PCのディスプレイ/画面が突然一瞬暗くなる・消える時の対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PCでインターネットやゲームを楽しんでいると、モニター画面が一瞬だけ真っ暗になって消えてしまうケースがあります。

真っ暗な状態で数秒待つと画面が復帰するため、一時的な症状なのかPCに問題があるか判断がつきにくいトラブルです。

しかも、消える現象は突然で何回も起こってしまうと、PCが故障していないか不安になる方も多いと思います。

本記事では、Windows10のPCで、ディスプレイが一瞬暗くなる、また突然消える時の対処法を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

対処1: ディスプレイの接続を確認する

外部ディスプレイを使用している場合は、ディスプレイケーブルの端子の接触不良で画面が一瞬暗くなるケースがあります。

そのため、ディスプレイケーブルを接続している端子が緩んでいないか確認して下さい。端子の接続部分は、ディスプレイ側とPC側にあるので、両方の接続を確認して下さい。

また、ディスプレイの電源ケーブルもしっかり接続できているか確認しておきましょう。

対処2: 別のケーブル・映像端子で接続してみる

使用しているディスプレイケーブルや映像端子に問題があり、画面が一瞬暗くなるケースがあります。

次の方法を試して、同様の現象が起きないか確認して下さい。

  • 別のディスプレイケーブルで接続してみる
  • 別の規格の端子(HDMI、DisplayPort、D-Sub、DVIなど)に接続してみる
  • 変換アダプターを使用している場合は、直接接続してみる

上記の方法で解決する場合は、ケーブルや変換アダプタの不良、端子の破損が考えられます。必要に応じて別の機器の購入を検討して下さい。

対処3: ディスプレイドライバーを更新・再インストールする

使用しているディスプレイドライバーに問題があり、画面が一瞬消える症状が出ているケースがあります。

Windows10では、Windowsアップデートと同時に最新のドライバーが自動でインストールされます。しかし、Windowsアップデートで適切なドライバーがインストールされないケースもあります。

そのため、ディスプレイドライバーを手動で最新のバージョンに更新、もしくは再インストールすることで改善できる可能性があります。

ディスプレイドライバーの更新と再インストール方法は、次のページを参考にして下さい。

対処4: 保留中のWindowsアップデートを適用する

Windowsアップデートの更新プログラムが保留中でアップデートができていないと画面が消える症状が出る場合があります。

次の手順でWindowsアップデートを確認して、保留中のアップデートがある場合はアップデートを行って下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を開きます。
  2. Windowsの設定で「更新とセキュリティ」を開きます。
  3. 左ペインで「WindowsUpdate」を選択していることを確認します。
  4. 「インストールの保留中」のアップデートがある場合は、「今すぐインストール」をクリックしてアップデートを行います。

対処5:グラフィックカードの設定を変更する

NVIDIA GeForceのグラフィックカードを搭載している場合、Windowsアップデート後に画面が一瞬消える症状が出る場合があります。

上記の症状は、Windowsアップデート時にNVIDIAコントロールパネルの設定が変更されてしまうことが原因として考えられます。

そのため、NVIDIAコントロールパネルの設定を変更することで画面が消える症状を改善できる可能性があります。

次の手順でNVIDIAコントロールパネルの設定を変更して見て下さい。

  1. 「NVIDIAコントロールパネル」を開きます。
  2. 左ペインで「ディスプレイ設定」のツリーを展開します。
  3. 「デスクトップカラー設定の調整」をクリックします。
  4. 「ディスプレイに報告するコンテンツのタイプ」を「デスクトッププログラム」に変更します。
    • 「ディスプレイに報告するコンテンツのタイプ」が表示されない場合は、「NVIDIAの設定を使用する」にチェックを入れて下さい。
  5. 「適用」をクリックして設定を保存します。

対処6: バックグラウンドのアプリを停止する

PCにインストールしたバックグラウンドで動作しているアプリが原因で、画面が一瞬暗くなるケースがあります。

そのため、バックグラウンドで動作するアプリを一旦停止させることで、突然画面が消える症状を解消できる可能性があります。

バックグラウンドアプリを停止するには、次の手順でスタートアップ起動を停止して下さい。

  1. タスクバーを右クリックして「タスクマネージャー」を起動します。
  2. 「スタートアップ」タブをクリックします。
    • タブが見つからない場合は、「詳細」をクリックして下さい。
  3. PC起動時にバックグラウンドで起動するアプリの一覧が表示されます。
  4. 状態が「有効」になっている不要なスタートアップのアプリを右クリックして「無効化」を選択します。
    • 提供元が「Microsoft」のアプリは、Windowsの動作に影響が出るケースがあるため注意して下さい。
  5. スタートアップの設定が変更できたら、PCを再起動して設定を反映して下さい。

