CapsLockが無効にできない/解除しても大文字のままの時の対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のパソコンを使用していると、誤操作等でCapsLockが有効になってしまうことがあります。CapsLockが有効になるとアルファベットが全て大文字で入力される状態になります。

CapsLockが有効になった場合は、通常であればCapsLockを無効に戻せば良いのですが、正しい操作をしてもCapsLockのランプが点灯したまま解除できなかったり、解除後も大文字の入力のままになってしまう場合があります。

本記事では、Windows10でCapsLockが無効にできない/解除できない時の対処方法について詳しく紹介します。

関連: CapsLockの機能自体を無効にしたい場合は、次のページを参考にしてください。

対処1: Shiftキーを押しながらCapsLockキーを押す

CapsLockの解除に対応するキーが正しく入力できていないことが考えられます。

CapsLockを解除するには、「Shiftキー」を押しながら「CapsLockキー」を入力する必要があります。

また、ノートパソコンなどのコンパクトなキーボードは、「Fnキー」+「Shiftキー」+「CapsLockキー」を同時に押さないとCapsLockを解除できない場合があります。

キーボードによってCapsLockの解除方法が異なる場合があるため取扱説明書を参照してください。

対処2: PCを再起動します

Windowsのシステムに一時的な問題が起きていることが原因で、CapsLockが解除できないケースがあります。

そのため、CapsLockの解除キーを入力しても解除できない場合は、一度PCを再起動してみてください。

PCの再起動後にCapsLockが解除されていることを確認します。再起動後も解除されない場合は、次の対処方法に進んでください。

対処3: CapsLockの解除キーを変更する

CapsLockを一般的な方法で解除できない場合は、解除キーを一時的にShiftキーに割り当てて解除できる場合があります。

ShiftキーにCapsLockの解除を割り当てる設定方法は次のとおりです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を開きます。
  2. Windowsの設定で「デバイス」をクリックします。
  3. ウィンドウ左のメニューより、「入力」をクリックします。
  4. 右ペインの「その他のキーボード設定」の下にある「キーボードの詳細設定」をクリックします。
  5. 「言語バーのオプション」をクリックします。
  6. 「テキストサービスと入力言語」ウィンドウが表示されます。「キーの詳細設定」タブを開きます。
  7. 「CapsLockキーを解除する方法」の設定を「Shiftキーを押す」に変更します。
  8. 「適用」ボタンをクリックしてから、「OK」ボタンをクリックします。

以上でCapsLockの割り当てを変更することができます。「Shiftキー」を押してから、メモ帳等にテキストを入力してCapsLockが解除できたか確認します。

無事解除できたら、再び「言語バーのオプション」を開き、CapsLockキーを解除する方法を「CapsLockキーを押す」に戻してください。

対処4: スクリーンキーボードを使って解除する

キーボードの入力でCapsLockを解除できない場合は、スクリーンキーボードを使って解除することもできます。

スクリーンキーボードを使ってCapsLockを解除するには、次の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を開きます。
  2. Windowsの設定で「簡単操作」をクリックします。
  3. 左のメニューより、「キーボード」の項目をクリックします。
  4. 右ペインで「スクリーンキーボードを使用する」の下にあるスイッチを「オン」に切り替えます。
  5. テキスト入力ができるアプリ(メモ帳・Word・ブラウザ等)を起動し、テキストを入力できる状態にします。
  6. 数秒ほど待つと画面にスクリーンキーボードが表示されます。この時、CapsLockがオンになっていると、スクリーンキーボード内の「Caps」キーに色がつきます。
  7. スクリーンキーボード内の「Shift」キーをクリックしてから、「Caps」キーをクリックします。
  8. 「Caps」キーの色が消えたらスクリーンキーボードを閉じます。
  9. 「設定」画面の操作に戻り、「スクリーンキーボードを使用する」のスイッチをオフに切り替えます。

以上の手順でスクリーンキーボードを使ってCapsLockを解除することができます。

対処5: フォント/書式設定を変更する

入力したアルファベットがが全て大文字になる場合は、CapsLockの問題ではなく使用しているフォントに問題があることが考えられます。

また、Wordなどの文章作成アプリでは、「全て大文字」の書式設定によって大文字で入力されてしまうケースがあります。

そのため、使用するフォントを他のフォントに変更するか、フォントの書式設定で「全て大文字」の機能を無効化してください。

フォントの書式設定を変更する方法はアプリによって異なります。Wordの場合は、「フォント」ダイアログボックスを開いて「フォント」タブの「全て大文字」のチェックを外すことで小文字で入力できるようになります。

対処6: キーボードドライバーを再インストールする

CapsLockがキーボードで解除できない場合や、一時的に解除できなくなる症状が頻発する場合は、キーボードドライバーに問題があることが考えられます。

これまでの方法を試してもCapsLockの解除ができない場合は、キーボードドライバーの再インストールを試してください。

キーボードドライバーを再インストールするには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして、「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. 「デバイスマネージャー」ウィンドウが開きます。「キーボード」の項目をダブルクリックして、ツリーを展開します。
  3. ツリーの下に表示された「キーボードドライバー名」を右クリックして、「デバイスのアンインストール」を選択します。
    • ドライバーが見つからない場合はm「ユニバーサルシリアルバスコントローラー」ツリーや「Bluetooth」ツリー等も調べてください。
  4. 確認ダイアログが表示されたら「アンインストール」をクリックして、ドライバーのアンインストールを実行します。
  5. パソコンを再起動します。再起動が完了すると、自動でドライバーが再インストールされます。

以上の手順でキーボードドライバーを再インストールすることができます。CapsLockが正常に解除できるようになったか確認してください。

対処7: キーボードを交換する

全ての対処方法を試してもCapsLockが解除できない場合は、キーボード本体が故障していることが考えられます。

そのため、可能であれば他のキーボードをPCに接続して、CapsLockが解除できないか試してみてください。他のキーボードで正常に解除できる場合は、使用していたキーボードが故障していると判断することができます」。

キーボード本体の故障が考えられる場合は、キーボードのメーカーに修理を依頼するか、新しいキーボードに交換することを検討してください。

コメントを残す

*