AndroidシステムのWebViewとChromeが更新できない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Androidのスマホやタブレットには、「AndroidシステムのWebView(Android Syste WebView)」というシステムアプリと「Chrome」が標準でインストールされています。

しかし、GooglePlayストアから更新しようとしても、アップデートが途中で止まったり、アップデートを実行できないケースがあります。

本記事では、AndroidシステムのWebViewとChromeが更新できない/アップデートできない時の対処方法について詳しく紹介します。

対処1: アプリのアップデートをキャンセルする

AndroidシステムのWebViewとChromeのアップデート中に問題が発生して、アップデートの処理が止まっているケースが考えられます。

また、別のアプリも同時にアップデートしようとしている場合もアップデートの処理に問題が起きるケースがあります。

そのため、全てのアプリのアップデートを一度キャンセルしてから、やり直すことで問題が解決する可能性があります。

全てのアプリのアップデートをキャンセルしてやり直すには、以下の手順で操作してください。

  1. 「Google Playストア」アプリを起動します。
  2. 右上の「アカウントアイコン」をタップします。
  3. 「アプリとデバイスの管理(マイアプリ&ゲーム)」をタップします。
  4. 「利用可能なアップデートがあります」という表示の下にある「詳細を表示」をタップします。
  5. 「すべてキャンセル」をタップして、アプリのアップデートを取り消します。
  6. 「AndroidシステムのWebView」の横にある「更新」をタップしてアップデートを実行します。
  7. 「Chrome」の横にある「更新」をタップしてアップデートを実行します。

WebViewとChromeの更新をやり直せたら、正常にアップデートできたことを確認してください。アップデートが正常に完了しない場合は、次の対処方法に進んでください。

対処2: Google Playストアのデータを削除する

Google Playストアのキャッシュやアプリデータに問題が起きていることが原因で、AndroidシステムのWebViewとChromeを更新できないケースがあります。

そのため、Google Playストアのキャッシュとアプリデータを一度削除してから、アップデートをやり直しみてください。Google Playストアのデータを削除するには、以下の手順で操作します。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「アプリと通知」をタップします。
  3. アプリ一覧から「Google Playストア」をタップします。
    • アプリが見つからない場合は、「アプリをすべて表示」をタップしてください。
  4. 「ストレージ」をタップします。
  5. 「データを削除(またはストレージを削除)」をタップします。
  6. 確認ポップアップが表示されたら「OK」をタップします。

以上の手順で、Google Playストアのデータを削除することができます。

削除が完了したらGoogle Playストアを起動して、WebViewとChromeが更新できるようになったか確認してください。

対処3: WebViewとChromeのキャッシュをクリアする

AndroidシステムのWebViewとChromeのキャッシュデータに問題があることが原因で、正常に更新できないケースが考えられます。

そのため、Google Playストアのデータの削除を行っても解決しない場合は、WebViewとChromeのキャッシュデータの消去を試してみてください。

WebViewとChromeのキャッシュデータを消去するには、以下の手順で操作します。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「アプリと通知」をタップします。
  3. アプリの一覧で、「AndroidシステムのWebView」をタップします。
    • アプリが見つからない場合は、「アプリをすべて表示」をタップしてください。
  4. 「ストレージ」をタップします。
  5. 「キャッシュを消去」をタップします。
  6. アプリ一覧の画面に戻って、同様の手順で「Chrome」のキャッシュを消去します。

WebViewとChromeのキャッシュデータを消去できたら、Google Playストアを起動して、正常に更新できるようになったか試してみてください。

対処4: 機内モードのオン/オフを切り替える

Androidデバイスのネットワーク接続に問題が起きていることが原因で、AndroidシステムのWebViewとChromeを正常に更新できないケースが考えられます。

そのため、機内モードを切り替えてネットワークに再接続することで問題が解決する可能性があります。機内モードを切り替えるには、以下の手順で操作してください。

  1. 画面上端から下方向にスワイプして通知パネルを表示します。
  2. もう一度画面上端から下方向にスワイプしてクイック設定パネルを表示します。
  3. 「機内モード(飛行機アイコン)」をタップして「オン」に切り替えます。
  4. 数秒待ってから再度「機内モード(飛行機アイコン)」をタップして「オフ」に戻します。

機内モードのオン/オフを切り替えれたら、Google PlayストアからWebViewとChromeの更新をやり直してみてください。

対処5: Androidデバイスを再起動する

Androidに一時的なシステムトラブルが発生していることが原因で、AndroidシステムのWebViewとChromeの更新ができないケースが考えられます。

一時的なシステムトラブルであればAndroidデバイスを再起動することで解決できる場合が多いです。

そのため、Androidデバイスを再起動してから、アプリのアップデートができないか確認してください。Androidデバイスを再起動するには、デバイスの「電源ボタン」を長押しして「再起動」をタップしてください。

