PCのキーボードのテンキーが使えない/効かない時の対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10 PCを使用していると、キーボードのテンキーだけが入力しても効かなくなることがあります。

通常であればNumlockをオンにすることで数字入力ができるはずですが、Numlockキーを押してもテンキーが反応しない場合があります。

本記事では、Windows10でキーボードのテンキーが効かない/使えない時の対処法について解説します。対処内容は、デスクトップとノートパソコン両方のキーボードを想定してます。

関連: 外付けのテンキーが効かない場合は、次のページを参考にしてください。

テンキーが効かない/使えない原因

キーボードのテンキーが使えない場合、主に次のような原因が考えられます。

  • NumLockがオフになっている
  • マウスキー機能が有効になっている
  • キーボードドライバーの不具合、破損
  • スクリーンキーボードのテンキーが無効になっている
  • キーボードのテンキーが故障している

NumLockが単純にオフになっている場合は、簡単に対処することができます。その他にもドライバーの問題やハードウェアが故障している場合もあります。

上記の原因ごとの対処方法を紹介していくので、順にテンキーの問題が解決できないか試してみてください。

対処1: NumLockをオンにする

単純にNumLockがオフになっていることが原因で、テンキーが正常に動作しないケースが考えられます。

NumLockのオン/オフを切り替えるには、キーボードのNumlockキーを入力します。Numlockの状態は、キーボードによってはLEDランプの点灯で確認することができます。

そのため、NumLockキーを押してテンキーが入力できないか確認してください。機種によっては、NumLockキーを5秒以上長押しすると切り替わる場合もあります。

対処2: マウスキー機能を無効にする

Windows10には、テンキーでマウスカーソルを操作するマウスキー機能があります。

この機能が有効になっていることが原因で、テンキーで数字が入力できないケースがあります。

そのため、テンキーを入力するとマウスカーソルが動く場合は、マウスキー機能を無効化してみてください。マウスキー機能を無効にするには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定ウィンドウが開いたら、「簡単操作」をクリックします。
  3. 左ペインで「マウス」をクリックします。
  4. 右ペインで、「マウスをキーパッドで操作する」のスイッチが「オン」になっている場合は、「オフ」に変更します。

マウスキー機能を無効にできたら、NumLockがオンの状態でテンキーで数字が入力できるか確認してください。

対処3: スクリーンキーボードでNumLockをオンにする

Numlockキーを入力してもテンキーが入力できない場合は、スクリーンキーボードでNumLockキーを有効にすると問題が解決する可能性があります。

スクリーンキーボードでNumLockキーを有効にするには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」をクリックして「スクリーンキーボード」と入力します。
  2. 検索結果から「スクリーンキーボード アプリ」をクリックします。
  3. スクリーンキーボードが起動したら、右下の「オプション」キーをクリックします。
  4. 「テンキーを有効にする」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

対処4: キーボードのデバイスドライバーをアップデートする

キーボードのデバイスドライバーのバージョンが古く、不具合があることが原因で、テンキーが正常に機能しないケースが考えられます。

そのため、キーボードドライバーを最新バージョンにアップデートすることで、不具合が修正されて問題が解決する可能性があります。

キーボードドライバーをアップデートするには、次の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択して起動します。
  2. 「キーボード」のツリーを展開します。
  3. 「キーボードのドライバー名」を右クリックして「ドライバーの更新」をクリックします。
    • キーボードドライバーが複数あってドライバーが分からない場合は、全てのドライバーで更新を行います。
  4. 「ドライバーを自動的に検索」をクリックします。
  5. 最新のドライバーが見つかった場合は、自動でインストールされます。

キーボードドライバーをアップデートできた場合は、再度テンキーで数字が入力できるか確認してみてください。

既に最新のドライバーだったり、アップデートを行なってもテンキーが入力できない場合は、次の対処方法に進んでください。

対処5: キーボードのデバイスドライバーを再インストールする

キーボードのデバイスドライバーをアップデートしてもテンキーが動作しない場合は、ドライバーの再インストールを試してみてください。

キーボードドライバーが破損している場合は、再インストールすることでドライバーを修復することができます。ドライバーを再インストールする手順は、次の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」をクリックして起動します。
  2. 「キーボード」のツリーを展開します。
  3. 「キーボードドライバー名」を右クリックして「デバイスのアンインストール」をクリックします。
    • キーボードドライバーが複数あってドライバーが分からない場合は、全てのドライバーをアンインストールします。
  4. 警告が表示されたら、「アンインストール」をクリックします。
  5. アンインストールが完了したらPCを再起動します。
  6. PCが再起動すると、ドライバーが自動で再インストールされます。

PCを再起動してキーボードドライバーを再インストールできたら、テンキーが正常に入力できるようになったか確認してください。

対処6: キーボードを交換/外付けテンキーを使用する

ここまでの対処法を試しても直らない場合は、キーボードのテンキーが故障している恐れがあります。

特にテンキーの特定のキーのみが入力できなかったり、キーボードが古い場合は、ホコリやゴミが詰まっていたり、故障していることが考えられます。

キーが汚れている場合は、ホコリやゴミをエアーダスターなどで飛ばして、テンキーが入力できないか試してください。

キーボードを掃除してもテンキーの問題が解決しない場合は、別のキーボードに買い換えるか、外付けのテンキーを使用することを検討してください。ノートパソコンの場合は、デバイスの買い替えも検討してください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)