iCloudストレージが「残りわずか・いっぱい」容量を減らす削除方法 – iOS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

iPhone/iPadで利用することが出来る「iCloud」。デフォルトでは最大5GBまで自由に使用することができ、撮影した写真のバックアップなどに利用することができます。

バックアップ作業も勝手に自動化してくれるため、初心者でも簡単に利用できるというメリットがありますが、気にせず使い続けていると「iCloudストレージが残りわずかです」「iCloudストレージがいっぱいです」と通知されるようになります。

今回は、iCloudストレージが「残りわずか・いっぱい」の問題を解決するために容量を減らす・削除する方法を解説します。

iCloudストレージの容量をが圧迫されてしまう原因

iCloudストレージが圧迫されてしまう原因はいくつかあります。

  • たくさん写真を保存していてiCloudフォトライブラリを有効化している
  • iCloudバックアップを有効化している
  • iCloudにバックアップできるアプリ(LINEなど)をかなり使っている

iCloudを圧迫する要因というと主に上記3点が挙げられます。

それぞれ解決方法が異なりますので、一つずつ対処法を解説していきます。

対処1:iCloudフォトライブラリをオフにする

iCloudストレージを圧迫してしまう一番の要因が「iCloudフォトライブラリ」です。iCloudフォトライブラリを有効化していると、iPhoneに保存している画像や動画を自動的にiCloudストレージへのバックアップを行なってくれます。

これにより、画像や動画を表示させる必要がある場合にのみiCloudからダウンロードする仕組みを利用してiPhoneストレージに空きを作ることができますが、その分iCoudストレージの容量を圧迫することになります。

iCloudライブラリが原因でiCloudストレージを圧迫している場合は、以下の手順で無効化できます。ただし注意しないと画像を消失させてしまうため、そのことについても解説していきます。

iCloudを無効化する手順

  1. iPhoneの設定アプリを開きます。
  2. 設定画面一番上の[AppleID、iCloud、iTunes…]と書かれた項目をタップします。
  3. [iCloud]をタップします。
  4. [写真]をタップします。

ここまで進めたら「iPhoneのストレージを最適化」「オリジナルをダウンロード」のどちらにチェックが入っているか確認します。

「iPhoneのストレージを最適化」にチェックが入っている場合

「iPhoneのストレージを最適化」にチェックが入っている場合は以下の手順を行ってください。

  1. [オリジナルをダウンロード]にチェックします。
  2. 写真アプリを起動して写真タブに移動します。
  3. 一番下までスクロールし、iCloudストレージからのダウンロード状況を確認します。
  4. ダウンロードが全て終わったら写真の設定(「iCloud」→「写真」)に戻ります。

「iPhoneのストレージを最適化」にチェック入っている場合、iPhoneにオリジナルがない画像はすべて削除されるため、必ず上記の作業を行ってください。

iCloud写真を無効化して削除する

上記作業を完了した、もしくは元から「オリジナルをダウンロード」にチェックが入っていた場合は、次の手順でiCloud写真を無効化して削除します。

  1. [iCloud写真]のチェックを外します。
  2. 左上の[iCloud]をタップしてiCloud設定画面に戻ります。
  3. [ストレージを管理]をタップします。
  4. [写真]をタップします。
  5. [無効化して削除]をタップし、そのまま[写真かビデオを削除]をタップします。

以上でiCloudストレージに保存された画像や動画が削除され、iCloudストレージの空き容量を確保することができます。

対処2:iCloudバックアップをオフにする

iCloudバックアップを有効化することで、iPhoneにインストールしているアプリのデータをバックアップすることができます。

この機能を完全に無効化するには以下の手順で行います。

  1. iPhoneの設定アプリを開きます。
  2. 設定画面一番上の[AppleID、iCloud、iTunes…]と書かれた項目をタップします。
  3. [iCloud]をタップします。
  4. [バックアップ]をタップします。
  5. バックアップを無効化したいデバイスをタップします。
  6. [バックアップするデータを選択]に表示されているアプリのチェックを全てオフにします。
  7. [バックアップを削除]をタップし、[オフにして削除]をタップします。

上記の操作で、iCloudバックアップを無効化した上で過去のバックアップを削除でき、iCloudストレージの容量を確保することができます。

ただし、同一アカウントで複数のiPhoneやiPadを使用していた場合、使用しているデバイスの数だけ同様の作業を行う必要があることに注意してください。

対処3:バックアップファイルを個別に削除する

LINEなどの一部のアプリはiCloudストレージにデータをバックアップすることができますが、その量があまりにも多いとiCloudストレージ圧迫の原因になっていることが考えられます。

作成されたバックアップを削除するには以下の手順で行います。

  1. iPhoneの設定アプリを開きます。
  2. 設定画面一番上の[AppleID、iCloud、iTunes…]と書かれた項目をタップします。
  3. [iCloud]をタップします。
  4. バックアップを削除したいアプリをタップします。
  5. [データを削除]をタップし、確認時に表示される[削除]をタップします。

以上で、個別に作成されたバックアップファイルを削除することができます。

この方法でバックアップを削除することはできますが、バックアップそのものを無効化したわけではないため、アプリ側でiCloudストレージへのバックアップを無効化しないとまたバックアップが作成されてしまいます。

アプリ側でバックアップを無効化する方法は、使用しているアプリにより異なるので各自調べるようにしてください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)