Windows10で突然「使用可能な接続はありません」と出て未接続の時は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Windows10パソコンでWifiや有線LANでインターネットに接続しようとしても、なぜかタスクバーのWifiにバツマークが表示されネットに接続できないことがあります。

また、今まで何の問題もなかったのに突然インターネットに接続できなくなるケースもあります。

本記事では「使用可能な接続はありません」というエラーが表示されてパソコンがインターネットに繋げなくなってしまった場合に有効な対処法をいくつか紹介します。

複数の対処法を試すことで少しずつ原因が判明することも多いので、そのような症状でお困りの方の参考になればと思います。

Wifi・LANにバツマークが付く原因


Windows10のタスクバーのWifi(もしくはLAN)にバツマークが付いて「未接続 – 使用可能な接続はありません」と表示される原因としては、主に次の3つが考えられます。

接続に物理的な問題がある

無線子機やWifiルーター(無線親機)、もしくは有線で接続している場合はケーブルとLANポートに物理的な異常がないか確認します。

パソコンまたはルーターの一時的な不具合

この場合、簡単な再起動で問題が改善することがあります。改善しなければインターネットの接続状態を確認します。

ネットワークドライバの不具合

パソコンのインターネット接続機能に異常がある可能性があるので、ドライバの有効化や再インストールを試します。

以上の3つの原因について、それぞれの対処法をご紹介します。

接続に物理的な問題がある

無線で接続している場合


Wifiで接続しようとしている場合は、パソコン側のWifi子機の機能が有効になっているか確認します。

タスクバーにある「無線LANアイコン」をクリックして、表示されるメニューの中にある「Wi-Fi」パネルを見ます。

もしWi-Fiパネルがグレーになっていた場合は、パネルをクリックしてWi-Fi機能をオンにします。また、機内モードがオンになっていると無線接続ができませんので必ず機内モードはオフにしてください。

無線子機を搭載しているノートパソコンの場合は、機種によっては本体に無線LAN機能の切り替えスイッチが備わっているものがあります。もしスイッチがあればオンにして無線機能が使えるようにしてください。

有線で接続している場合


有線接続の場合は、接続ポート・LANケーブル・ルーターに問題がないか確認しましょう。

ケーブルがLANポートにしっかり接続されているか、ケーブルが断線など起こしていないかを確認します。

接続しているLANポートの劣化・破損が原因で接続できないケースもあるので、ルーターの別のLANポートにケーブルを繋いでみて問題が解決しないか試してください。

また、ルーター自体が故障しているケースも考えられます。

もし2台目のパソコンなど、ルーターに接続できる端末があればそちらの端末でインターネットに繋がるかどうか確かめてみると原因が特定しやすくなります。

パソコンまたはルーターの一時的な不具合


パソコンが重かったり、ルーター自体の処理のトラブルで一時的に接続ができないケースが考えられます。

パソコンとルーターの電源を一度完全に切ってから再起動を行って症状が改善しないか確認してみてください。

手順としては、まずパソコンをシャットダウンさせてからルーターの電源を切ります。ルーターに電源ボタンがない場合は電源を抜きます。

その状態で10分以上待ち、ルーター→パソコンの順に電源を入れ直して問題が改善したかどうか確認します。

ネットワークドライバに問題がある

パソコン側のインターネットに接続するためのネットワークドライバに問題があると、正常に接続することができません。

ネットワークドライバの再起動を試した上で、改善しない場合はネットワークドライバーの修復を行なって下さい。

ネットワークドライバの有効化・再起動手順


Windows10の場合は、以下の手順でネットワークドライバーを再起動することができます。

  1. タスクバーにある「スタートボタン」を右クリックします。
  2. 右クリックメニューが開くので、その中から「ネットワーク接続」を選んでクリックします。
  3. ネットワーク接続設定画面が開きます。表示されている画面の中から「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。
  4. 新しく表示されたウインドウの中から、有線接続の場合は「イーサネット」、無線接続の場合は「Wi-Fi」と書かれたアイコンを確認します。
  5. もし「無効」という表示がある場合は右クリックし、右クリックメニューから「有効にする」を選択します。
  6. 既に有効になっている場合は再接続を行います。アイコンを右クリックし、右クリックメニューから「無効にする」を選びます。その後もう1度同様に右クリックし、今度は「有効にする」を選択します。

ネットワークドライバの再起動を試しても改善しない場合はドライバに問題があることが考えられます。次の項目の対処法をお試しください。

ネットワークドライバを修復する手順


ネットワークドライバの状態を確認し、問題があれば修復を行います。

  1. 「スタートボタンを」右クリックし、「デバイスマネージャ」を選択します。
  2. デバイスマネージャウインドウが表示されます。「ネットワークアダプター」の項目を探し、「左の矢印ボタン」をクリックします。
  3. ツリーが展開されます。「表示されたアダプター名」を右クリックします。
  4. もし右クリックメニューの中に「有効」または「有効にする」という項目がある場合はドライバが無効になっています。「有効」または「有効にする」をクリックしてドライバを有効化します。
  5. 有効化しても直らない、または「有効にする」の項目がない場合は、ドライバの再インストールを行います。「ドライバ名」を右クリックし、「削除」または「デバイスのアンインストール」を選択します。
  6. 確認メッセージが表示されるので、「アンインストール」をクリックします。
  7. パソコンを再起動します。

再起動後、ドライバは自動でインストールされるので、未接続のエラーが解消したか確認して下さい。

それでも直らない場合

稀にOSのアップデートによる不具合でインターネット接続に問題が発生することがあります。

この場合は、パソコンが正常だった頃の状態に戻す「システムの復元」が有効なことがあります。

ただし状況によってはシステムの復元を行っても直らない、または一時的に直っても症状が再発する可能性があるのでデータのバックアップを取った上で自己責任で行ってください。

パソコンがWifiに繋がらないその他の不具合・トラブルについては以下を参考にしてください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)