「モバイルネットワークが利用できません」と出て通話できない時は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
モバイルネットワークが利用できません

「モバイルネットワークが利用できません」

Android端末にて、通話を発信しようとすると、このようなエラーが表示される場合があるようです。このような場合、どうすれば通話ができるようになるのでしょうか?

今回の記事では、「モバイルネットワークが利用できません」と表示された時の対処法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

機内モードのON・OFF切り替え

xperia-ステータスバー
まず試してほしいことが、「機内モードのON → OFF」です。

機内モードを1度有効にすることで、モバイルネットワーク・Wi-Fi・GPSなどなど… すべての通信機能がオフになります。

そして、機内モードを解除してもう一度通信が出来るようになった時に、正常通り通話が可能になっている場合があります。

SIMカードがきちんと差し込まれているか確認する

simカード
スマートフォンを動かすのに必要な「SIMカード」が、うまく読み込まれていない可能性があります。

SIMカードとは、スマートフォン・携帯電話(ガラケー)を使って通信をするために必要なカードのこと。

SIMカードは、カード1つ1つの固有のIDが振り当てられており、それを端末に装着することで、「その端末は誰が利用しているものか」を特定することができます。SIMカード = 携帯電話の身分証明書 と思ってもらえればOKです。

一度、Androidの電源を切ってから、SIMカードを取り出してみましょう。カードにゴミ・汚れが付着していればクロスでふき取ってください。もう一度、挿入して起動するかどうかを確認してみましょう。

なお、SIMカードの出し入れをする際は、必ず電源を切るようにしましょう!電源を入れたまま外すと故障の原因となる場合があります。

「格安SIM」会社と契約している場合は、APNの確認を

格安sim
最近よく名前を聴くようになってきた「格安SIM」会社。

格安SIMでは、Softbank・docomo・auといった大手キャリアよりも低価格で通信サービスが提供されています。

月々のスマートフォン利用料も安くなることから、大手から乗り換えている方も増えています。

しかし、格安SIMが原因で「モバイルネットワークが利用できません」と出てしまうケースも…。

それを解消するためには、スマートフォン本体の設定にて「APN」と「モバイルデータ通信」について確認しましょう。

APN … アクセスポイント名を設定しよう

apn
APNとは、スマートフォン等の携帯電話の回線を使ってデータ通信を行う機器において、ネットワークに接続する際に必要となる設定のことです。「アクセスポイント名」という意味の略になっています。

普通、大手キャリアのスマートフォンはこのAPNが設定されていますが、格安SIMを使っていると話は別。自身で設定しないとモバイルネットワークを使用できない場合があります。

確認方法は、本体の「設定」より、「無線とネットワーク」→「もっと見る」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」の順に進みましょう。

すると格安SIMの会社名がズラリと並んでいるリストが出てくるので、現在契約中の会社のAPNを選択しましょう。もし、リストの中に契約中のAPNが無い場合、画面上部の+のボタンよりAPNの追加設定ができます。

「モバイルデータ通信」の確認もお忘れなく

モバイルデータ通信をオン
APNの設定が終わったら、「モバイルデータ通信」が有効になっているかを確かめましょう。これがオフになっていると、一切のデータ通信ができません。

本体の「設定」より、「無線とネットワーク」→「データ使用量」→「SIM名」の順に進みます。

最後に、「モバイルデータ」という項目がONになっているか確認しましょう。OFFになっていればONに切り替えてください。

NMPの回線切り替えがうまくできていないことも

mnp
NMP(携帯電話番号ポータビリティー)を利用して携帯会社を変更・機種変更した場合、回線切り替えができていない可能性があります。

NMP転入切り替えの手続きを済ませていない方は、契約した会社のページにアクセスし手続きを進めましょう。

会社によっては、切り替えの時間に制限があるところもあります(例:午前9時から午後8時までの間のみ受け付け)。この時間外で設定をしても、電話が通じることはありませんので、手続きをする際には気を付けましょう。

しばらくの間Androidの電源をOFFにしてみる

android再起動
スマートフォンの電源をOFFにした状態で、しばらく放置しておくことによって、通話が出来るようになるケースがあります。

電源オフで放置をする際に、もしお使いの機種がバッテリー取り外し可能なものであれば、バッテリーを本体から外しておくようにしましょう。

理由としては、バッテリーを外すことによりスマートフォン内部への電源供給が完全にSTOPするので、デバイスをしっかり休ませることができるためです。

ここまでやっても通信ができない場合は?

記事を最後まで読んでくださり有難うございます。

「書いてある手段をすべて試したけど、通話ができないままだ!」

という方は、一度現在契約中の会社に問い合わせ・もしくはショップへ行ってみるようにしましょう。Android本体・SIMカードに異常が発生していることも考えられます。もしくは、回線業者側にネットワークトラブルが発生していることも。

困った場合は、一度サポート問い合わせをしてみましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)