PCが再起動できたら、画面が一瞬暗くなる症状が改善していないか確認して下さい。

対処7: ディスプレイと接続している機器を取り外す

ディスプレイにUSBなどで接続している機器が原因で、画面が一瞬消えるトラブルが起きているケースがあります。

ディスプレイと接続している機器が増えると、ディスプレイの消費電力が上昇して動作が不安定になる場合があります。

そのため、ディスプレイとUSB接続している機器がある場合は、一度全て取り外して同様の現象が起きないか確認して下さい。

対処8: リフレッシュレート値を操作する

リフレッシュレートとは、ディスプレイに表示する情報の更新度合を表す値で、この値が高いとより滑らかな表示具合になります。

しかし、モニターとPCの設定のリフレッシュレートの値が一致していないと、一瞬だけ画面が消えたり、画面が見づらくなる原因になります。

そのため、リフレッシュレートの値を操作することで、画面が一瞬消える症状を改善できる可能性があります。

ディスプレイの「リフレッシュレート」の値を操作するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「システム」をクリックします。
  3. 左ペインで「ディスプレイ」を選択します。
  4. 右ペインで「ディスプレイの詳細設定」をクリックします。
  5. 「ディスプレイのアダプターのプロパティを表示します」をクリックします。
  6. 「モニター」タブをクリックします。
  7. モニターの設定の「画面のリフレッシュレート」を変更します。
    • リフレッシュレートの標準値は「60」です。
    • リフレッシュレートの値を下げて症状が改善しないか確認して下さい。
  8. 「OK」をクリックして設定を保存します。

対処9: 電源プランを「高パフォーマンス」に設定する

PCの電源プラン設定が省電力になっていると、ディスプレイの表示に問題が出るケースがあります。

特にPCでゲームを楽しむことが多い場合は、電源プランを「高パフォーマンス」に設定することで、問題の症状を解消できる可能性があります。

Windowsで電源プランを変更する手順は以下の通りです。

  1. Windowsのスタートメニューを開き、「システムツール」を選択します。
  2. 「コントロールパネル」を選択します。
  3. 「ハードウェアとサウンド」を選択します。
  4. 「電源オプション」を選択します。
  5. 「電源プランの選択またはカスタマイズ」で「高パフォーマンス」を選択します。

電源プランが変更できたら、画面の暗くなる問題が解消していないか確認します。

対処10: イベントビューアーを確認する

Windowsのイベントビューアーのログを確認すると、画面が暗くなっている原因が分かる場合があります。

イベントビューアーを表示して、エラーと警告のログを表示して問題の起きているシステム、アプリケーションがないか確認してみて下さい。

イベントビューアーはすると表示されます。イベントビューアーの画面が表示されたら、以下の手順でエラーのみを表示できます。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックし、「イベントビューアー」を起動します。
  2. 左側の「Windowsログ」を展開し「システム」を選択します。
  3. 右側メニューから「現在のログをフィルター」を選択します。
  4. 「エラー」にチェックを入れて「OK」を選択します。
  5. エラーが発生しているシステムやアプリケーションが表示されます。
    • 画面が暗くなるタイミングに、エラーが起きているシステム・アプリケーションがないか確認します。

エラーが発生しているシステムやアプケーションを終了させることで、問題が解決することもあります。

対処11:「dwm.exe」の問題を解消する

『対処10: イベントビューアーを確認する』でエラーログを確認すると、「dwm.exe」のプロセスが異常終了しているケースがあります。

「dwm.exe」は、Windowsのデスクトップ画面の描画処理を行うプロセスで、終了するタイミングで画面が一瞬真っ暗になります。

「dwm.exe」が異常終了する原因としては、Windowsの描画処理に大きな負担が掛かかっていることが考えられます。

そのため、次のページを参考にして「dwm.exe」の負担を下げて症状が改善しないか検証してみて下さい。

対処12: メーカーのサポートに連絡してみる

ここまでの対処法を行っても一瞬だけ画面が消えてしまう症状が続く場合は、グラフィックボードやディスプレイが故障していることが考えられます。

次の方法を試して、別のデバイスで同様の症状が起きるか確認して下さい。

  • 別のモニターを使用して画面が消えないか確認する
    • 画面が消える場合は、PCのグラフィックボードに問題があります。
  • 同じモニターを別のPCに接続して画面が消えないか確認する
    • 画面が消える場合は、モニターの故障が考えられます。

グラフィックボードやモニターの故障が考えられる場合は、購入したショップやメーカーのサポートセンターに連絡して交換できないか確認して下さい。保証期間内であれば、新品と交換できます。

また、古いグラフィックボードやディスプレイを使っている時は、新たに買い替えることも検討しましょう。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)