iPhoneで通話が聞こえない時の解決方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
kikoenai

「通話中に突然音が聞こえなくなる」といったことが起きると非常に困りますよね?

今はiPhoneにもいろいろな機能が付いているため、それに合わせたトラブルが付きまとってしまいますが、一番の障害はやはり通話のトラブルでしょう。

今回は、iPhoneにおいて通話が聞こえない時の解決方法についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

解決方法その① 音量レベルが低い

通話中の音が小さく感じる場合でまず考えられるのが、スピーカーの音が小さく設定されている場合です。

まず、通話中の音が小さい時はここを疑いましょう。

設定の仕方は、iPhoneの左側面にあるボタンを押すことで音量を調整することができます。

解決方法その② イヤフォンを外す

イヤフォンを付けているとイヤフォン側のマイクが切り替わるため、iPhoneのスピーカーから音が聞こえなくなったり、相手に自分の声が届かなくなることがあります。

そのためイヤフォンを使っていたなら、まずは外してみてください。

どうしてもイヤフォンを使いたい場合は、iPhoneの純正イヤフォンを用いましょう。

これならば、イヤフォンを付けたまま通話することができるので是非利用しましょう。

解決方法その③ イヤフォンの接続を確認する

純正のイヤフォンを使っているのに、音がうまく聞き取れないor伝わっていない場合は、音声入出力用端子に正しく接続されていない可能性があります。

そのため、一度取り外しを行った後再度装着してみましょう。

そうするとうまく通話できるケースもあります。

解決方法その④ イヤフォンが壊れていないか確認する

イヤフォンを再接続しても音が聞こえない時は、イヤフォンが壊れているのかもしれません。

イヤフォンを他の再生機器につないでみて、音が聞こえるかチェックしましょう。

解決方法その⑤ イヤフォンの差込口の汚れを確認する

イヤフォンが壊れていないのにうまくいかない場合は、イヤフォンジャックになにかが詰まっている可能性があります。

そのためまずは、軽く掃除をして異物を取り除きましょう。

エアブローやエアーダスターで埃を飛ばすのもいいです。

イヤフォンの差込口の目詰まり防止のために、イヤフォンジャックを普段からつけておくといいですよ。

もしどうしても異物がとれないなら、iPhoneの修理サービスに頼んで取り除いてもらいましょう。

ここで無理やり取ろうとすると逆に悪化してしまい、最悪壊してしまう可能性もあるので修理に頼んだほうがいいです。

解決方法その⑥ Bluetoothに接続している

こちらもイヤフォンと同じ理由になりますが、Bluetoothに接続されているとBluetoothが優先されることがあるので、まずはオフにしてください。

やり方はホーム画面で、画面外から上に向かってスワイプしてコントロールセンターを開き、コントロールセンターの中央上部分にあるBluetoothのオンオフボタンを押しましょう。

解決方法その⑦ 再起動

どうしようもなくなった場合の最終手段です。

パソコンでも使われることがあるので、もはやおなじみと言ってもいいかもしれません。

しかし、「原因不明だったけど再起動したら治った」というケースも多いので馬鹿にできません。

他の方法を試してみて駄目だった時は再起動しましょう。

それでも治らなかった場合は、内部の通話用ICチップに不具合か故障が発生している可能性もあるので修理に出すしかありません。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)