AndroidスマホでWi-Fi接続時に「IP設定エラー」が急に出る時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

AndroidのスマホでWi-Fiに接続すると「IPアドレス取得中…」の後に「IP設定エラー」が表示されて、Wi-Fiに接続できない場合があります。また、「IPアドレス取得中」の表示がのまま終わらずWi-Fiに接続できないケースもあります。

上記のエラーが発生すると、Wi-Fiに接続することができないためインターネットを利用することができません。

本記事では、AndroidでWi-Fi接続時に「IP設定エラー」が発生したり、「IPアドレス取得中…」の表示のままになった時の対処法について詳しく紹介します。

「IP設定エラー」の原因

Wi-Fiに接続する際に表示される「IP設定エラー」は、ルーターがAndroidデバイスにIPアドレスを割り当てることができなかった際に発生します。

「IPアドレス取得中…」の表示が続く場合も、同様にデバイスがIPアドレスを取得できていないことを意味します。

Androidデバイスで「IP設定エラー」が発生する原因としては、主に次のことが考えられます。

  • 一時的な通信エラーが発生している
  • Androidデバイスのシステム、またはルーターに一時的な問題が起きている
  • AndroidデバイスのWi-Fiの通信状況に問題がある
  • ルーターのDHCPサーバー機能に問題が起きている
  • Wi-Fiルーターまたは中継器の設定に問題がある、不具合がある
  • Wi-Fiルーターまたは中継器が故障している

Androidデバイス自体の原因ではなく、ルーターやWi-Fiルーター、中継器に原因がある場合も多いです。

簡単に解決できる可能性の高い対処方法から紹介していくので、順にWi-FiのIP設定エラーを解決できないか試してみてください。

スマホ側にIP設定エラーが発生して正常にWi-Fiに接続できない場合は、ぜひ1つずつ試して解決を試みてください。なお、このエラーは何らかの理由でローカルIPを正しく設定できなかった場合に発生します。

対処1: 機内モードを切り替える

Wi-Fi接続時に一時的な通信エラーが発生したことが原因で、「IP設定エラー」が表示されるケースがあります。

一時的な通信エラーであれば、ネットワーク接続をやり直すだけでエラーが解決する可能性があります。

Wi-Fiのネットワーク接続をやり直すには、次の手順で機内モードを切り替えてください。

  1. 画面の上部から下方向にスワイプします。
  2. クイックメニューが表示されたら、「機内モード(飛行機)のアイコン」をタップして「オン」にします。
  3. 再度「機内モードのアイコン」をタップして「オフ」に戻します。

機内モードを切り替えることで、Wi-Fiに自動的に再接続されます。Wi-Fiに再度接続できたら、「IP設定エラー」が解決したか確認してください。

再接続を行なってもエラーが出る場合は、次の対処方法に進んでください。

対処2: デバイスとネットワーク機器を再起動する

Androidの一時的なシステムエラーや、ルーターなどのネットワーク機器に一時的なエラーが起きていることが原因で、「IP設定エラー」が発生することがあります。

そのため、Androidデバイスとネットワーク機器を再起動することで、エラーが解決できる可能性があります。具体的には、次の手順で再起動を行なってください。

  1. ルーターとONU(光回線終端装置)の電源プラグを抜いて電源を切ります。
    • ルーターとONUが一体型の機種の場合もあります。
  2. Wi-Fi用ルーターの電源プラグを抜いて電源を切ります。
  3. Wi-Fiの中継器がある場合は、同様に電源プラグを抜いて電源を切ります。
  4. 電源を切った状態で、そのまま30秒ほど待ちます。
  5. ルーターとONU、Wi-Fi用ルーター、中継器の電源プラグを接続して電源を入れます。
  6. Androidの電源ボタンを長押しして「再起動」をタップします。

 
上記の手順でAndroidデバイスとネットワーク機器を再起動できたら、Wi-Fiの「IP設定エラー」が解決したか確認してください。

対処3: Wi-Fiを再設定する

AndroidデバイスのWi-Fi設定に問題があることが原因で、「IP設定エラー」が発生していることが考えられます。

そのため、Wi-Fi設定を一度削除してから再設定することでエラーが解決する可能性があります。

AndroidデバイスのWi-Fiを再設定するには、次の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「ネットワークとインターネット(無線とインターネット)」→「Wi-Fi」の順にタップします。
  3. 「IP設定エラーが出ているWi-Fiネットワーク名(SSID)」をタップして、「ネットワークを削除」をタップします。
    • 削除の項目が出ない場合は、「Wi-Fiネットワーク名」をロングタップしてみてください。
  4. 再度「Wi-Fiネットワーク名(SSID)」をタップします。
  5. Wi-Fiのパスワードを入力して「接続」をタップします。

