AppStoreからアプリをダウンロードできない時の解決法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
appstore

iPhoneでアプリをダウンロードする時に使うのがAppStoreです。

しかし、ここからアプリをダウンロードする時に「アプリをダウンロードできません」という感じの警告文が表示されてダウンロードに失敗したり、「待機中」の状態で止まってしまうことがあります。

そこで、今回はAppStoreからアプリをダウンロードできない時の解決法についてお伝えします。

スポンサーリンク

アプリをダウンロードできない原因

iPhoneでAppStoreからアプリをダウンロードできない原因として、考えられるのは次の4つです。

  1. iPhoneの空き容量が足りていない
  2. iPhone通信が不安定になっている
  3. OSの不具合で一時的にダウンロードできない
  4. AppStore側で障害が発生している

1〜3については、iPhone自体に問題があるため、こちらで対処することで正常にダウンロードできるようになりますが、4の場合は、AppStore側に問題があるため、復旧を待つしかありません。

まずは、ダウンロードできない原因としてどれに該当しそうなのかを考えて、それぞれの対処をしていきましょう。

それでは、詳しい対処法について見ていきましょう。

ストレージの空き容量を確認する

何かをダウンロードする時に、必ず必要になるのがストレージの空き容量です。

容量に空きが無いとまずダウンロードができませんので、ダウンロードに失敗した時はストレージの残量を確認してください。

やり方は「設定」→「一般」→「情報」とタップして「情報」の表示にある「使用可能」を見れば分かります。

機内モードを何度か切り替える

容量以外で考えられるのが、データ通信回線に異常があるパターンです。

ダウンロードが進まなくなったら、「機内モード」のオン/オフを何回か切り替えてみてください。

これは、電波のシャットアウトを行った後に復活させるといった作業になるので、電波の再起動と思っていただけたらわかりやすいのではないでしょうか。

それでも変わらない場合は、「モバイルデータ通信」と「Wi-Fi」のオン/オフの切り替えもしてみましょう。

AppStoreからサインアウトして再度サインインする

先ほどの方法で駄目だった場合は、AppStoreに対してログイン失敗になっている可能性があります。

そのため、一度サインアウトしてから、再度サインインしてみましょう。

やり方は、AppStoreを開いて、一番下にある自分のアカウント情報をタップして、AppleIDを表示させて、そこにあるサインアウトをタップするだけです。

スマホを再起動する

調子が悪くなった時の最終行動は、やはり再起動になります。

先ほど紹介した方法で治らなかった場合は、iOS側のトラブルである可能性があるので、一度再起動してみましょう。

再起動を行って、再度アプリをダウンロードしてみてください。

いろいろやっても解決しない場合はAppStoreに問題あり?

先に紹介したすべての方法で駄目だった場合は、一度、時間を置いてからダウンロードをしてみてください。

AppStore側の問題で、ダウンロードができない可能性もあるので、そういった時は時間を置くことで解決できます。

10分ぐらい間隔をあけて再度インストールを行うと、なぜかできたというケースはかなりありますので、試してみる価値はあります。

それ以外には、アプリをまとめて大量にインストールしようとしている場合、「待機中」の表示からまったくすすまなくなることもあるので、必ず一つずつダウンロードするようにしましょう。

AppStoreからアプリをダウンロードできない時のまとめ

  • ストレージの空き容量の確認
  • 機内モードの切り替え
  • AppStoreの再ログイン
  • スマホの再起動

以上の方法を試すことで、iPhone側に原因がある場合は、正常にダウンロードできるようになるはずです。

どうやってもダウンロードできない場合は、AppStore側の問題の可能性が高いので、時間を置いてからダウンロードしてみるようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

*