーンアップのウィンドウが表示されたら、「システムファイルのクリーンアップ」をクリックします。
  6. 「Windows Updateのクリーンアップ」の項目にチェックをつけて「OK」をクリックします。
  7. 削除の確認が表示されるので「ファイルの削除」をクリックします。
  8. ディスククリーンアップが開始します。プロセスが終わったら完了です。

以上で、WindowsUpdate関連の一時ファイルを削除することができます。

再度Windows Updateで、インストールの保留中の状態が進行しないか確認してください。

対処7: Windows Updateのコンポーネントをリセットする

WindowsUpdateの問題がトラブルシューティングツールで解決しない場合は、Window Updateのコンポーネントをリセットすると解消することがあります。

Window UpdateのコンポーネントはWindows PowerShellから行えます。次の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を起動します。
  2. ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。
  3. 次のコマンドを順番に入力してEnterキーを押して実行します。
    net stop wuauserv
    net stop cryptSvc
    net stop bits
    net stop msiserver
    ren C:\Windows\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old
    ren C:\Windows\System32\catroot2 catroot2.old
    net start wuauserv
    net start cryptSvc
    net start bits
    net start msiserver
  4. すべてのコマンドを実行できたら、Windows PowerShellを閉じます。

以上の手順でWindowsUpdateのコンポーネントをリセットすることができます。

リセットができたら、Windows Updateを実行して更新プログラムがインストールできるようになったか確認してください。

対処8: セキュリティソフトを一時的に停止する

サードパーティのセキュリティソフトをインストールして利用している場合、常時監視プログラムがWindows Update関連の通信を遮断することがあります。

保留中のインストールが完了しない場合、セキュリティソフトの機能が原因になっているケースがあります。

そのため、セキュリティソフトを一時的に停止してWindows Updateのインストールが正常に実行できないか確認してください。

セキュリティソフトを停止する手順はソフトによって異なるため、開発元のWebサイトなどで確認してください。

セキュリティソフトが原因だった場合は、今後同じ症状を繰り返さないために次のいずれかの対策を行ってください。

  • Windows Update関連のプログラムをブロックしない設定に変更する
  • Windows Updateを実行する場合は、その都度手動でセキュリティソフトを停止する
  • Windows Defenderなどの別のセキュリティソフトに乗り換える

セキュリティソフトが原因でない場合は、Windowsのシステム自体に不具合が発生していることが考えられます。次の対処に進んでください。

対処9: DISMコマンドとシステムファイルチェッカーを実行する

ここまでの対処でインストールの保留中が解決しない場合は、Windowsのシステムファイルが破損している恐れがあります。

そのため、次の手順に従ってDISMコマンドとシステムファイルチェッカーを実行して、破損したシステムファイルが修復できないか試してください。

  1. Windowsキーを右クリックしてアドバンスドメニューを開きます。
  2. Windows PowerShell(管理者)を起動します。
  3. Windows PowerShellが起動したら以下のコマンドを実行します。
    DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
  4. 「復元操作は正常に完了しました」と表示されたら続いて以下のコマンドを実行します。
    sfc /scannow
  5. 検証が完了したら結果を確認し、Windows PowerShellを閉じます。
    • 「破損したファイルを検出し、正常に修復しました」と表示されたら問題なくファイルが修復されています。
    • 「破損したファイルを検出しましたが、その一部を修正できませんでした」と表示されて修復が完了しない場合は、PCに搭載しているハードウェアが故障していたり、Windowsに修復できないエラーが発生していることが考えられます。

システムファイルを修復できたらPCを再起動して、Windows Updateが正常に進まないか確認してください。

解決しない場合は

全ての方法を試しても、インストールの保留中が解決できない場合は、Windowsに重大なエラーが発生していることが考えられます。

そのため、Windowsの初期化を検討してください。Windowsを初期化することで解決できない問題をリセットすることができます。

初期化をしても同様の問題が発生する場合は、ハードディスクの破損が疑われます。ハードディスクの交換か、PCの修理・買い替えを検討してください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)