Outlookでメールが受信できない・エラーが起きる時の解消法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メールとして「Gmail」と双璧の人気を誇っているWindowsの定番ソフト「Outlook 2016」。パソコン初心者の方でも使いやすく、Office製品は今でも根強い人気を誇っています。

そんな中、メール設定をしたつもりでも「メールの受信ができない!」「受信する時にエラーが表示される」というトラブルが起きることがあります。

そこで、今回の記事では「Outlook2016」にてメールが受信できない時の解決法をまとめてみました。

Outlookでメールが受信できない原因は?

Outlookで受信ができない場合に考えられる原因は次の6つです。

  1. メール設定ができていない
  2. 受信メールが一杯になっている
  3. ウイルス対策ソフトが受信を制限している
  4. 送受信グループの設定に問題がある
  5. 迷惑メールに割り振られている
  6. Outlookのプロファイルが破損している

受信ができないだけでも様々な原因が考えられます。

順番に受信できない時に確認すべき項目を紹介していくので、自分がどの原因で受信できていないか確認していってください。

メール情報が正しく設定できていない

Outlookの設定情報に誤りがある場合、受信する時にアカウント名とパスワードを再入力するダイアログが表示されます。

プロバイダから案内されているメールの設定情報をもう一度確認して、アカウントを再設定してみましょう。

アカウント設定時に、メールの送受信をテストできるので、まずテストの段階でエラーが出ていないか確認してください。

メールの設定手順をおさらい(Outlook2016)

下記のロリポップのメール設定を例にあげて、メール設定時の注意点を紹介します。

1.メールの設定情報を確認

まずは、メールの設定情報を確認します。プロバイダーや各レンタルサーバーで以下のような様式のメール情報が案内されていると思うので確認して下さい。

【メールの設定情報の例】

設定項目
POPメールサーバーpop3.lolipop.jp
IMAPメールサーバーpop3.lolipop.jp
SMTPサーバー名smtp.lolipop.jp
ユーザー名test@test.com
パスワードpassword0

2.アカウントの追加画面を表示する

Outlook2016を起動して、「ファイル」→「情報」→「アカウントの追加」の順にクリックします。

初回起動時には、アカウントの追加画面が最初に表示されるので、そのまま設定していきます。

3.アカウントの設定方法を選択する

アカウントの設定方法を次のどちらかで選択します。

  • 電子メールアカウント
  • 自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)

「電子メールアカウント」は入力項目が少なく簡単に設定できますが、必要な設定が省略されてしまうケースもあります。

メール設定を行っても受信できなかった場合は、「手動設定」を選択して「次へ」をクリックします。

アカウントタイプの選択では「POPまたはIMAP」を選択して「次へ」をクリックします。

4.メールアカウントの設定をする

メールの設定情報を元にアカウント情報を入力していきます。

  • 名前・・・
    自由に入力して問題ありません。
  • 電子メールアドレス・・・
    設定するメールアカウントと一致するメールアドレスを入力して下さい。例)test@test.com
  • アカウントの種類・・・
    受信方式を「POP」「IMAP」から選択します。よくわからない場合は「POP」を選択しましょう。
  • 受信メールサーバー・・・
    「POP」を選択した場合、アカウント情報の[POPサーバーのアドレス]を入力します。例)pop3.lolipop.jp(*「IMAP」を選択した場合は[IMAPサーバーのアドレス]を入力して下さい。)
  • 送信メールサーバー・・・
    [SMTPサーバーのアドレス]を入力します。受信サーバーと一緒でないことが多いため注意して下さい。例)smtp.lolipop.jp
  • アカウント名・・・
    「メールのユーザー名」を入力します。@以降が必要な場合もあるため注意して下さい。例)test@test.com
  • パスワード・・・
    事前に設定された「ユーザーのパスワード」を入力します。例)password0

上記の基本設定ができたら「アカウント設定のテスト」をクリックしてみましょう。送受信のチェックが行われます。

もし送受信のテストでエラーが出た場合は、「詳細設定」をクリックして以下の設定を行って下さい。

SMTP-AUTHを設定する

「送信サーバー」タブを開いて「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」にチェックを入れて「受信メールサーバーと同じ設定を利用する」を選択します。

ポート番号を指定する

「詳細設定」タブを開いて、SSLの使用の有無とポート番号が正しいか確認します。

最初に自動で設定されるポート番号が違うことが原因で受信・送信ができないケースが非常に多いです。レンタルサーバーやプロバイダの設定情報を確認して正しいポート番号を入力するようにして下さい。

また、SSLはメールを暗号化して受信する機能ですが、メールサーバーが対応していないのにオンになっていると通信に失敗します。逆にSSLなしだと受信できない設定になっていることもあるので、十分注意して設定して下さい。

もし、メール設定を正しく行ったはずなのにパスワードの入力が何度も求められる場合は、次の記事を参考にして下さい。

受信トレイを整理してみよう

Outlookでメール受信がされない原因の1つとして「受信トレイにあるメールが多い」というものが挙げられます。

受信トレイの容量が一杯だと、

  • 『メッセージを取得できませんでした。』
  • 『別の受信トレイに含まれているメッセージが多すぎます。』
  • 『別の受信トレイのサイズを小さくしないと、メッセージを受信できません。』

という警告が表示されることがあります。

不要なメールを削除・移動、画像等が添付されている大容量メールを処理して、受信トレイを整理してみましょう。

整理には「フォルダまとめ」がオススメ!

