Windows10の壁紙が黒になる・ロック画面が勝手に変わる時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

パソコンを使用している最中や、ある日パソコンを起動した瞬間から壁紙が突然真っ黒になってしまうという症状が報告されています。

壁紙の設定を変更しても直らなかったり、直ったと思ってもすぐに再発したりすることもあるのでなかなか厄介なトラブルになることも少なくありません。

本記事では、そのようなWindows10のデスクトップ・ロック画面の壁紙がおかしい時の対処法について紹介します。

スポンサーリンク

壁紙が真っ黒になってしまう原因

以下の項目に当てはまるものがないか確認します。

壁紙の設定が正しくない、または変更されている

壁紙の設定を確認してみましょう。OSのバージョン更新などの影響で変更されてしまうことも稀にあります。

exeplorer.exeに異常が発生している

explorer.exeはデスクトップやエクスプローラ、タスクバーなどの機能に関わるプログラムです。このプログラムに異常が発生すると画面の表示がおかしくなる、パソコンの動作が遅い・固まるといった症状の原因になります。

グラフィックドライバに問題がある

パソコンの画面を描写する部品であるグラフィックドライバに異常がある可能性があります。この場合、ドライバの再インストールで問題が改善する可能性があります。

壁紙が真っ黒になってしまう症状の対処法

ここからはWindowsの背景が真っ暗になってしまった時の具体的な対処の手順を解説します。原因が不明な場合は上から順に試します。

壁紙の設定を確認する

壁紙の設定を確認する
Windowsの壁紙の設定を確認します。基本的な設定項目ですが変更した覚えがある場合は、再度確認をしてみましょう。

  1. デスクトップの何もない部分を右クリックします。
  2. メニューから「個人用設定」を選択します。
  3. 設定ウィンドウが開き、背景の設定画面が表示されます。設定画面上部の「背景」の設定項目が「画像」になっていることを確認します。
  4. 「参照」ボタンをクリックし、デスクトップに表示したい画像を選択します。

壁紙に設定した画像ファイルをパソコン上から消去してしまうと壁紙が変わってしまうのでご注意ください。

ディスプレイの最適化設定を確認する

ディスプレイの最適化設定を確認する
次にWindowsのディスプレイの最適化設定を確認します。

  1. タスクバーにある「スタート」ボタンをクリックします。
  2. アプリ一覧から「Windowsシステムツール」フォルダを探し、フォルダを展開します。
  3. フォルダの中にある「コントロールパネル」を選択します。
  4. コントロールパネルが表示されます。ウィンドウ右上にある「表示方法」の項目を確認し、「カテゴリ」が設定されていることを確認します。もしカテゴリ以外に設定されている場合は右の三角アイコンをクリックし、「カテゴリ」を選択します。
  5. コントロールパネルの一覧から「コンピュータの簡単操作」をクリックします。
  6. 続いて「視覚ディスプレイの最適化」をクリックします。
  7. 設定画面が表示されたら下へスクロールし、「画面上の項目を見やすくします」グループにある「背景イメージを削除します」のチェックを外します。
  8. 変更を行った場合は右下の「適用」ボタンを押してから「OK」を押してウィンドウを閉じます。

設定の変更を行ったらパソコンを再起動し、症状が改善されたか確認します。

explorer.exeを再起動する


以下の手順で操作し、explorer.exeを再起動します。

  1. タスクバーにある「スタート」ボタンを右クリックし、メニューから「タスクマネージャ」を選択します。
  2. タスクマネージャウィンドウが表示されます。左下にある「詳細」の文字をクリックします。
  3. 起動中のプログラム一覧が表示されます。一覧から「エクスプローラ」または「explorer.exe」の項目を探し、クリックします。
  4. 「エクスプローラ」または「explorer.exe」をクリックで選択したら、ウィンドウ右下の「再開」をクリックします。

ただしこの方法で問題が解決しても、しばらくしてから問題が再発することがあります。その場合はWindowsシステムの異常が考えられるため、システムの復元やリカバリによるステムの修復が必要になることがあります。

グラフィックドライバを再インストールする


以下の手順で操作し、グラフィックドライバの再インストールを行います。

  1. タスクバーにある「スタート」ボタンを右クリックし、表示されるメニューから「デバイスマネージャ」を選択します。
  2. デバイスマネージャウィンドウが表示されます。リストから「ディスプレイアダプター」を探し、左にある矢印アイコンをクリックします。
  3. 「ディスプレイアダプター」の下に表示された項目を右クリックし、「デバイスのアンインストール」を選択します。
  4. 「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します」のチェックが外れていることを確認し、「アンインストール」ボタンをクリックします。
  5. パソコンを再起動し、問題が改善されたか確認します。

グラフィックボード搭載のパソコンの場合はこの方法ではドライバの再インストールができないことがあります。

グラフィックボード搭載パソコンの場合は製品によって再インストール方法が異なるため、グラフィックボードのマニュアルまたは公式サイトでドライバの再インストール方法を調べ、手順に従って再インストールを行います。

それでも直らない場合は

Windowsシステムに異常があることが考えられます。

復元ポイントが作成されている場合は、システムの復元で症状が改善する可能性があります。

復元ポイントが作成されていない、または復元を行っても改善しない場合はリカバリまたはOSのクリーンインストールを行います。

ロック画面が勝手に変わる時の対処法


Windowsの背景設定に「Windowsスポットライト」や「スライドショー」を指定するとロック画面表示時に壁紙画像が切り替わるようになります。

Windows10の最初の背景設定は、「Windowsスポットライト」が設定されています。

そのため、ロック画面の背景を固定したい場合は、以下の手順でロック画面の設定を確認します。

  1. デスクトップの何もない部分を右クリックし、メニューから「個人用設定」を選択します。
  2. 設定ウィンドウが表示されます。ウィンドウ左のメニューから「ロック画面」を選択します。
  3. ロック画面の設定画面が表示されます。
  4. 「背景」の項目を確認します。「Windowsスポットライト」や「スライドショー」を指定するとロック画面表示時に壁紙画像が切り替わるようになります。表示画像を固定させたい場合は「背景」の項目を「画像」に指定します。
  5. 必要に応じて「参照」ボタンをクリックし、ロック画面に使用する画像を指定します。

以上でロック画面の背景が切り替わらず固定することができます。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)