パソコンの全ての文字だけが表示されない/消える時の対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
全ての文字が表示されない Windows10

Windows10のパソコンを使用していると、アップデートなどをきっかけに突然デスクトップ、スタートメニュー、右クリックメニューなどの文字が表示されないトラブルが発生することがあります。

また、エクスプローラーやタスクマネージャーなどの標準アプリ上の文字も表示されない場合もあります。このトラブルが発生すると、Windowsのほとんどの機能でアイコンは表示されても文字が表示されなくなるため対処が必要です。

本記事では、Windows10のPCで全ての文字が表示されない時の対処法について詳しく紹介します。

対処1: システムファイルを修復する

windows10システムファイルを修復する

Windowsのシステムファイルが破損していることが原因で、全ての文字が表示されないケースがあります。

そのため、システムファイルチェッカーを実行して、システムファイルの破損チェックと修復を試みて下さい。

システムファイルチェッカーを実行するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択して起動します。
    • 右クリックのメニュー文字が表示されない場合は、メニュー内の最初のボーダーの1つ上の項目をクリックしてください。
  2. PowerShellウィンドウが開いたら、以下のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    sfc /scannow
  3. チェックプロセスが完了したら、そのまま次のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
  4. 表示されるゲージが100%になったら修復は完了です。
  5. PCを再起動します。

システムファイルを修復できたら、PCの再起動後に文字が正常に表示されるようになったか確認してください。解決しない場合は、次の対処に進んでください。

対処2: ClearTypeを無効にする

Clear Typeを無効にする

Windows10には、フォントの表示を調整して文字を読みやすくするためのClearType機能が標準で備わっています。

この機能が原因で、Windowsの文字が正常に表示されなくなるトラブルを起こすことがあります。

そのため、以下の手順でClearTypeを無効化して文字の問題は解決しない確認してください。

  1. タスクバーの検索ボックスをクリックして、「ClearType」と入力します。
    • タスクバーに検索ボックスがない場合は、「Windows + S」キーまたは、「Windows + Q」キーを入力して検索ボックスを表示してください。
  2. 検索結果に「ClearTypeテキストの調整」が表示されたらクリックします。
    • 検索結果の文字が表示されない場合は、一番上の検索結果をクリックしてください。
  3. 「ClearTypeを有効にする」のチェックを外して「次へ」をクリックします。
  4. 案内に従って「次へ」をクリックし、最後に「完了」をクリックします。

ClearTypeを無効にできたら、Windowsの文字が正常に表示されたか確認してください。

正常に文字が表示された場合は、同じ手順でClearTypeを有効に戻して症状が再発しないか確認してください。

対処3: Windows Updateを実行する

システムの破損が原因でWindowsの文字が表示されない場合、最新のWindows Updateを適用することでシステムが上書きされ、問題が解消されるケースがあります。

そのため、Windows Updateの更新を確認し、更新可能であればWindows Updateを実行してみてください。Windows Updateの確認及び更新手順は、以下の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 右ペインで「更新プログラムのチェック」をクリックします。
  4. 新しい更新プログラムが見つかった場合は、自動でインストールされます。
    • 「再起動」や「ダウンロード」のボタンが表示されている場合は、クリックして更新プログラムを適用してください。
  5. Windowsが最新の状態になったことを確認します。

WindowsUpdateを実行できたら、PCを再起動してWindowsの文字が正常に表示されたか確認してください。

対処4: フォント設定を復元する

既定のフォント設定を復元する

Windowsのフォント設定に問題が起きていることが原因で、全ての文字が表示されないケースがあります。

上記の問題は、フォント設定を復元することで解決する可能性があります。フォント設定をリセットするには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windows + R」キーを入力して、ファイル名を指定して実行ダイアログを表示します。
  2. 「%windir%\fonts」と入力してEnterキーを押すか、「OK」をクリックします。
  3. フォントフォルダが開いたら、左ペインで「フォント設定」をクリックします。
  4. 「既定のフォント設定を復元」ボタンをクリックします。

以上の手順で、フォント設定を復元することができます。フォント設定を復元できたら、PCを再起動してWindowsの文字が表示されない問題が解決したか確認してください。

対処5: セーフモードで起動する

セキュリティソフトなどのサードパーティ製のアプリケーションが原因で、Windowsの全ての文字が表示されないケースが考えられます。

そのため、PCをセーフモードで起動して、文字が表示されないか確認してみてください。セーフモードで起動することで、サードパーティ製のアプリケーションを全て無効化した状態にできます。

セーフモードの実行手順については、以下のページを参考にしてください。

セーフモードで文字が表示される場合は、インストールしているアプリケーションに問題があることが考えられます。

そのため、セーフモードの状態のまま以下の手順で原因として疑われるアプリケーションのアンインストールを行ってください。

  1. 「Windows + R」キーを入力して、ファイル名を指定して実行ダイアログを表示します。
  2. 「appwiz.cpl」と入力してEnterキーを押すか、「OK」をクリックします。
  3. プログラムと機能が開いたら、一覧から「原因として疑われるアプリ」を右クリックして「アンインストール」を選択します。
  4. ウィザードに従ってアンインストールを完了します。

アプリケーションをアンインストールできたら、通常の手順でPCを再起動してセーフモードを解除します。再起動が完了したら、文字が表示されない問題が解決したか確認してください。

