Windows10 – スタートアップ修復のやり方・実行手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10が起動できない際に、トラブルを自動で解決してくれるのが「スタートアップ修復」という機能です。しかし、Windowsが起動しない状態からどうやってスタートアップ修復を実行すればいいか分からない方も多いと思います。

今回は、Windows10でスタートアップ修復をする方法について詳しい手順を紹介します。

スタートアップ修復とは

スタートアップ修復とは、Windowsの標準機能の一つで、Windowsが起動する際のエラーを診断して修復してくれる機能のことです。

スタートアップ修復は、マスターブートレコード(MBR)やエントリの修復、チェックディスク、起動関連のシステムファイルの修復などが自動で行われます。

主に正常に起動できないパソコンを修復する時に使います。ただし、全てのトラブルを解消できるわけではないのでご注意下さい。

スタートアップ修復の実行方法

Windows10でスタートアップ修復を実行するには、次の手順で操作します。

  1. 回復ドライブまたはWindows10インストールメディアをパソコンに接続してパソコンの電源を入れます。
  2. 回復ドライブを使う場合はキーボード選択画面でMicrosoft IMEをクリックで選びます。インストールメディアを使う場合は「次へ」をクリックした後「コンピュータを修復する」をクリックします。
  3. 続いて「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「スタートアップ修復」とクリックして進みます。
  4. OSを選択します。
  5. 場合によってはユーザーアカウントの選択とパスワードを求められる場合があります。その場合はMicrosoftアカウントの情報を入力してログインします。
  6. スタートアップ修復が開始されます。処理が完了するまでしばらく待ちます。
  7. 修復が完了したらパソコンを再起動し、問題が解決したか確認します。

スタートアップ修復ができない場合

スタートアップ修復を実行しても、いつまで待っても修復が終わらなかったり、スタートアップ修復を何度も繰り返してしまうトラブルがあります。

スタートアップ修復ができない場合は、次のページを参考にして下さい。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)