Windows10 – スタートアップ修復のやり方・実行手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10が起動できない際に、トラブルを自動で解決してくれるのが「スタートアップ修復」という機能です。しかし、Windowsが起動しない状態からどうやってスタートアップ修復を実行すればいいか分からない方も多いと思います。

今回は、Windows10でスタートアップ修復をする方法について詳しい手順を紹介します。

スタートアップ修復とは

スタートアップ修復とは、Windowsの標準機能の一つで、Windowsが起動する際のエラーを診断して修復してくれる機能のことです。

スタートアップ修復は、マスターブートレコード(MBR)やエントリの修復、チェックディスク、起動関連のシステムファイルの修復などが自動で行われます。

主に正常に起動できないパソコンを修復する時に使います。ただし、全てのトラブルを解消できるわけではないのでご注意下さい。

スタートアップ修復の実行方法

Windows10でスタートアップ修復を実行するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」→「電源ボタン」の順にクリックし、「Shift」キーを押したまま「再起動」をクリックします。
    • Windowsが起動しない状態の場合は、以下の手順で回復環境を起動します。
      1. 回復ドライブ、またはWindows10インストールメディアをパソコンに接続してパソコンの電源を入れます。
        • どちらも手元にない場合は、『Windows回復環境』を参考にしてWindows回復環境を起動してください。
      2. PCの起動後の画面で、「Press any Key to boot From CD or DVD…」のメッセージが表示されたらEnterキーを入力します。
        • メッセージが表示されない場合は、PCの起動画面で「Boot Select」のショートカットキーを入力して、回復ドライブ、またはWindows10インストールメディアを起動してください。
      3. 回復ドライブを使った場合は、キーボード選択画面で「Microsoft IME」をクリックで選びます。インストールメディアを使った場合は、「次へ」をクリックした後「コンピュータを修復する」をクリックします。
  2. 「オプションの選択」画面が表示されたら、「トラブルシューティング」をクリックします。
  3. 「詳細オプション」→「スタートアップ修復」の順にクリックして進みます。
  4. 「オペレーティングシステムの選択」が表示された場合は、修復する「Windows10」を選択します。
  5. ユーザーアカウントの選択とパスワードを求められたら、「Microsoftアカウント」を選択して「パスワード」を入力して「続行」をクリックします。
  6. スタートアップ修復が開始されます。処理が完了するまでしばらく待ちます。
  7. スタートアップ修復が正常に完了したらWindowsが起動します。

以上の手順でスタートアップ修復を実行することができます。完了したら、Windowsの問題が解決したか確認してください。

スタートアップ修復ができない場合

スタートアップ修復を実行しても、いつまで待っても修復が終わらなかったり、スタートアップ修復が失敗してしまうケースがあります。

また、スタートアップ修復が実行すると再起動がループして、何度も「スタートアップ修復でPCを修復できませんでした」の画面が表示されるトラブルが発生することがあります。

スタートアップ修復が失敗してしまったり、できない場合の対処方法は、次のページで詳しく紹介しているので合わせて参考にしてください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)