受信トレイの整理をする際、よく送られてくる送り主・メールマガジンなどをそれぞれ専用のフォルダにまとめてみるのをオススメします。

フォルダを作ったら、「受信トレイの検索窓」にフォルダにまとめたいメールアドレス、もしくはメールマガジンのタイトルを入力。条件に合ったメールが受信トレイ中からリストアップされます。

次に、「編集」から「すべて選択(L)」をクリック。すべてのメールが選択された状態で、先ほど作ったフォルダへドラッグ&ドロップしてみましょう。

これで、たくさんのメールを簡単に処理することができますね!

「容量が大きなメール」が送られている際は注意!

前述したことに関連して、容量が大きいメールを受信しようとするとタイムアウトになってしまうことがあります。

この場合も、受信トレイを整理することが有効策になります。また「タイムアウト時間」を伸ばすことで受信が可能になることがあります。

「タイムアウト時間」を変更するには、「アカウント設定」からアカウントを選択し「変更(A)」をクリック。

次に「詳細設定(M)をクリックすると「インターネット電子メール設定」画面が表示されます。

そこから詳細設定タブを選択し、「サーバーのタイムアウト(T)」時間を変更することができます。ちなみに、初期設定だとタイムアウト時間が1分に設定されています。

ウイルス対策ソフトの確認をしてみよう

安全なネットサーフィンをするために必要不可欠なウイルス対策ソフト。

しかし、セキュリティを厳重な設定にしていると、メールの送受信に支障が出てしまう場合があります。

一旦ウイルス対策ソフトを無効にしてみて、受信できないか試してみましょう。

受信できる場合は、ウイルス対策ソフトに例外設定が必要です。

使用しているウイルス対策ソフトのヘルプ画面・説明書などを確認して、メールの受信・送信を制限しないようOutlookの例外設定を行ってください。(設定方法はソフトによって異なります)

送受信グループの設定を確認する

Outlookを起動し、「ファイル」→「オプション」から「詳細設定」を開きます。そこから、「送受信」という項目をクリック。すると、「送受信グループ」の設定画面が開きます。

ここで、「グループ “すべてのアカウント” の設定」部分に注目。

「このグループを送受信に含める」にチェックが入っていないと、メールの送受信がされません。チェックが入っているか確認をしてみましょう。

ちなみに、“すべてのアカウント”は初期設定のグループ名。名前を変えてOutlookを使用されている方は、使用しているグループを選びましょう。

迷惑メールフォルダに届いている可能性も

ここまで「メールが受信できない」事例を取り上げてきました。が、既にメールが届いている場合もあります。

もしかしたら、メールが「迷惑メール」フォルダに振り分けられているかもしれません。

Outlookフォルダの並びの中から「迷惑メール」を選択し、見逃してしまっているメールがないか確認してみましょう。

「迷惑メール」フォルダの中から目的のメールを発見した際、そのメールを右クリックし「迷惑メールではないメール」を選択しましょう。これで受信トレイへと移動させることができます。

Outlook2016で送受信時にエラー「0x8004010f」が表示される

Outlook2016でメールの送受信を行おうとすると、エラー番号「0x8004010f」が表示される場合は、Outlookのプロファイル(設定情報)が破損している可能性が高いです。

まずはOfficeの修復を試してみて、それでも解決しない場合はOutlookのプロファイルを作り直すことで問題が解決できるケースが多いです。

以下の記事を参考にして、Officeの修復、新しいプロファイルを作成するを参考にしてください。

>>なぜ動かない?Outlook2016が起動しない・開かない時の解消法は?

コメント

  1. 大平聖子 より:

    プログラムを更新したあと、画面に出ていたメールのアプリが消えてしまって、WEBからOutlookを呼び出さないとメールを確認できない

    1. ITおじさん より:

      Officeの修復後、デスクトップからアイコンが消えてしまうことがあるようですね。
      プログラムが正常に修復できていれば、スタートのプログラムの一覧に「MicroOffice」→「Outlook」があるはずです。見つかったらOutlookをデスクトップにドラッグ&ドロップすることで、ショートカットを作成することができます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)