対処6: インテルHDグラフィックスの設定を変更する

Intel内蔵グラフィックスを搭載しているPCの場合は、インテルHDグラフィックスのコントロールパネル設定を変更することで、Windowsの文字が表示されない問題が解決する可能性があります。

インテルHDグラフィックスのコントロールパネル設定を変更するには、以下の手順で操作します。

  1. デスクトップの何も無い場所を右クリックして「インテルHDグラフィックス・コントロールパネル」を選択します。
    • 項目が表示されない場合は、タスクバー右側の上矢印をクリックしてタスクトレイを展開して、コントロールパネルのアイコンがないか確認してください。
  2. インテルHDグラフィックス・コントロールパネルが開いたら、「3D」をクリックします。
  3. 以下の設定を全て無効化します。
    • アプリケーション最適モード: 無効
    • マルチサンプルアンチエイリアシング: オフ
    • コンサヴァティブ・モーフォロジカル・アンチエイリアシング: オフ
  4. 設定を変更できたら「適用」をクリックします。

上記の手順でインテルHDグラフィックスの設定を変更できたら、PCを再起動して文字が表示されない問題が解決したか確認してください。

対処7: グラフィックドライバーを再インストールする

グラフィックドライバーに問題が起きていることが原因で、Windowsの文字が表示されないケースが考えられます。

そのため、グラフィックドライバーの再インストールを行って問題が解決しないか試してみてください。グラフィックドライバーを再インストールするには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windows + R」キーを入力して、ファイル名を指定して実行ダイアログを表示します。
  2. 「devmgmt.msc」と入力してEnterキーを押すか、「OK」をクリックします。
  3. デバイスマネージャーが起動します。「ディスプレイアダプター」のツリーをダブルクリックして展開します。
  4. ツリーの下に表示された「グラフィックドライバー名」を右クリックして「デバイスのアンインストール」を選択します。
  5. 確認ダイアログが表示されたら「アンインストール」をクリックします。
  6. PCを再起動します。再起動が完了すると、グラフィックドライバーが自動で再インストールされます。

上記の手順でグラフィックドライバーが再インストールされたら、Windowsの文字が正常に表示されたか確認してください。

補足: パソコン、またはグラフィックボードのメーカーサイトより最新のグラフィックドライバーをダウンロードして手動でインストールすることで問題が解決する場合もあります。

対処8: システムの復元を実行する

WindowsUpdateやドライバーのアップデート後に文字が表示されなくなった場合は、アップデートに問題があることが考えられます。

そのため、システムの復元を実行してパソコンのシステムを問題が起きる前の状態に戻すことを検討してください。

コントロールパネルの操作が困難な場合は、以下の方法でシステムの復元を実行できます。

  1. 「スタート」ボタンをクリックします。
  2. 「Shift」キーを押しながら「再起動」をクリックします。
  3. パソコンが再起動し、サインイン画面が表示されます。「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「システムの復元」と進みます。
  4. 問題が起きる前に作成された復元ポイントを選択し、復元を実行します。

復元によって問題が解決した場合は、修正されたアップデートが提供されるまでアップデートを行わないようにしてください。

対処9: 別のアカウントを作成してサインインする

サインインしているアカウントのユーザープロファイルが破損していることが原因で、Windowsの全ての文字が表示されないケースが考えられます。

そのため、他のユーザーアカウントでWindowsにサインインし、文字が表示されない問題が再発するか確認してみてください。

ユーザーアカウントが1つしかない場合は、新しくローカルアカウントを作成してください。新しいローカルアカウントを作成するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定ウィンドウが開いたら、「アカウント」をクリックします。
  3. 左ペインで「家族とその他のユーザー」を選択します。
  4. 右ペインで「その他のユーザーをこのPCに追加」をクリックします。
  5. 「このユーザーのサインイン情報がありません」をクリックします。
  6. 「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」をクリックします。
  7. 「変更したいユーザー名」と「パスワード」を入力して「次へ」をクリックします。
  8. パスワードのヒントまたはセキュリティの質問を入力して「次へ」をクリックします。
  9. アカウントのウィンドウに戻るので、右ペインで「作成したアカウント」を選択し、「アカウントの種類の変更」をクリックします。
  10. アカウントの種類を「管理者」に変更して「OK」をクリックします。
  11. Windowsからサインアウトし、作成した新規アカウントでサインインします。

特定のユーザーでのみ文字が表示されない症状が発生する場合は、ユーザーアカウントのプロファイルに問題があると判断できます。

そのため、必要に応じて新しく作成したアカウントにデスクトップ上のファイルや、「ドキュメント」等の個人フォルダをコピーしてデータを移行してください。データをコピーする方法については、以下のページを合わせて参考にしてください。

対処10: Windowsを初期化する

これまでに紹介した全ての方法で文字が表示されない問題が解決しない場合は、Windowsを初期化することを検討してください、

Windowsを初期化する方法については、以下のページで解決しているので合わせて参考にしてください。

初期化をする際は、個人データを引き継ぐオプションを選択することで、個人フォルダ内のファイルを削除せずに初期化することもできます。ただし、アプリケーションなどは再インストールが必要な点に注意してください。

コメントを残す

*