Androidデバイスを再起動できたら、Google Playストアを起動してWebViewとChromeの更新ができないか試してみてください。

対処6: WebViewを再インストールする

AndroidシステムのWebViewを再インストールすることで、更新できない問題が解決する可能性があります。

そのため、WebViewを一度アンインストールしてから再インストールしてみてください。WebViewを再インストールする手順は、以下の通りです。

  1. Google Playストアを起動します。
  2. 検索ボックスに「AndroidシステムのWebView」と入力して検索します。
  3. 検索候補から「AndroidシステムのWebView」をタップします。
  4. WebViewのページが開いたら、「アンインストール」をタップします。
  5. 確認ダイアログが表示されたら「アンインストール」をタップします。
  6. アンインストールが完了したら、「更新」をタップしてアップデートを実行します。

以上の手順で、WebViewを再インストールすることができます。WebViewを正常に再インストールできたら、Chromeのアップデートができるようになったか試してみてください。

対処7: Chromeを無効化してWebViewを更新する

Androidのバージョンによっては、Chromeが有効になっていると自動的にAndroidシステムのWebViewが無効化される仕様になっている場合があります。

そのため、WebViewのアップデートの操作を実行できない場合は、Chromeを無効にしてからWebViewを更新してみてください。

Chromeを無効にしてからWebViewをアップデートするには、以下の手順で操作します。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「アプリと通知」をタップします。
  3. アプリ一覧から「Chrome」をタップします。
    • アプリが見つからない場合は、「アプリをすべて表示」をタップしてください。
  4. 「無効」をタップして、確認ポップアップが表示されたら再度「無効」をタップします。
  5. Chromeを無効にできたら、Google Playストアを起動して「AndroidシステムのWebView」をアップデートします。
  6. WebViewのアップデートが完了したら、Chromeを同じ手順で「有効」に戻します。

以上の手順で、Chromeを無効にしてからWebViewを更新することができます。WebViewのアップデートが正常に完了したら、PlayストアからChromeの更新も行ってください。

対処8: WebViewのベータ版の使用を終了する

AndroidシステムのWebViewのベータプログラムを使用していることが原因で、WebViewとChromeの更新に問題が起きる場合があります。

そのため、WebViewのベータプログラムを使用している場合は、使用を終了して元のバージョンのWebViewに戻してみてください。

WebViewのベータプログラムの使用を終了するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Google Playストア」アプリを起動します。
  2. 右上の「アカウントアイコン」をタップします。
  3. 「アプリとデバイスの管理(またはマイアプリ&ゲーム)」をタップします。
  4. アプリの一覧から「AndroidシステムのWebView」をタップします。
  5. 「ベータ版テスター」の「終了」をタップします。
  6. 確認ポップアップが表示されたら「終了」をタップします。

ベータ版WebViewの使用を終了できたら、WebViewとChromeを正常にアップデートできないか試してみてください。

対処9: APKファイルをダウンロードして手動でアップデートする

ここまでの方法でアップデートできない場合は、最新のWebViewとChromeのAPKファイルを手動でインストールすることで、最新バージョンにアップデートできる可能性があります。

ただし、サードパーティのAPKサイトから最新のAPKファイルを入手する必要があるため、必ず信頼できるサイトからダウンロードしてください。

最新のWebViewとChromeのAPKファイルを手動でインストールするには、以下の手順で操作します。

  1. 『APKmirror.com』などのAPKサイトにアクセスします。
  2. 「AndroidシステムのWebView」と「Chrome」の最新バージョンのAPKファイルをダウンロードします。
  3. ダウンロードしたAPKファイルをタップして、インストールを実行します。

APKファイルのインストールができない場合は、以下の手順で不明なアプリのインストールを許可してください。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「アプリと通知」をタップします。
  3. 「詳細設定」→「特別なアプリアクセス」の順にタップします。
  4. 「不明なアプリのインストール」をタップします。
    • 機種によって項目の場所が異なる場合があります。上記の手順で開けない場合は、次の手順を試してください。
      • 「設定」→「デバイスおよびプライバシー」→「不明なソースのインストール」
      • 「設定」→「生体認証とセキュリティ」→「不明なアプリのインストール」
  5. 「APKファイルをインストールする時に使うアプリ(Chromeやファイルエクスプローラなど)」をタップします。
  6. 「この提供元のアプリを許可」のスイッチを「オン」に変更します。

不明なアプリのインストールを許可できたら、再度APKファイルをタップしてインストールを試してください。

APKファイルをインストールできたら、WebViewとChromeが最新バージョンにアップデートできたか確認してください。

コメントを残す

*