Windows10でマカフィーがアンインストールできない時の原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新しいパソコンを買ってしばらくすると、マカフィーというソフトから「期限切れです」「製品版を購入してください」というメッセージが表示されることがあります。

放置すると何度も同じメッセージが表示され続けるのでやっかいですよね。しかし、Mcafeeを消していいか分からなかったり、アンインストールできなかったり…と、そのままにしている人も多いです。

そこで、本記事ではWindows10のマカフィーについての解説とアンインストール方法について解説します。

スポンサーリンク

マカフィーとは何か?


マカフィーはセキュリティ対策ソフトです。多くのパソコンに体験版としてマカフィーが最初からインストールされていて、体験版の期限が切れると画面にメッセージが表示され購入を促してくるようになります。

ただし、マカフィーの期限が切れたりマカフィーそのものを消してしまったりしても、パソコンがすぐにウイルスにやられてしまうわけではありません。

Windowsパソコンにはもともと「Windows Defender」というセキュリティ機能が備わっているため、ある程度のウイルスや脅威はマカフィーのようなウイルス対策ソフトがなくてもWindows Defenderが防いでくれます。

Windows Defenderも近頃はずいぶん強力になり、ウイルス対策ソフトはもう不要だという声もあります。

しかしそれでも信頼できる専門のセキュリティソフトを使うべきだと考える人は今でも多いです。

マカフィーは消しても大丈夫?


セキュリティソフトには、パソコンのセキュリティをさらに高めたりパソコンの状態をチェックしたりする機能も付属しています。

そのため、多くのユーザーは有料のセキュリティソフトを購入しており、もちろん有料版のマカフィーも個人・企業問わず世界中の多くの人から利用されています。

マカフィーの体験版が買ったばかりのパソコンに入っているのは、基本的には製品版マカフィーの販促と宣伝が目的です。

そのため、試用期間が過ぎたマカフィーは、製品版を使う予定がない限り削除して問題ありません。

期限切れメッセージが表示されるようになったら

体験版マカフィーの期限が切れた後は表示され続けるメッセージを消すだけでなく、これからのセキュリティ対策についても考えなくてはなりません。多くの場合、次の3つのどれかを選ぶのが良いと思われます。

マカフィーの製品版を購入する


体験版を使ってみて今後も使い続けたいと思ったらマカフィーの製品版を購入するのが良いでしょう。

製品版を購入するには、試用期間のメッセージの「購入」をクリックするか、タスクバーより「マカフィーのコントロールパネル」を開き「Mcafee保護製品を入手」をクリックして手順に従ってください。

別のウイルス対策ソフトをインストールする


マカフィー以外でもセキュリティソフトは無償のものから有償のものまでたくさんあります。ネットの口コミやランキングを見て、自分に合うセキュリティソフトがあればインストールしましょう。

ただし別のウイルス対策ソフトをパソコンにインストールする場合、セキュリティソフトが重複するとパソコンのトラブルの原因になります。

そのため、既にインストールされている体験版のマカフィーは必ずアンインストール(削除)してからインストールしましょう。

ウイルス対策ソフトは使わない


会社利用の場合あまり推奨されませんが、「Windows Defender」があるのでウイルス対策ソフトを使わない、という選択肢もあります。

マカフィーはそのままにしておいても特別害があるわけではありませんが、メッセージが出続ける上、パソコンの動作が遅くなる原因になることもあります。

Windows Defenderを使う場合でも、マカフィーをアンインストールしておいたほうがいいでしょう。

マカフィーをアンインストールする方法

「別のウイルス対策ソフトを購入する」もしくは「ウイルス対策ソフトは使わない」場合、体験版マカフィーのアンインストールが必要です。

ここからはマカフィーのアンインストールの方法について解説していきます。

マカフィーのアンインストール手順(Windows10)


マカフィーをアンインストールするには以下の手順で操作します。

  1. デスクトップの下部にある検索ボックスをクリックします。
    (*もし見つからなければキーボードで「Windowsキー」と「Sキー」を同時に押します。)
  2. 検索ボックスに入力できるようになったら、「コントロールパネル」と入力します。
  3. 検索結果が表示されたら、検索結果に現れた「コントロールパネル」をクリックします。
  4. コントロールパネルが表示されます。続いて「プログラムのアンインストール」をクリックします。
  5. パソコンにインストールされているプログラムの一覧が表示されます。一覧から「マカフィー」または「McAfee」と書かれたプログラムを探し、文字の上で右クリックします。
  6. 右クリックメニューから「アンインストールと変更」を選びます。
  7. 手順に従ってアンインストールを行います。

アンインストール時に、「削除する項目を選択してください」と聞かれた場合、すべてのチェックボックスにチェックをいれます。

マカフィーのアンインストールが終わるまでしばらく待って、完了したらパソコンを再起動しましょう。以上で、マカフィーからのメッセージは表示されなくなります。

マカフィーをアンインストールできない時の対処法

マカフィーをアンインストールしようとしても、なぜかできないケースがあるようです。

もし、Windowsに複数のアカウントでサインインしている場合は、管理者以外のユーザーでサインアウトしてからもう1度マカフィーのアンインストールを試してみてください。

管理者のはずなのに、アンインストールできない場合は、次の手順を試してください。

それでもアンインストールできない時は「専用削除ツール」


それでもアンインストール出来ない場合は、マカフィー公式より「専用削除ツール」が提供されています。

以下の手順でマカフィーをアンインストールしてください。画面の指示は英語ですが特に難しい操作や設定はありません。

  1. マカフィーをアンインストールしたいパソコンで「http://mcaf.ee/mcpr」を開きます。
  2. ユーザーアカウント制御画面が表示された場合は「はい」をクリックします。
  3. 「Next」ボタンをクリックして進め、ライセンス同意書画面が表示されたら「Agree」にチェックを入れて「Next」をクリックします。
  4. 画像認証を行います。表示されたアルファベットと数字を入力してからNextをクリックします。

しばらく待つとマカフィーの削除が行われます。最後に「Restart」ボタンをクリックするとパソコンが再起動し、アンインストールが完了します。

また、専用削除ツールでも削除できない場合はサポートに連絡を行います。

マカフィーは海外の企業ですが日本語でのサポートも行っています。問い合わせ方法は電話とチャットの2種類です。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)