なぜ動かない?Outlook2016が起動しない・開かない時の解消法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
outlook_catch

2010年代になり、GmailやSkypeなど多種多様なソフト・サービスが情報伝達ツールとして利用されています。

そんな現在でも、未だ多くのユーザーから使用されている老舗メールソフト「Outlook2016」。

スケジュールソフトとしても優秀なため、ユーザーからの根強い信頼を誇っています。

そんなOutlookなのですが、「最新版のOutlook2016が起動しない!!」ということも…。

この記事では、そんなOutlookが起動できない状況に陥った時に使える解消法について解説していきます。

スポンサーリンク

Outlookが開かない時の解決法!!

Outlookが起動しない場合は、プログラム自体に異常が起きているか、ユーザーの設定データ(プロファイル)に異常が起きている可能性が考えられます。

そのため、Outlook2016が立ちあがらない場合の解決策としては、以下の4つの方法が挙げられます。

  • Officeの修復を試してみる
  • Outlookをセーフモードで立ち上げてみる
  • プロファイルを新しく作ってみる
  • Outlookのバージョンを旧バージョンに戻す

それでは、解決方法について順に詳しく解説していくので、参考にしてみてください。

その1…Officeの修復を試してみる

Outlookを含めた、Officeのソフトにはプログラムエラーを修復するための機能が備わっています。

そのため、一般的に多いエラーであれば、こちらの機能を使うことで簡単に修復を行うことができます。

原因についていろいろ調べる前にまずは、Officeの修復を試してみましょう。

Outlook2106の修復方法

  1. スタートを右クリックして【コントロールパネル】を開きます
  2. コントロールパネル内にある【プログラムと機能】をクリックします
  3. 【カテゴリ】にて【プログラム】を選択して、【プログラムのアンインストール】を選択してください
  4. プログラムの一覧が表示されるので、【Office Personal 2016】などインストールしているOfficeのパッケージを選択して【変更】をクリック
  5. 【Officeプログラムを修復する】画面が表示されるので【オンライン修復】を選択します。
  6. 最後に【Office2016】が選択されていることを確認して、修復をクリックしてください

以上の手順で、Outlookの修復をすることができます。修復後は、コンピュータの再起動が必要なこともあるのでメッセージが表示された場合は、再起動をしてください。

上記の手順はwindows10の場合の修復方法になります。

Windows8・7・Vistaの場合でも有効な方法ですが、手順が若干違うので詳しく知りたい方は、マイクロソフトの公式ページの【Officeアプリケーションの修復】を参考にしてください。

■Microsoftサポート公式ページ
>>Office アプリケーションを修復する

その2…Outlookをセーフモードで起動してみる

正しくプログラムが終了しなかったことが原因で、Outlookに異常があったり、追加しているアドオンなどの機能で問題が起きている場合は、セーフモードで起動することで問題が解消されることがあります。

セーフモードは、Windowsの起動モードとして有名ですが、実はプログラムごとでも使えます。

Officeの修復を試してみたけどダメだった場合は、次のセーフモードの手順を試してみてください。

Outlookをセーフモードで起動する手順(*Windows10)

  1. スタートから「W」の一覧にある【Windowsシステムツール】を選択します
  2. 【ファイル名を指定して実行】をクリックします
  3. 入力ダイアログが表示されるので【outlook.exe /safe】と入力して実行をクリック
  4. Outlookがセーフモードで起動します

うまく起動できれば、セーフモードで問題が解決された可能性がありますが、念のため起動しない原因になりやすいアドオンも無効化しておきましょう。

また、メールのファイルデータベース修復・設定オプションの見直しも有効な手段となります。

ここまでの手順を試しても、起動しない場合は、プロファイルデータに異常があるか、破損している可能性が考えられます。次の解決方法を試して下さい。

その3…新しいプロファイルを作ってみる

Outloookの設定情報などは、プロファイルというデータに保存され、起動するたびにこのデータを読み取っています。

ところが、プロファイルデータが破損してしまうと、Outlookが設定情報を読み込めず、エラーが発生してプログラムが起動できなくなってしまいます。

プロファイルは一度破損すると修復が難しいため、問題を解決するためにもプロファイルを新しく作る方法が一番手っ取り早いです。

Outlookのプロファイルを新しく作成する手順

新しいプロファイルを作ることで、Outlookが起動するようになることがあります。手順は以下の通りになります。

  1. スタートから【コントロールパネル】を開きます。
  2. Mail(Microsoft Outlook 2016)を選択。
  3. 【プロファイルの表示】を選択して、【追加】をクリックします
  4. プロファイルの追加ウィンドウが表示されるので、「プロファイル名」に、新しいプロファイル名を入力してOKを押してください
  5. 「アカウントの追加」画面が表示されるので、使用しているメールサービスの設定を確認して、【完了】を押します

以上で、新しいプロファイルを作成することができます。

最後に、プロファイルを切り替えるために、「常に使用するプロファイル」にチェックがついているのを確認して、プロファイル一覧から先程作成したプロファイルを選択してください。

その4…Outlookを以前のバージョンに戻す

パッケージ製品など、以前のOutlookが手元にある場合は、現在のOutlook2016をアンインストールし、旧バージョンのOutlookを入れ直すのも1つの手になります。

コントロールパネルから「プログラムのアンインストール」を選び、Outlook2016をアンインストールして、古いバージョンのOutlookをインストールしてください。

Outlook2016の起動が遅い時は?

Outlookを起動できても、動きがモッサリしていて使い辛い…。そんな場合は、以下のことを試すことで動作が軽くなることがあります。

受信トレイを整理する

「メールソフトは長期間使い続けると処理速度が落ちる」と言われています。

受信トレイに今までの溜まりに溜まったメールがあると処理が遅くなるのもその一例。不要なメールをアーカイブする、もしくはサーバーからローカルに移動するなどを試してみましょう。

また、削除済みアイテムのフォルダを空にすることも軽量化に効果あり。

RSSフィードを無効化する

OutlookではRSSフィードを追加することが可能になっています。

が、RSSフィードは一定間隔で自動的に同期をするため、処理を遅くする原因になることも。

そのため、無効にすることでソフトを軽くすることに繋がります。「オプション」→「詳細設定」→「RSSフィード」で各項目をOFFにしてみましょう。

王道メールソフトOutlookを使いこなそう!

Microsoft製品ということもあり、メーラーアプリとして多くのユーザーから支持を受けているOutlook2016。長寿・定番ソフトだからこそ、起動しないと様々な面で支障が出ますよね…。

「起動しない!」という場合は、この記事を参考にしていただければ幸いです。

今後も更なる進化を遂げるであろうOutlook、末永く使ってみたいものですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)