iPhoneのワイヤレス充電ができない/できなくなった時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Iphoneワイヤレス充電できない

最新のiPhoneでは、ワイヤレス充電器があればLightningケーブルを使わずにバッテリーを充電することができます。

しかし、ワイヤレス充電器にiPhoneを置いても反応せず、正常に充電されないケースがあります。また、今までワイヤレス充電ができていた場合でも突然充電できなくなるケースがあります。

本記事では、iPhoneのワイヤレス充電ができない/できなくなった時の対処法について詳しく紹介します。

対処1: iPhoneを再起動する

iphone再起動

iPhoneのシステムに一時的な問題が起きていることが原因で、ワイヤレス充電ができないケースが考えられます。

そのため、ワイヤレス充電器にiPhoneを置いても反応しない場合は、まずiPhoneの再起動を試してください。iPhoneを再起動するには、以下の手順で操作します。

  • iPhone X以降(iPhone SE 2ndを除く):
    1. 「サイドボタン」と「ボリュームボタン」を同時に長押しします。
    2. 電源オフスライダーをドラッグして電源を切ります。
    3. 「サイドボタン」を長押しして電源を入れます。
  • iPhone 8以前:
    1. 「サイドボタン(またはトップボタン)」を長押しします。
    2. 電源オフスライダーをドラッグして電源を切ります。
    3. 「サイドボタン(またはトップボタン)」を長押しして電源を入れます。

iPhoneを再起動できたら、ワイヤレス充電器にiPhoneを置いて正常に充電ができるようになったか確認してください。解決しない場合は、次の対処方法に進んでください。

対処2: iPhoneを強制再起動する

iPhoneを強制再起動

iPhoneを再起動してもワイヤレス充電ができない場合は、強制再起動することで問題が解決する可能性があります。

強制再起動は、通常の再起動で解決しないシステムトラブルをリセットできる場合があります。iPhoneを強制再起動するには、以下の手順で操作してください。

  • iPhone8以降の場合
    1. 「音量大ボタン」を1回押します。
    2. 「音量小ボタン」を1回押します。
    3. 「スリープボタン」をAppleマークが表示されるまで長押しします。
  • iPhone7の場合
    1. 「スリープボタン」と「音量小ボタン」をAppleマークが表示されるまで同時に長押しします。
  • iPhone6以前の場合
    1. 「ホームボタン」と「電源ボタン」をAppleマークが表示されるまで同時に長押しします。

上記の手順でiPhoneを強制再起動できたら、再度ワイヤレス充電器にiPhoneを置いて充電ができるようになったか確認してください。

対処3: Qi規格に対応した充電器を使用する

Qi規格のワイヤレス充電器

iPhoneのワイヤレス充電を行うには、充電器が「Qi(チー)」というワイヤレス充電規格に対応している必要があります。

そのため、使用しているワイヤレス充電器がQi規格に対応しているか確認してください。充電器に「iPhone8以降の対応」の記載があればまず問題ありません。

ワイヤレス充電器がQi規格に対応していない場合は、充電器を交換することを検討してください。

対処4: iPhoneのワイヤレス充電の対応を確認する

ワイヤレス充電に対応していない古いモデルのiPhoneを使用しているケースが考えられます。

ワイヤレス充電は、iPhone8以降のモデルでサポートされており、iPhone7以前のモデルはサポートされていません。

iPhone7以前のモデルでワイヤレス充電を行うには、ワイヤレス充電用のレシーバーを接続する必要があります。

対処5: iPhoneケースを取り外す

iPhoneケースを取り外す

iPhoneにケースを装着している場合は、ケースの素材や厚みによってはワイヤレス充電ができなくなることがあります。特に金属類のケースは、ワイヤレス充電に問題が起きやすいと言われています。

そのため、iPhoneをケースを取り外した状態でワイヤレス充電ができないか試してみてください。

iPhoneをケースを取り外した状態で充電できた場合は、ケースに問題があると判断できるため、別のケースを使用することを検討してください。

対処6: iPhoneの置く位置を調整する

ワイヤレス充電器によっては、iPhoneを特定の位置や向きで置かないと正しく充電されないことがあります。

そのため、充電器のマニュアルを参照し、iPhoneが適切な位置・向きで置いてあるか確認してください。

対処7: ワイヤレス充電器の電源を入れ直す

ワイヤレス充電器の電源を入れ直す

ワイヤレス充電器に一時的なトラブルが発生していることが原因で、iPhoneが充電されないケースが考えられます。

そのため、ワイヤレス充電器の電源を入れ直してから、iPhoneの充電をやり直してみてください。

ワイヤレス充電器の電源を入れ直すには、コンセントまたは電源ケーブルを取り外してから再接続します。

対処8: Lightningケーブルを取り外す

Lightningケーブル

iPhoneにLightningケーブルが接続されている状態では、ワイヤレス充電を行うことはできません。

そのため、iPhoneにLightningケーブルが接続されている場合は、ケーブルを取り外してから充電をやり直してみてください。

対処9: システムアップデートを実行する

iPhoneのiOSのバージョンが古いことが原因で、ワイヤレス充電が機能しないケースが考えられます。

そのため、システムアップデートを実行して、iOSの新しいバージョンが利用可能であればアップデートをインストールしてください。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップします。
  4. 新しいアップデート情報が表示されたら、「ダウンロードしてインストール」をタップします。
  5. パスコードの入力画面が表示された場合は、iPhone/iPadのパスコードを入力します。
  6. 「今すぐインストール」をタップします。

iOSを最新バージョンにアップデートできたら、再度ワイヤレス充電器にiPhoneを置いて充電ができるようになったか確認してください。

対処10: ワイヤレス充電器を交換する

ワイヤレス充電器の互換性に問題があるか、充電器自体が故障していることが原因で、iPhoneを充電できないケースが考えられます。

ワイヤレス充電器側の問題を確認するには、別のiPhoneを置いて充電できるか試します。別のiPhoneでも充電できない場合は、ワイヤレス充電器自体に問題があると判断できます。

ワイヤレス充電器の問題や故障が疑われる場合は、新しい充電器に交換することを検討してください。新しい充電器に交換する際は、充電器がQi規格に対応しているか確認してください。

対処11: Appleサポートに修理を依頼する

ここまでの対処法を試してもiPhoneのワイヤレス充電ができない場合あh、iPhoneのバッテリーなどのハードウェアに問題があることが疑われます。

そのため、Appleサポートへ問い合わせるか、Apple StoreにiPhoneを持ち込んで、詳しい原因を調査することをおすすめします。

Appleサポートへ問い合わせる場合は、以下のページからチャットまたは電話で診断と修理を依頼することができます。

コメントを残す

*