以上の手順で、Wi-Fiを再設定することができます。設定後に再接続できたら、「接続済み」と表示されたことを確認してください。再び「IP設定エラー」が出たら次の対処法に進んでください。

対処4: Androidのデバイス名を変更する

Androidデバイスの名前を変更することで、「IP設定エラー」が解決するケースがあります。

そのため、次の手順でAndroidデバイスの名前を変更して、エラーが解決しないか試してみてください。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「システム」→「端末情報」の順にタップします。
  3. 「端末名」をタップします。
  4. 任意の名前に変更して「OK」をタップします。
  5. 「電源ボタン」を長押しして「再起動」をタップします。

デバイス名を変更して再起動できたら、Wi-Fiに正常に接続されたか確認してください。デバイス名を変更してもエラーが出る場合は、次の対処法に進んでください。

対処5: Wi-Fiの通信状況を改善する

AndroidデバイスのWi-Fiの電波状況が悪いことが原因で、「IP設定エラー」が発生することがあります。

特に「IP設定エラー」が発生したりしなかったりする場合は、Wi-Fiの電波状況に問題があることが考えられます。

Wi-Fiの電波状況に問題があることが考えられる場合は、以下の改善方法を試してみてください。

  • 方法1: AndroidデバイスとWi-Fiルーターの距離を近づける
  • 方法2: Wi-Fiルーターの設置場所を家電製品から遠ざける
  • 方法3: Wi-Fiルーターの距離を近づけれない場合は、Wi-Fiの中継器を置く

Wi-Fiの電波状況を改善できたら、Wi-Fi接続時に「IP設定エラー」が発生しなくなったことを確認してください。

補足: Wi-Fiの電波状況を改善できない場合は、以下のページの対処方法も合わせて参考にしてください。

対処6: IPアドレスを自動取得する

Androidのネットワーク設定に誤ったローカルIPアドレスを手動で設定していることが原因で、Wi-Fiに「IP設定エラー」が表示されるケースが考えられます。

また、正しいIPアドレスを設定していても、同じネットワーク内の別のデバイスとIPアドレスが競合して正常に接続できない場合があります。

そのため、Androidのネットワーク設定でIPアドレスを固定している場合は、DHCPサーバーから自動取得する設定に変更することでエラーが解決する可能性があります。

Androidのネットワーク設定を確認して、IPアドレスを自動取得する設定に変更する手順は次の通りです。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「ネットワークとインターネット(無線とインターネット)」→「Wi-Fi」の順にタップします。
  3. 「IP設定エラーが出ているネットワーク名(SSID)」をタップします。
  4. 「詳細設定」をタップします。
  5. 「IP設定」のセレクトボックスが「静的」の場合は、タップして「DHCP」に変更して「保存」をタップします。

以上の手順で、IPアドレスをDHCPサーバーから自動取得することができます。設定が変更できたら、IP設定エラーが解決したか確認してください。

対処7: IPアドレスを変更して固定する

ルーターのDHCPサーバー機能に問題が起きていることが原因で、正しいIPアドレスを取得できずWi-Fiに「IP設定エラー」が表示されるケースがあります。

そのため、AndroidデバイスのIPアドレスを変更して固定した状態で、Wi-Fiのエラーが解決しないか確認してみてください。

この方法は根本的な対処になりませんが、ルーターに問題が起きている場合でもエラーを一時的に回避することができます。

Wi-FiのIPアドレスを変更して固定するには、次の手順で操作します。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「ネットワークとインターネット(無線とインターネット)」→「Wi-Fi」の順にタップします。
  3. 「IP設定エラーが出ているネットワーク名(SSID)」をタップします。
  4. 「詳細設定」をタップします。
  5. 「IP設定」のセレクトボックスをタップして、「静的」に変更します。
  6. 「IPアドレス」の最後の数字(ホスト部)を「100〜200の任意の数字」に変更して「保存」をタップします。
    • 例: 「192.168.1.28」の場合は、「192.168.1.101」などに変更します。

AndroidデバイスのIPアドレスを変更して固定できたら、Wi-Fiのエラーが表示されなくなったか確認してください。

エラーが解決しても、ルーター側に問題が起きていることが考えられるため、続けて以降の対処を行なってください。

対処8: Wi-Fiルーター/中継器のモードを確認する

Wi-Fiルーター、またはWi-Fi中継器がルーターモード(RTモード)になっていることが原因で、Wi-Fiに「IP設定エラー」が表示されるケースが考えられます。

ネットワーク内にゲートウェイルーター以外のルーターをルーターモード(RTモード)で設定してしまうと、DHCP機能が重複して正しいIPアドレスが取得できなくなってしまいます。

そのため、Wi-Fiルーター、またはWi-Fi中継器が適切なモードになっているか確認してください。機器のモードは、背面のスイッチで確認することができます。

  • Wi-Fiルーター: ブリッジモード、またはアクセスポイントモード(APモード)
  • Wi-Fi中継器: 中継機モード、またはWBモード

Wi-Fiルーター、中継器がルーターモードになっている場合は、スイッチを操作して上記のモードに切り替えてください。

Wi-Fiルーター、または中継器のモードを変更した場合は、Androidデバイスを再起動してからWi-Fiのエラーが解決したか確認してください。

対処9: Wi-Fiルーターの暗号化方式を変更する

Wi-Fiルーターの暗号化方式の設定に問題があることが原因で、AndroidデバイスのWi-Fi接続時に「IP設定エラー」が表示されるケースがあります。

この問題は、特に古いモデルのWi-Fiルーターを使用している場合に発生することがあります。

そのため、古いWi-Fiルーターを使用している場合は、Wi-Fiルーターの暗号化方式を確認して、設定を変更することでエラーが解決する可能性があります。

Wi-Fiルーターの暗号化方式を変更する方法は、機種によって手順が異なります。基本的な流れは次の通りです。

  1. ブラウザを開いて、アドレスバーに「Wi-FiルーターのIPアドレス」を入力してアクセスします。
  2. Wi-Fiルーターの設定画面が開いたら、「管理ユーザー名」と「パスワード」を入力してログインします。
  3. Wi-Fiの暗号化方式の設定を開いて、暗号化方式を変更します。
  4. 暗号化方式が「WPA2(TKIP)」や「WPA(TKIP)」になっている場合は、「WPA2(AES)」または「WPA(AES)」に変更します。
  5. 暗号化方式を変更できたら、ルーターの設定を保存します。

ルーターの暗号化方式を変更して保存すると、ルーターが自動的に再起動します。ルーターが再起動したら、Androidデバイスでエラーが解決したことを確認してください。

暗号化方式を変更してもエラーが解決しない場合は、設定を元に戻して次の対処方法に進んでください。

対処10: MACアドレスフィルタリングを無効にする

Wi-FiルーターのMACアドレスフィルタリング機能が有効になっていることが原因で、Wi-Fiに「IP設定エラー」が表示される場合があります。

そのため、Wi-FiルーターのMACアドレスフィルタリング機能を無効に変更することでエラーが解決する可能性があります。

MACアドレスフィルタリングを無効にする方法は、ルーターによって手順が異なるため、メーカーのマニュアルやヘルプページを参考にしてください。

対処11: ルータ/中継機のファームウェアをアップデートする

Wi-Fiルーターや中継機に何らかの不具合があり、Wi-Fi接続時に「IP設定エラー」が表示されるケースが考えられます。

Wi-Fiルーターや中継機の不具合は、新しいファームウェアをインストールすることで解決できる可能性があります。

そのため、Wi-Fiルーター/中継機のメーカー公式サイトにアクセスして、ファームウェアのアップデートが提供されていないか確認してください。

新しいファームウェアのアップデートが提供されている場合は、アップデートファイルをダウンロードしてインストールしてください。インストール手順は機種によって異なるため、メーカーのマニュアルページを参考にしてください。

対処12: Wi-Fiルーター/中継器を初期化する

Wi-Fiルーターまたは中継器の設定に何らかの問題があることが原因で、AndroidデバイスのWi-Fi接続時に「IP設定エラー」が表示される場合があります。

そのため、ここまでの対処法を試してもエラーが解消しない場合は、Wi-Fiルーターまたは中継器を初期化することを検討してください。

ルーターのリセット方法は機種によって異なりますが、ルーターの「Resetボタン」を長押しすることで初期化できる場合が多いです。初期化方法がわからない場合は、マニュアルやヘルプページで確認してください。

初期化が完了したらルーターの初期設定を行なってください。中継機の場合は、機種によってはSSIDを元のWi-FiのSSIDと一致させる必要があるため、必ずマニュアルを参考にしながら正しく初期設定を行なってください。

初期設定が完了したら、AndroidデバイスがWi-Fiに正しく接続できるか確認してください。

対処13: Wi-Fiルーター/中継器を交換する

ここまでの対処法を試してもAndroidデバイスの「IP設定エラー」が解決しない場合は、Wi-Fiルーターまたは中継器に問題があることが考えられます。

特に古いWi-Fiルーターまたは中継器を使用している場合は、ハードウェアが故障している恐れがあります。

そのため、他のデバイスをWi-Fiに接続してインターネットが利用できるか確認してみてください。他のデバイスでも同様にインターネットに接続できない場合は、機器の故障が考えられます。

Wi-Fiルーターまたは中継器の故障が考えられる場合は、新しい機器に交換することを検討してください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)